From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
職探し、初めての英語面接、そしてテスト

面接の時点ですでにこれはどーなんだ? と思っていた私は、それでもまあ、ダメモトだから、と気楽にテストを受けた。
エクセルアルファニューメリックのテストであった。
エクセルはご存知マイクロソフトの表計算ソフト、アルファニューメリックとは、そのまんま、 アルファベットと数字のごちゃ混ぜになったのを入力するだけ。
要するに会社の端末にデータを入れるのが仕事なので、端末は違ってもアルファベットと数字を入力するのは日本でも同じだ。
端末はいいの。
派遣で色んな会社に行って色んな端末見てきたから、そこは問題ない。
問題だったのは……、全部アルファベットだったんで見難かったことだ!!

前から云ってるけど、英語ってアルファベット一色なんだよな~。
漢字もヒラガナもましてやカタカナなどない!!
メリハリなくて見づらいんだよ~!

アルファニューメリックのテストは、2分か3分のウォームアップ後、5分間の入力でksph を量るみたいだった。
ksph とは、 キーストロークパーアワーのことで、要するに一時間に幾らキーを叩けるか、らしいのだが、今まで新聞の募集記事を見ながら、 一体どうやってこんなもん調べるの? といつも不思議に思っていたものだった。
そうか、こういう量り方なのか……。

と気づいたのは、テストが終わってからのこと、受付のお姉さんが結果を即知らせてくれたのよ。
ちなみに、私は面接の時点で気は抜けかけ、こんなところで力入れても間違うだけだ、と思っていたけど、 やっぱりちょっと精神的におかしかったようで……。
7100ちょっとksphと出た。
(しかももちろん間違えたよ)
募集には8000って書いてあったんだけど……。
慣れりゃ出るだろうけど、2分(3分?)のウォームアップは短いわ。
1レコードごとの入力だったけど、どういうわけか次に進まないしさ。
最初、意味不明でやってたもんねえ。
それでも一応、コイツは平均(6000ぐらいか)以上だった。
(ちなみに最高は、私の倍、14000!)

問題は、エクセルよ。

いや~、英語のエクセルでこんなに戸惑うとはねえ。
一問目から、ナニコレ?? って思ってしまった私。
30分30問で、内10問が基本、10問が中級、残りの10問が上級問題だったらしい。
英語の問題になんだか分からない単語が散りばめられていたことで、頭の中に?マークが散乱してしまった。
しようがないから答えたよ。
飛ばして後から答えられる機能になってたので、一問目がまた出てきて、三度目にふと問題をきちんと読み(最初から読めよ)答えられた。
やっぱり緊張なのか。
(ちなみに、超初歩問題)
エクセル、どうにかなるやろ、と思ってた私を打ちのめしたわ。
英語のエクセル、触ったことなかったのよね。
(そして、エクセル自体もご無沙汰だった)

正解12問で、正答率40%。
平均は55%らしい。
もはや、ほとんど内容を覚えてないので、何がどういけなかったのか思い出すことさえ出来ない。
これは絶対分からんわ!
って思ったのが、PMTとかなんとか云うやつで、それだけは日本語で出ても絶対飛ばすぞ!!
(威張って云うな)

思わず、今日は図書館でエクセルの本を探しに行ったけどなかった。
(ので、MSオフィスの本を借りてきた)
これから、図書館かどこかで英語バージョンをいじったほうがいいかもしれない、ワタシ。

受付のお姉さんは、親切にもエクセレントと云ってくれたが、ホンマに? と疑う。
エクセル、平均以下やで。
エクセル、久し振りと、英語分からんのと、考慮に入れてくれるって云ってたのだけが頼りだ。

私の隣りで同じテストを受けていたオーストラリア人が、エクセルテスト、さっぱり分からん。と云っていた。
二人で慰め合った。
タイピングもどうやら焦っていた模様。みんな一緒なのよね。
ただ、その人、どんな職を求めて面接に来てたか知らないんで、なんとも云いようないんだけど。
(別にエクセル関係ない職かもしれないし)

そんなこんなで、面接担当の人は、月曜日に連絡します、と云ってすでに去っていたので私も帰ってきた。
月曜日って明日ですけど、どうせダメならすぐ云ってくれりゃいいのに。
現在、電話がかかってきたら、どこを改良すれば仕事を回してもらえるか、聞いてみようと思っている私だ。
せっかく初めて、派遣会社まで乗り込んだのに、この機会を逃しては……。
しかし、次のチャンスはあるのかねえ……。

スポンサーサイト

テーマ:海外で働く - ジャンル:就職・お仕事















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。