From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
娘をよろしく

母と弟が今日とうとう帰ってしまった。
空港まで送りに行ったのだが、朝はゆっくりだったのに、空港に行かなければならない時間が近づくに連れ、あわただしくなってきた。
典型的旦那ペースじゃ。
と云っても、朝のあののんびりペースのほうが変だったけれども。

ゆっくりしてたので、義母のところへ挨拶に行く? と聞かれたときも、できるのならば顔を出しておいたほうがいい感じがするだろう、 ってことで寄ってきた。
義母はあと一週間は休みがあると思い込んでいたらしく、手土産を渡そうと思っていたのに用意ができなかったと云いつつ、なにやら渡してくれた。
と云うか、そんなことしなくてもよかったのに、ありがたいことだ。
なんだかんだと云い合っているうちに、母同士がしみじみしていた。
そんな中、私はあいも変わらず通訳に励む。

ところで、そこで出てきた難関の日本語がコレ。

娘をよろしく

のよろしく。
一つよろしく、とくれば、ワンプリーズ。ってどっかの本に書いてあったが(もちろん冗談)一体この「よろしく」、果たしてどう訳せばよいのか。
実は最初の日にもこれを母に云われて、あまりなにも考えずに(と云うかじっくり考えている余裕も、説明している余裕もなかった)、

Please look after my daughter.

と云ったのだが、云った後でどうしても違和感が……。
大体、義母の反応を見てたら、どうも何か勘違いを起こさせるニュアンスがあるのは明らかだった。
(そんなところに気づける人間だったか、私)

そんなわけで、日本へ向けて出発の今日は、これは訳すのが大変難しい、と云って訳さなかったのだが、そうなると気になって気になって。

英語と日本語の違い、とかそういう問題ではない。
絶対文化の違いから出てきている。
とは云え、親が子を思う気持ちから、我が子をよろしく、と云う(ヴェズちんじゃないけど、ここはチリシが必要よ) のに相当する気持ちがこっちの人にないわけがない。
意味的には、気にかけてやってくれ=世話をしてやってくれ、とそこで他に含まれている意味が抜け落ち、 英語になったらまるで仕事を頼んでいるような感じだ。

私の娘の世話をしろ!

って、イヤそう云う意味じゃないから。

じゃあこういう場合、こっちの親はどう云うの??

最初の日に、もしかして誤解が生じているかもしれないので義母に説明しておいてくれ、と旦那に頼んであったのだが、 どうやら旦那も気持ちは分かるような気がするがイマイチ意味が分からんらしかった。
しようがないので、まずこの言葉が出てきた心情を説明するところから始める。
うーん、そう云うことならば、で、出てきたのがこの言葉。

Please watch over my daughter.

watch over って見守る、という意味らしい。
なるほどこれだとなんとなく感じが分かる。

ちなみに手持ちの辞書で「よろしく」を調べてみたところ、「父をよろしく」で、Please look after my father ってあったから間違いってワケでもないのかねえ。
病気の父だったんで、状況的には間違ってたけど。
私と同じ状況でのよろしくは、どうやらトリッキーならしくどこにもなかった。
やはり、依存する意味合いの日本語は安易に訳すと危ない。気をつけろ!

と思った今日だった。
こんな私を一つよろしく。人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術

minkey
へ~、Please watch over my daughterなんだ~~!私も、この前日本に帰ったとき、私の従兄弟とか親戚とかが、旦那に向かって「なおみをよろしく・・・」って言うんだけど、通訳する私はなんていって言いかわかんなくて、毎回「PLEASE MAKE NAOMI HAPPY,THEY SAY」ってかなり私に都合よく訳してました。毎回言うと、いかにも私はHAPPYじゃないのか!って文句言われたので、「PLEASE LOOK AFTER NAOMI」って言ってみたり。いや~、日本語はたいへん。
2007/05/12(土) 09:35:01 | URL | [ 編集]
cherry
siorinさんも書かれているように、単に言葉の違いではなく、文化の違い。これ、結構大きいですよね。

日本人は、単に「よろしく! の言葉にそれ以上の気持ちを読み取ることが出来る国民。(これ、すごい!)でも、外人ってそういう文化も習慣もないでしょ。言葉は単に言葉。だから、lool afterって、その事通りに取るみたいで、状況によってはびっくりされるみたい。これ、誰かも同じこと言ってました。

ひとつの日本語を英語に訳す時も、その状況で違ってきますよね。日本語には1文でもいろんな意味が含まれているから、難し~い、訳すの。

minkeyさんの訳も状況によっては素敵ですよね。でも、言われているように、何度も言うと、happyないのか・・と言われそうだけど。
2007/05/12(土) 11:03:31 | URL | [ 編集]
siorin
その場合は、look after でもいけそうですよね。
だって旦那だもん。
ウチの場合、義母だったのでどうもおかしい気がしておりました。
文字通り受け取られると、やっぱりハッピーじゃないのか、とか、ずっと世話するのか、って感じになってしまい、違和感が。違和感がどうしても。
私はそれでいいんだけど、あっちはこの感じを分かってくれない!
しかし云い方が分かってスッキリしました。と云うか、人によっては違うって人もいるんでしょうが。
ああ、日本語が難しい……。
2007/05/12(土) 17:50:19 | URL | [ 編集]
siorin
「よろしく」は本当に曲者でした。どうやって説明していいのか分からんで苦労しました。
お疲れ様、なんかも難しい。
仕事が終わった後で、お互い疲れてるから、その疲労をいたわり合う言葉。
って云うと、あれ、なんでこんな言葉あるんだろ?
と説明しながら悩みました。
こんな言葉がある日本て素晴らしい!
(飛躍した?)
これは訳語分からんので、こう云う場合は日本語を覚えさせることに決定。
旦那だけですけど……。
いただきます、ごちそうさま、は旦那家族には浸透したようです。つい出てしまうんで。
2007/05/12(土) 17:55:14 | URL | [ 編集]
プリシラ
旦那さんだと楽なのに!

とはいえ 辞書でよろしく をずっと見てたら なんだかわからなくなってきました。
いえ 字面が。

多分 おかーさん的には

「うちの娘を自分の娘と思って かわいがっていただけませんか」

という 意味だったのでは?

なので please kindly regard my daughter as your own and treat her as such. とでも しといたらいい?

う~ん よくわからない!
2007/05/13(日) 10:26:33 | URL | [ 編集]
siorin
そんな意味合いもありますね。
感じ分かります。
「よろしく」は日本語の中でも難関トップ10に入るのではないかと……。
「このよろしくって、どういう意味で云ったの?」
って、本人に聞けばいいんだろうけど、よろしくはよろしくだろ! って云われそうだな。

「お疲れ様」はどうでしょう??
どうしてそんなこと云うの。
とか云われそうだったりして。

2007/05/13(日) 23:29:41 | URL | [ 編集]
プリシラ
仕事終わりに フツーに帰宅なら

See you tomorrow

で オケーでしょう。

誰かお客さんみたいな人が来て とかなら 

Thank you for your time
とか
Thank you for coming though you are very busy

とかで いいはず!
式典用英語集で読みました!
2007/05/16(水) 21:28:33 | URL | [ 編集]
siorin
See you tomorrow
だとなんか、ねぎらう感じがないなあ。と思ってしまうんですよ。
でも、それしかないよね。
今日、ちょうっとTAFEに相談に行ってきましたが、そのとき使えば良かったなあ。
Thank you for your time.
こういうところで出てこないのは、単なる気づかないボケなだけ。
(丁寧な人は云いそうだ)
2007/05/17(木) 15:35:36 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。