From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
A voyage for madmen
A Voyage for Madmen

1968年に本当に行われたボートで世界一周するレースの話である。
これが……、ホントにもうおもしろかった!!

ボートのことなど分からない私、何を説明されてるのか分からないなりに読み進んだのだが、それでもおもしろかった。
9人の男がそれぞれに自分の選んだボートで一人、世界を一周する。
それも南緯40度線に沿ってである。
って云っても、訳分からなかった私。
Roaring forties と呼ばれる南緯40度線はボートで進むのが大変なところらしい。
ちなみに説明されるまで、Roaring forties, furious fifties, screaming sixties がなんとなく(ワイルドな推測で)年齢のことだと思っていた。
(どれだけ歳を取るのがいやなんだ。文脈考えろ、という声は却下) 
設備も整っていない68年、一人で操るボートがそこを航行するのは非常に危険なことで、これは本にも書いてあるけど、帰ってきたのは一人だけ。
9人のうち1人は、ボートなんて興味もない。
どう考えても不可能なボートで出発する輩がいれば、準備不足のまま出発する輩がおり、思いつきで参加したものの、 勝ち目がないからとゆっくり航行する輩あり(やめはしないのね)。
本当にマッドメン。

一人、海の上で生きるか死ぬかも分からない危険状態の中、250日ほど居続けることを考えただけでも大変なことだ。
しょっちゅうトラブルあるし、船は壊れるし、サメは出てくるし、嵐は来るし。Roaring forties とはまさにそのことらしい。 暴風が吹き荒れるので、普段一年かかるところを四ヶ月ですんだという例が示されているけれど、もちろん途中で死ぬ可能性も大有りだった。
自分で位置を計算して報告するだけしか方法がないそのころ、帰ってくるまで自分以外の誰も本当にどこにいたかは確認不可能だ。
そんなこともレースに関わってくる。

ホントにあったことだから、ログブックや写真も残っている。
期待してた参加者が、あららら? 次には何が起こるんだろうと、最後まで眼が離せなかった。
後日談にもドラマがある。後々まで考えさせられてしまった。

次のレースの本はないのかしらん。
と期待したりしたが、こんなことが何度も起こるわけがないらしい。
というか、こんなキャラがたくさんいても怖いか。
海に興味がなくても、興味を持たせてしまう一冊。

スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

いずみん
やっぱり旅立っていたのね~。そしていろいろ観光とかしてんのね~!!
んでもって、本もいろいろ読んでるの!? それはまた…
地名書かれても、私にはさっぱりわからないんだけど、どこらへんなんだろう???
遠くに行ってるんだろうか? 近づいてるんだろうか?
いつぐらいに帰るのだ~???
ダー様とはうまくやってるかい?
いろいろ聞きたいことがいっぱいだよ~v-363
2006/10/20(金) 22:11:51 | URL | [ 編集]
FUMI
はじめまして!!
Sweden留学中のFUMIです☆

国際結婚、憧れますッ!!私も目指せ、国際結婚なんですょぉ~vvv
いろいろお話伺いたいです☆もしよろしければお友達になっていただけませんか??
では、失礼いたします。
2006/10/28(土) 18:10:04 | URL | [ 編集]
siorin
コメント遅くなりすみません。目指せ、国際結婚ですか。私は考えたことなかったですよ。夢に思っておりませんでした。意思伝達にはいまだに労力を使います。たまにダルイです。
(どんなだ!)でも頑張って下さい。
旅行中の身ですが、ブログゆっくり寄れる状態になったらおじゃまさせていただきます。
それでは。
2006/11/01(水) 11:57:19 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。