From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Red China Blues 文化革命と天安門事件

エイミタンを読んだ後、急激に中国について興味が湧いた。
昔は中国行きたいとか云ってたのに、いつからかあんまりそう思わなくなったなあ。
そう、あれはジャッキーチェンのお陰かな。
そして、ジャッキーは香港か?
でも、ジェットリーがいたな。うふ。

そんなわけで、本の持ち主に、文革と天安門のことが書いてある本とかない?
と聞いたら、これを貸してくれた。

著者は、カナダ人で、中国人の両親を持つ。
ジャーナリストになりたい、という夢を持ちつつ、共産主義に憧れて中国へ行き、そこで文化革命と天安門事件(しかも両方)を経験する。
おもしろいのは、本人は本気で毛沢東に憧れて中国へ行ったことだ。
共産主義国こそこの世のパラダイスで、肉体労働で自分のブルジョワ思考を矯正しようとしていた。
2年の留学後、さらに戻って大学へ……。
そこでは大学とは名ばかりの、肉体労働、見かけは中国人だけど実はカナダ人だからと云う差別扱い。

英語だったので、誰のことか調べないと分からなくて困った。
毛沢東、小平、華国鋒、林彪、李鵬など世界史やってればおなじみの名前から、マダムマオなんて云うから誰か分からんかったじゃないか!
江青!
さらには、地名。
これが一番分からなかった~。
探しても出てこなかったりして。

世界史なんてさっぱり忘れたけど、これ読んで本当に勉強になった。
特に天安門事件の章と、その後の中国の状況なんかは興味深い。

中国と云えば、最近、狂犬病のせいでペットの犬までが撲殺されているらしい。
雲南省で5万匹だってさ。
きっこのブログでリンク張ってあって、悲惨な写真が……。
叩き殺すと云うのも酷いけど、昔はこれを人間に対してもやってたかと思うと。

ちなみに、この本によれば、90年代だと思うけど、中国の死刑は世界の60%以上を占めていて、銃殺。
死刑囚の内臓は再利用(たまには死刑前に先取り)、銃殺に使った弾丸は死刑囚の家族から徴収されたそうな。
(60セント)

そこから今、中国はどんなふうに変わったのか知りたくて、中国語習いたい、と少し思ってしまった。
いや、聞けばいいのか。

この本は、中国では発禁のよう。

Red China Blues: My Long March from Mao to Now
スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。