From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ハイスミスってば…… パトリシアハイスミスのRipley under ground

サイコもの?

一度読まなくてはいけないと思っていたパトリシアハイスミスなのだが、 何がなにやら分からんので図書館にあった本を適当に借りて来たらコレだった。
リプリーアンダーグラウンド(Ripley under ground)

……って、シリーズものじゃないか!!

気づいたときにはもう遅かったが。
二巻らしい。

忙しい時期に読んだせいもあるのかもしれないが、読みづらかった。
内容はおもしろいのよ。
でもなかなか入っていけない。

主人公はトムリプリー。
主人公だから探偵? などうと云う適当な辺りをつけて読んだら、全く違っていて新鮮だった。
それどころかアナタ。
この男ってば……。

ハイスミスの書き方のせいなのだろう。
普通に読んでたんだけど、やっぱりトムリプリーって普通じゃないよねえ?

飛び飛びに旦那に何が起こったかを報告していたのだが、些細なこと(でもないのだが) からだんだんと殺人までに発展してしまうストーリーの流れがおもしろい。
でもって、前作で登場したらしいキャラクターの名前が出てくるのがちょっと気になる。
一体この男、過去に何しでかしたんだろう??

そんなわけで、読まなければしかたない状況に陥った。

作者の処女作はなんとヒッチコックの映画(strangers on a train)にもなったようで、映画も良かったらしい。
(旦那談)
ちらっと調べたら、太陽がいっぱいもそうなの?

私はルースレンデルが好きなのだが、全く違うけど魅力的だった。
パトリシアハイスミス、恐るべし!!

スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

プリシラ
Siorinさん、太陽がいっぱい、知らなかったの?
なんかショック・・・。皆知ってると思ってたのに・・・。やっぱり若いのね・・・涙。

じゃあ、マット・デーモンくんが出てたリメイク、Talented Mr. Ripleyは???

と ハイスミスが大好きで日本で殆ど翻訳で読んでる私には「やっぱりそんな有名じゃないんだ」とガッカリ。ワタシ、第3部は持ってるんですが、まだ読んでいません、ってか、一生読むことがあるのかナゾ。昨日も古本市でハイスミスが書いたレズビアンものってのがあったんですが、ぐるりと一回りしてきたら消えちゃってました(涙)。

で リプリーですが、多分精神医学的には境界例と思われます。コワイコワイ。
2007/01/25(木) 12:41:17 | URL | [ 編集]
siorin
見たことあるんですよ。映画はね。でもハイスミス作だとは知りませんでした。
映画あんまり見ないもんで、リメイクのそれも見てないです。
読んでから見ようかなと思ってたりして。

いや、私ホント翻訳がダメで、翻訳に手を出したらきっとオリジナル読みたくなくなるに違いないと思って、ずっと手を出さずにきてました。パトリシアコーンウェルなら読んだんですが。(翻訳)

ハイスミス、いいですね。
あのクールさが。
どうやら彼女は一生独身だったらしく、レズビアンだったらしい。なので、レズものを書いたってのも頷けます。
なんだっけ、タイトルは忘れちゃったけど。

自伝かなんかも書いてますよね。読んでみたい~。
でも、図書館にはなかったので、特別によそから借りてきてもらわなければなりません。

リプリー、おもしろいキャラなんで、5冊だっけ? も書いたの分かります。
読むの楽しみです。
2007/01/25(木) 23:07:20 | URL | [ 編集]
プリシラ
見知らぬ乗客の話でしたね、大変失礼いたしました。

リメイクは・・・う~ん、あれはマット・デイモンとジュード・ロウの役反対の方がよかったと思います。
ハンサムだけど野卑なリプリーが社会階層を登っていく、と。あと、ジョン・マルコビッチ主演で違うのも映画化されていますよ。

そーかーレズだったのか。ファンでもそこまで知らなかった。ワタシはふくろうの叫びが好きです。これ、フランスで映画化されていました。映画にしやすいタイプの小説なんでしょうね。晩年はどちらかというと、もっと心理小説というカテゴリーに入るタイプの作品書いていました。
2007/01/26(金) 21:53:23 | URL | [ 編集]
siorin
フランスで映画化なんですね。
ハイスミスってアメリカンじゃ……。太陽がいっぱいはアランドロン。って、これもフランスじゃないの?
名前がフランス人ぽいが?
(昔過ぎて忘れた)

サイコ系の話かと思いきや、普通っぽく見える人が正気と狂気の境界的行動をとるのを普通に突き放して書くところが、気に入りました。
リプリー本、借りてきたのですが、先に借りた本がまだ読めてない……。

映画はなかったんで、探さなきゃ。
2007/01/27(土) 18:32:57 | URL | [ 編集]
プリシラ
多分フランス人の好みにあうのでは?と推測しております。

そうそう、ハイスミスって普通か?と思いきや、とんでも行動をとるパターンが多いので好きです。ふくろうの叫びだっけな?あれもよかったです。
最近は映画ばかりで 本読んでません。頑張らないと・・・。
2007/01/28(日) 14:43:49 | URL | [ 編集]
siorin
フレンチ好みなのか。
ハイスミス。

本読み頑張る。と云うのは私も趣味ではあるけれども義務みたいなのもあります。

ふくろうの叫び、リプリーの次に読んでみようっと。
2007/01/28(日) 23:12:13 | URL | [ 編集]
プリシラ
表ブログには書いてないんですが なんか・・・きれいだけど 本少なかったです。がっかり。読みたい作家の本、探したけどなくって、あっても1冊、それが持ってる奴。

つかえねぇ・・・と 心の中でつぶやいたのは 言うまでもありません。
2007/02/01(木) 13:23:34 | URL | [ 編集]
siorin
できないんですかねえ。
アデレードの図書館は、4つあって、そこになければSA中の図書館から借り出してくれるみたいです。
(SA中かオーストラリア全土か実はよく知らないけど)
私も一つリクエストしているんですよ。まだ来てないけど。
図書館って、聞いてみないと知らない使い道があって、うれしいのやら困るのやら。
2007/02/01(木) 16:51:38 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。