From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ハイウェイを自転車で

Bowenという海沿いの街でこれを書いている。
ケアンズから南に552kmほど降ったところにあり、年中30度あたりの心地良い気温を保つ街である。
すでに一週間滞在中で、何をするでもなく、思いついたら自転車乗って出かけたりしているのだが、一度旦那の策略により、 ハイウェイを走るはめになった。

Bowenから40分ほど南下したところに、エアリービーチという場所があるのだが、 そこからグレートバリアリーフに向かうクルーズが色々出ているらしい。
どのクルーズが一番お得か、研究熱心な旦那が色んな人に聞いた結果、 インフォメーションセンターに行けばさらに情報が手に入るであろうと云うことで(結局それかい)、 ブルースハイウェイ沿い3kmほど先のビッグマンゴーを目ざして二人で自転車で走ることになったのだ。

3kmなんて大した距離じゃない。
とばかりに走ってみたら、向かい風だった。
それだけではない。
高速道路って云っても、片道一斜線の狭さだ。路肩は50~60センチ幅ぐらいの砂利混じりで、おまけにツギハギだらけである。
横を走り抜けて行く車はスピード上げてくる上に、自転車との距離を大して開けてくれない。トラックの風圧は特に凄い。 これには旦那すら嫌がる始末。

恐らく自転車でそんなところに行く奴はあまりいないので、教えてくれるほうも車でしか行ったことがないだろうから、 すぐそこぐらいに云うのだが、行っても行っても大きなマンゴーらしきものは見当たらない。
通り過ぎたのかも、というほとんどただの希望でガソリンスタンドに立ち寄り、旦那は道を確認した。
あと1kmぐらいだって、という言葉の通り、さらに走るとやっと巨大なマンゴーが見えてきた。

(余談だがオーストラリアには、巨大なんとかって多い)

そんな経験の後、新聞でこんな記事を見つけた。

Cyclist gunning for a cross-continent record

(The Weekend Australian, October 14-15 2006)

In front of cyclist Richard Vollebregt stretches 4000km of tarmac, roadtrains, heat, hunger, thirst and pain.
The task he has set himself is daunting: to cycle across Australia faster than the official record of nine days, 23 hours and 25 minutes.
The 39-year-old semi-professional rider from Moss Vale in NSW left Perth yesterday. "I try not to think too much about the distance," he said.
Vollebregt, who is president of the Southern Highlands Cycling Club where he has been riding since the age of 10, usually covers about 400km a week around Moss Vale and Bowral, in the NSW southern highlands. Lately he has increased his training regime to about 700km a week and last month completed a 1700km ride from Moss Vale to Swan Hill in Victoria and back.
To beat the record set by Japanese rider Tomio Uranyu in 1992, Vollebregt must cover about 450km a day. He also has in his sights an unofficial record of nine days, nine hours and 17 minutes, set last October by Perth rider Tristan Barnes, who rode east to west.
Vollebregt will be in the saddle from 5am to 8.30pm, averaging about 31km/h as he heads east across the Nullarbor, to Port Augusta, into western NSW and through Hay and Wagga Wagga before finishing at the Sydney GPO.
A support team of six will share duties such as driving the team campervan, collecting signitures for verification of the feat, cooking, keeping the larder stocked(with plenty of meat, vegetables and water) and accompanying Vollebregt on two wheels. "I'll probably be riding four or five hours on my own each day," he said. "They won't want to ride with me all the time... I get a bit grumpy sometimes."
Officials from the Guinness Book of World Records do not have any rules against drafting - hiding behind a car or fellow cyclist keep out of the wind - but Vollebregt says he will not do it.
"I'm definitely not going to let anyone draft me but anyone who wants to wide with me will be just beside me or behind," he said.
Vollebregt has studied wind patterns on the wether bureau website and was happy to see that tail winds prevailed across the Nullarbor. By mid-afternoon yesterday, he had covered 200km without mishap, assisted by a light tailwind.
To follow his progress, go the website, www.southernhighlandscc.com.au.

自転車オーストラリア横断に挑戦しようとしてるリチャードなんたら氏(何て発音するのか分からん)の記事である。
記事によれば、オーストラリア自転車横断の公式記録は、日本人ウラニュウトミオ氏の9日23時間25分(1992年)だそうである。 距離は4000km!!
もう、4000kmと聞いただけで、げっそりする。車でも走りたくない距離である。
さらには昨年10月にパースのトリスタンバーン氏の非公式記録、9日9時間17分の更新も視野に入れているそう。
リチャードなんたら氏は、NSWモスベールてところのサザンハイランド自転車クラブ(和やかな響きだ)の会長で39歳。 毎週400kmのトレーニングをこの記録更新に向け、700km/週に増やし、さらに1700kmの往復も達成したとか。
でも、走るのは4000kmなんだが……。
(そして、一日450kmを走らなければならない)

ギネスブックには別にルールなんかもなく、風除けのために車の後ろを走ろうが、自転車仲間を侍らそうが(drafting: サイクリング用語らしい)別にかまわないようだ(なんか説明されても分からないが、競輪選手がチームを作って、前後に分かれて走って、 前走が風除けになるって奴と一緒なのか??)が、そういうことはしないそう。食料、飲料水と記録立証のためにサポートチームが一緒なだけだ。
よくまあ、こんな楽しくなさそうなことを思いつくなあ……、なんて他人の勝手よね。

リチャード氏、風向きも調べてから出発している。
ちなみにhead wind は向かい風、tail wind は追い風。
ハイウェイの状況の素晴らし(くな)さを考えなくても、風は重要だ。
roadtrains とは、とてつもなく長いトレーラーのことで、全長50m以上ある。あれが後ろから前から走ってくるのも恐怖だ。
オーストラリア横断ってことは、アウトバック、すなわち厳しい太陽と乾燥した空気、景色も単調な道に耐えなければならないということでもある。
ああ、とてつもなく苦しそう。

たった3kmの(しかも旦那のdrafting 付)で弱音を吐く私にはとても想像できない。

スポンサーサイト

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。