From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
The Remains of the Day 日の名残

Kazuo IshiguroThe remains of the day

本の名前と作者だけは知っていた。
なんか忘れたけど、黒柳徹子が世界不思議発見でこの人の映画のことを云っていたのね。
新聞紙にアイロンをかけてたとかなんとか。
あれ、そんなシーンこの中にあったっけ???

この本はイギリスの凄い賞、ブッカープライズたらいうのを取ったらしい。
それは素晴らしい。
一体何のジャンルに対して贈られるもんなの、それって。
直木賞とか、芥川賞とか、横溝正史賞とか、ジャンルってもんがあるじゃない。
と旦那に聞いたら、別にないんじゃないと云う。
でも凄い賞らしい(いい加減)。

そんなブッカープライズを受賞したThe Remains of the day は、イギリスのバトラーの話だ。
バトラーなんて身近にいないからおもしろいかしら。
と思って読み出したけど、しょっぱなからくじけそうになった。
最初の二文で6行以上あった。
関係詞と挿入句、入りまくりですな。
それでも最初は良かった。
結構楽しみながら読んでいたのだけど、後半苦しんで読むの止めようかと思ったぐらい。
ようやっと読み終わった。

旦那は映画を見たそうで、よく出来てはいたが暗い映画だ。
と云っていたが、私は読んでみて、確かにな、と賛成せざるを得なかった。
(でも最後は、私、ちょっとポジティブに解釈したのだが)
バトラーが休暇を取って旅するのだけど(目的あり)、現在のことよりも過去の回想のほうが多い。
実はこのバトラー、スティーブンズは自分ところのお屋敷がスタッフ不足で困っていたので、 昔のスタッフから手紙をもらったのをきっかけに彼女に戻ってきてもらおうと会いに出かけたのだけど。

こういうの読むといつも思うんだけど、こんな主人公が考えまくる話どうやって映画にするんだろう。
ま、紳士は金髪がお好き、でも悩んだけどね。

一体このミスタースティーブンズは何歳なのか。
この先、人生を楽しめるのだろうか。
楽しめたらいいのに。

と思ってしまったよ。

こういう仕事の人って、自分より他人のことばっかり考えてるのか。
それと同時にキャリアというか、仕事にプライドがあって、熱中しすぎたと云うのもあるんだろうけど……。

スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

プリシラ
って 知ってる限りでは 英国連邦国でその年に出版された作品対象の賞なので 権威があるそうです。イアン・マッキューアンだったかもとりましたね。2003年には オーストラリア人作家が授賞してるとか(買ったけどまだ読んでない)。

ワタシ、確か翻訳で読もうとして挫折。格調高い文体に 眠気を催しました。そして 映画もあまりに暗そうなので断念。
絶対寝る自信があったからです・・・。

レクター博士以前の ステキなアンソニー・ホプキンスが出てるのに(彼自身は変わってないけど イメージが・・・)
2007/01/15(月) 19:01:05 | URL | [ 編集]
siorin
を読むと、なんとなく自分も気取った話し方をしたくなります。
スティーブンズだっけ、彼はよく、that is to say, と云うてはりました。
紳士は金髪がお好きのときは、I mean, とか、Girl like I, とか云うてました。
ヤクザ映画を見たあと、肩で風切って映画館を出てくるタイプか私は。

翻訳であれを読むのは、さらに拷問のような気がします。
いえ絶対に拷問です。
だから私翻訳読まないもの。
英語で読んでも変わらんぐらいです。ホントに。
英語のほうがマシ。
映画は見てないけど、そのうち見てみようと思っています。

イアンマッキューアンって誰??
ウチにも一冊ブッカープライズ受賞の本があったんだけど、何か忘れました。
別に格調高い文章ではない奴でしたが。
そのうちこれも読んでみます。
(殺人事件の話かと思ったけど、大きな勘違いか)
2007/01/16(火) 14:52:53 | URL | [ 編集]
プリシラ
殺人事件の話 でした・・・。Vernon God Littleっていうんですが わざわざタイで買った私(紀伊国屋)。だって あちらの方が安いから!オージードルで当時15ドル。オーストラリアで買えば18ドルはするわけで お買い得ですよね。

イアン・マッキューアンは現代作家としては有名で Enduring Loveとか書いています。いつも買おうかと思うけど 値引き対象になってなかったりして。とりあえず 手持ちの本を読まねば!と 思いつつ だらだらと過ごす毎日です、ハイ。
2007/01/16(火) 20:51:57 | URL | [ 編集]
siorin
一緒に渡された本と勘違いしてました。ウチにあったのはHotel du Luc という本でした。
でも、聞き覚えある題名……、と思って本棚を見たらそれもありました。Vernon God Little.

Enduring love ってタイトルおもしろそうですねえ。
一度読んでみます。
私も周辺に本がたくさんあるんですが……。
2007/01/17(水) 11:03:04 | URL | [ 編集]
プリシラ
を映画版ではやっています(それが新ボンドをかってた理由)が、映画だとなんかよくわからなかった・・・。

本だと色々詳しいことが書いてるそうなので、読んだらこっそり教えてください、お願いします。不精してるって言わないで下さい、お願いします。
2007/01/17(水) 13:26:08 | URL | [ 編集]
siorin
Enduring love ですね?
うーーん、いつになるやら分かりませんが、それでもよければ……。
ボンドの映画ではないんですよね? ボンドの新主役の人が主役やってる映画?
2007/01/22(月) 14:48:09 | URL | [ 編集]
プリシラ
Enduring Love。
映画だとただのホモの気色悪い人なんですが、本ではなんだか違うそうです。もうね、映画見ててイヤァ~~~~なきもちになりましたよ。いつになってもいいので、お願いします!

新ボンドのヒトが主役です。説明足りなくてごめんなさい。でも、主役のカップルの関係の変化にはなんか・・・悲しくなりました。
2007/01/23(火) 20:12:11 | URL | [ 編集]
siorin
図書館にあったので早速予約してみました。
つっても、なかなか読めなくて本が積まれてるのですが。
(本によって読むスピードが劇的に変わりますね)

映画もEnduring love?
読んだ後で見てみようかなあっと。
新ボンドの人が主役ってことは男前が出てくると云うことで……?
2007/01/24(水) 14:14:09 | URL | [ 編集]
プリシラ
この相手役のオトコ ルース・イファンス ノッティングヒルの恋人でだらしないながらも 意外にいい奴 の役やってましたが 今回は 薄気味悪くて ダニエルよりも こちらの方が目立ちます。そして 主人公に感情移入ができないので 映画を観て 本 の方がいいかも。
2007/01/25(木) 12:28:03 | URL | [ 編集]
siorin
見たことないや。
おもしろいですかね。どうもタイトルに興味をそそられない。
ラブストーリー!! って感じで。映画先に見ると、本を読むのがラクかもしれませんから、ちょっと探してみますね。
2007/01/25(木) 22:39:49 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。