From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
アラビアのロレンス

またまた、まだ見てなかったのか!

アラビアのロレンス

英語でも同じ、Lawrence of Arabia だ。
何で今まで見てなかったかと云うと、長すぎて……。
最初見たときは、途中で寝た(よく寝るな~)。

その上この映画、サウンドオブミュージックと同じく、途中で休憩が入るのだ。
旦那は、監督はいいし、そもそもロレンスが好きらしく、これはいい映画だから見なくてはいけないよ、と云う。
しかし、とても一気に見る時間が取れなかったので、二回に分けて見た。
(ちょうど良かった)

映画のあらすじは、思い切りウィキペディアに書いてある。
なんか意味が分からねえなあ、と思ったら読むといいわ。
(完全にネタバレだけど)
私は旦那にさらっと説明してもらった。
また寝るんじゃないかと心配だったんだけど、面白かった!!

さて、ロレンスを演じたピーターオトゥールは、金髪碧眼の男前だったのだが、ホンモノのロレンスは本当にこんなに男前だったのか?
大体、似たような感じなんじゃない?
と、適当なことを云う旦那を無視し、DVDの特典を見てみた。
地図と史実と写真も交えたおまけに、一瞬見なきゃ良かったか? と思ったものの、 結論としてはホンモノのロレンスも結構男前だということに落ち着いた。
(私の中で)
本人、46歳で亡くなっているのは、やはり美男薄命と云うことよね。

アウトバックを経験した私たちは、イギリス軍の軍服を着て砂漠越えに挑戦していたロレンスを見ながら、あれは暑かろうなあ。
と、思ってたんだけど、途中からアラブの格好になった彼を見て正しい!(何が)絶対あれが涼しいよ。
アウトバックで一枚は持っておきたいわ。と強く思ったね。
オーストラリアの内地も砂漠があるけど、あんな感じかなあ。
(景色はまったくよく似ている。何にもないところとか)

一つ気になったのは、映画でロレンスがトルコ軍に一度捕まり、鞭で打たれたところなんだけれど、特典では、 あのときトルコ軍のあのおっさんにレイプされたとか。
映画にはなかったんだけど、そんなところにポロッと書いてある事実に驚いた。
さらには、ウィキペディアのTEロレンス(英語)のところにはもっと激しいことが書いてあった。
英語ウィキには、Sexual Orientationの項もあり、彼がゲイだ、マゾだ、と物議をかもしていた。
自伝(凄い難しいらしい)か、伝記を読まないといけないかしら。

アラビアのロレンス 完全版
アラビアのロレンス 完全版
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

プリシラ
もう、この話題、がっつり食いつきました。そうなんですってねぇ!昔にこの映画観て、その後うら若き乙女(確か15歳くらい)だったのに、『ゲイ』っていうのを読んで、そう言われてみれば・・・と思って、ゲイの話を読み漁ったのが大きな間違い。彼、Mだったからこそ、どんな過酷な任務にも耐えられた、とか読んだりしてひょえーとかなりましたね。

ステキな人がゲイだとものすごくガッカリするんですが、siorinさんは?
2006/12/27(水) 13:02:10 | URL | [ 編集]
siorin
私は、やっぱりね! と納得します。
身の回りのゲイのカップルや、芸術家とかを見てると、なんかこう、この感覚の違いが凡人と違うんだ!
と勝手に思ったりして。
Black Books で、メインキャラ、フランが付き合おうとしていた男が実はゲイで、フランが、「エルトンジョン、(あと数名ゲイの有名人の名前)、どう思う?」と聞いたら、Well, they are fabulous. と云ってましたが、私もなんか賛成。
関係ないかもしれないけど、Black Books って結構、そっちネタがありませんか。
彼ってもしかしてゲイなの?

ああ、私も中学生のころ、ゲイの存在を知って驚いたクチです。
あのころは若かったね!

Mだからこそ……、かあ。
どうなんでしょう。
その説はどこで読まれました?
非常に興味があります。
2006/12/28(木) 13:56:08 | URL | [ 編集]
プリシラ
どこで読んだか覚えがないんですが、映画雑誌だったような記憶が。すいません、お役に立てず・・・。

ゲイの人はなんとなく知性が高いような気がします。後、やっぱり自分が主流じゃないせいか、世の中の主流じゃない人に対する態度が温かいとも感じます。

小学生の時ゲイのことを三島を読んで知ったのですが、「そーゆー人たちもいるのね」でしたが、MとかSはさすがに・・・。痛いの、いやじゃん!何で?と思いますが、人の好みは色々・・・ですもんね。

Black Books、そうでしたっけ?今度DVDレンタルしてチェックします!
2006/12/29(金) 13:52:09 | URL | [ 編集]
siorin
げ。
私も読んだけど、さすがに小学生ではありませんでした。
仮面の告白とか?
私の最初は、竹宮恵子のマンガでしたねえ。風木ではありません。
驚きました。
なんて云うのかしらん。
なにこれ!?
みたいな。
単純に驚きでしたねえ。
もともとそういうのが向いていたのか、色々読み漁るように。
でもBLとかはダメっすねえ。
(分からなければ読み飛ばしてください)
かといって、稲垣足穂でもないようで……。
Mか、Sか、それともスカか……。
(最後のだけは精神的にも理解できそうにない)

Black Books、あちこちに散りばめられるゲイテイストを感じるのは私だけかしらん。
2006/12/29(金) 15:26:27 | URL | [ 編集]
プリシラ
で、文庫の後ろの方に作品紹介とかあって、面白そうだから読んだら訳わからないんですよね、コドモだから(w
BL,ワタシも苦手です。あれはなんですか、自分を少年に置き換えて、理想の少年としたいことする、でも、女性じゃないので自分がそーゆーことしているという生身感覚が感じられない、というわけで、いわばバーチャルなんでしょうね。う~む。

スカ・・・昨日見た映画で動物って言うのもありましたが(w
死体マニアとかもあるし、世界はいろいろですよね(でも死体、怖くないのか?)
2007/01/06(土) 12:53:51 | URL | [ 編集]
siorin
どんな表紙だったんでしょう。
三島の話、確かに読めても意味が……。うん。
BLはエロでしょう。
最初は気づかなかったけど、あれは単なるエロですな!
なんでそんな単純なことに気づかなかったんだろうと、今になって思います。
(読んだことはある!)

死体は怖くないですよ。
死んでるんだから。
生きてる人のほうが怖いよ~、って誰かが云ってました。
そう、色んな人がいますね。
人間って……。
2007/01/07(日) 00:02:26 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。