From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ウルルー(エアーズロック)は遠かった

今回の旅の目玉、と云ったら、 僕は二回目、と旦那が云った。

てめえ、前の彼女と来てるって、云うじゃな~い。(かなり古い)
しかし、私はオーストラリアに計二年も居ながら、行ったことがなかった。
オーストラリアに対する知識があまりないものだから、地図を見てアデレードからウルルーなんて近いじゃないかと思いきや、どっこい、 オーストラリアは日本の22倍大きいので、車で行ったら大変だった。

たどりつくのに8日かかった。

ゆっくり行ったと云っても、このぐらいのペースじゃないとね~。疲れちゃって登れないもん、ウルルー。

ウルルーとはつまり、エアーズロック。
オーストラリアの真ん中辺りにある。
昔はエアーズロックと云っていたが、なんか最近はウルルーと云うらしい。
どうでもいいけど、カタカナでウルルーは簡単だが、どっちかがRでどっちかがLだ。気にしてなかったので綴れない。
正解は、Uluru だ。(と云いつつ、また確認した)

自分が8日もかけてたどりついたものだから、現地到着後日本人の集団を見たときには驚いた。
なぜだ?
なぜこんなにもたくさんの日本人がここにいる?
最寄の都市はアデレードじゃないのか。

考えてみれば、エアーズロックツアーってよく新聞広告にも載っている。日本人がいても不思議ではない。しかし、どうやってきたんだ?

ホントの最寄の都市、アリススプリングスにも行ったことがなかった私は、自分のちっぽけな体験のみからしか想像できなかった。
アリススプリングスは、ウルルーから約450kmほど離れたところにある。
そこから来たとしても、かなり遠い。いや、それよりそこまで来るのはどうする?

道中、日本人を見かけなかったこともあり、私の疑問は膨れ上がった。
なぜか、ウルルーでリトル日本気分の私は、めったにそんなことをする性質でもないのに、 どうしても消えぬモヤモヤからついに側にいた日本らしき女性に話しかけた。
(近くのバスに日本語の札が見えましたので)

謎はすべて解けた!

皆さん、飛行機でウルルーのエアポートまで一飛びしてきたのだった。
な~んだ~。
考えてみれば当り前か。しかし、車でのっそりやってきた私は、飛行機と云う可能性をきれいさっぱり忘れていた。
まず、オーストラリア国内の主要都市に国際便で入り、その後国内便で最寄のエアポートに飛ぶ。一日あればOKか?
車で来ていた日には、恐らく休暇を取ってやってくる日本人、たどり着いた時点で恐らく休暇が終わる。
しかも、道中の景色はつまらなく、ひたすら暑く、その割りに危険というおまけつきである。あんまりやりたくはないだろうなあ。

とはいえ、飛行機で一飛びすると、その広さは恐らく分からない。
広さが分かっても別に何てことはないと云えばそれまでなのだが、まあ、車で行くのもいい経験か。もう二、三年は経験しなくてもいいわ。

ウルルーの登山中、アリススプリングスからキャンパーバンを借りて運転してきたと云う日本人カップルと出会ったが、 それでも遠かったと云っていた。
そして確かに遠かった。(私たちがアリスに行ったのは、ウルルーの後)
そのカップル、英語は得意じゃないと云いながら、ネットでバンを予約してやってきたのだそう。凄いな~。私には出来んことだ。
飛行機で来るのもいいけど、時間があってウルルーにも行くと云うなら、アリスから車など運転し、 オーストラリアの広さを実感してみてもいいかもしれない。
まあ、一回やったらもういいと思うかもしれないが。

スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。