From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ロックスビーダウンズってところはね

ロックスビーダウンズって街は、文字通りBHPビリトンという会社のものらしい。
驚くわ。
オリンピックダムでの事業が拡大になったらさらに規模が大きくなるらしいけれども。

最初驚いたのが、やたらと若者が多いってことだった。
若者と云うか、子供が多い。
そこらへん、子供だらけだ。
道行く人も若い人ばかりで、老人を殆ど見ない。

それもそのはず。
ここ、ロックスビーは、近くにあるオリンピックダムで仕事をしている人々とその家族で成り立っている。
ブロークンヒルも鉱脈の街だけど、ロックスビーはそれよりも新しいので住民も若い。
あちこちで妊婦を見かける。
スーパーの店員もやたら若いし、驚いたのは、旦那がふらふらと入っていったスイミングセンターの係員、子供か! と思った。
(絶対、十代)
ちなみにプールは10月からだった。

インフォメーションセンターの近くに小学校があってそこからぞろぞろ子供が出てきた。4歳児人口は毎年(!)約110名だそうだ。
オーストラリアでもダントツの出生率を誇るところらしい。
(なのだが、ごく最近、マウントバーカーに一位の座を明け渡したらしい)
道理でやたらと子供が多いわけだ。
後々、エミューウォークとかいう散歩道を歩いていたとき、女の子の自転車のペダルが外れたのを見かけた。
旦那が直してあげてたのだが、そこで話した女性は、学校の先生で、ご主人の仕事についてきたらしかった。
人が集まれば、それに伴って仕事はあるわけだ。
社員の家、学校、スーパー、レストラン、娯楽施設、などなど。

ブロークンヒルに較べると、こじんまりしてる感じなロックスビーは、なんだか皆がみんな顔見知りみたいな感じだ。
新聞はローカルがあるし、ラジオはステーションがインフォメーションセンターの横にある。

しかし、意外に長寿国のオーストラリアで、これだけ大量の子供を見たら、まるで違う国に来たみたい。
自分まで若返るかもしれないな。

補足:
どうやら、南オーストラリアで二番目に一人当たりの所得が高いらしい。
これは、BHPの社員がたくさん貰ってる証拠なのかな。
人口も急増中なので、住宅不足だから、家も高いらしい。アウトバックで$350Kだと。

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
ブロークンヒルブロークンヒル(Broken Hill)は、オーストラリア|オーストラリア連邦ニューサウスウェールズ州西端のアウトバックにある鉱業都市である。かつて世界最大の埋蔵量を誇った銀・亜鉛・鉛鉱床を背景に栄華を極めたが、掘削の容易な鉱脈は掘り尽くしてしまってい
2007/02/08(木) 02:52:40 | 旅のしおり【オーストラリア】

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。