From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
指輪物語
オーストラリアで婚約、結婚指輪といえば、プラチナ、
じゃなくて、ゴールドである。
それも18金ぐらいなのだろうか。
ジュエリーにあんまり興味がないので分からない。
が、ピュアゴールドでないことは色から明らか。

結婚を申し込むため、リングを買おうとした彼は私に内緒で
宝石店を歩き回ったそうな。
リング探しの旅ですっかりダイヤモンドの知識が身についた彼は、
ふと疑問を覚えた。
安売り店はなぜ、最初からその値段で宝石を売らないのか?

老舗の宝石店で尋ねたら、ウチは安売りはしない。
値段は値段だから。
と云われたらしい。
店の人はマレーシア人で、知ってるゲイのマレーシア人と同じ
イントネーションだからなんとなくゲイなんではないか、と彼は
妙な偏見を持った。
当然そんなことはなく、少しショックを受けたらしい。

彼がプロポーズするなどとは夢にも考えてなかった私は、結構
あからさまな探りにも気づかず、ダイヤにはプラチナじゃー、
と結構ベタな意見を述べた。
頭の中では、予算はこれぐらいと算段までしておきながら、
すんでのところで、私の気に入らなかったら困る、と注文を
控えた彼は、よし! それじゃプラチナだ!
と思ったが、プラチナにすると値段が2倍(3倍だっけ?)に
跳ね上がって驚愕した。

プラチナと聞いて喜んだのは、宝石店。
アジアの人は価値を知ってる。
プラチナには、ロシアンカットだ! と彼に薦めた。
インディアンカットなんて安いのは駄目。
ロシアンカットに、ピュアプラチナ!

そこまで決めておきながら、結局プロポーズの日に指輪はなく、
その後肺炎で入院した私が指輪を手にしたのは退院後だった。
文字通り、めまいがした(病後で)。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。