From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Waterhouse に行く。 自転車、再調整後

今日は土曜日だし、天気も良かったので、思い切りよく寝て(いつも寝ているが)自転車に乗ってThe Waterhouse Art Prize を見に行ってきた。
去年もウダウダやっていて、これを見に行けるハメに陥った。良かったんだか、悪かったんだか、分からないけど、タダだし(をいをい)、 作品も素晴らしいのでアデレードにお越しの方はぜひどうぞ。
(毎年やっています)

このWaterhouse というのは、人の名前でSAミュージアムの最初の学芸員だそうである。訳すとピンと来ないから、 キュレーターと云ったほうがいいのかな。
そこのミュージアムに置く作品を選んだり、その世話をしたりする人である。
この人にちなんで、賞を作り、毎年Natural History をテーマに作品を募りまして、もちろん優勝者も決める。
賞金$30,000だって。

カテゴリーは三つに分かれており、Oil, watercolor and drawing, sculpture となっている。
入り口には、歴代総合優勝作品が置かれているので見逃した人も安心ね。去年の作品は良かったからぜひ見なくては!
と思って見たら、照明が切れていて、こんな暗い絵だったっけ? と夫婦ともども思った。
帰りに見たら、照明復活で少し明るく見えたのだが、それでも暗い。
マジマジ見てみたけど、相変わらず興味深い絵だったわ。

今年の総合優勝はブロンズの彫刻だった。
格闘する蟻、なのだが、あの小さい蟻を拡大して、細部まで表現している。
よく分からないが、そこがおもしろいところか?
ちなみに、カタログを$2で買うことができるが、それに載ってる写真は最悪だった。
(写真が悪すぎ)

作品は買うこともできる。
作者が値段を付けているらしい。
いかがですか?

となんでこんなところで私が宣伝してるんだ。

ミュージアムの前にはサイエンスの催し物もあり、自転車取りに戻ったとき気づいたのだが、裏がサイエンスセンターだった。
知らなかった。今度行ってみよう。
(何年アデレードに居たのだろうか)

自転車を私に合わせて調整してもらったので、今回は前回より長く走ったにも関わらず疲れも少なかった。
ハンドルバーを短くし、少し下げて、シートを高くしてもらったのだ。
少し変えただけでこの違いは大きい。
知識は増やし、自分に合わせて状態を変えられるということは素晴らしいわ、と感じたものだ。
ものぐさな私は、自転車なんて買い物行くぐらいの物にしか思ってなかったからな~。
これだと、自転車移動も楽しいというものよ。
もう絶対、ピンクバイク(中古$50)には戻れないわ。

これで自転車道ばっかり走れたら安全なのにな~。
自動車道を車と一緒に走るのはイヤだと云ったら、パークランドや川沿いの自転車道を走ってくれて、安全に景色を楽しみながら走れたのだが、 距離は車より数倍長かった。
それが自転車の楽しみなのだろうが……。

スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

princessruby
同じく!自転車道がきちんと確保されてればいいんですが、普通の道路の隣にある自転車専用レーンも駐車ゾーンにされてませんか?あれじゃ危なくて・・・。自転車乗るのも命がけですよね。

そういえばワタシの日本の友達が3時間自転車で山へ行ってとっても楽しかったよ~と言っていました。
2006/08/22(火) 19:42:01 | URL | [ 編集]
siorin
怖いのは怖いです。
60キロで飛ばす車の隣りを走るのは命がけです。
なんであんなところを走らせるんだろう。
車を信用するなと云われていながら走るので本当に怖いです。

でもホントに、山とか川沿いとか海沿いを走るのは気持ちいいですよ。お勧めです。
2006/08/23(水) 14:32:29 | URL | [ 編集]
princessruby
スローダウンしても「オマエのせいでメイワクしてるんだよ!」といわれてるようだし(きっと絶対本当にそう思ってる)、それでも風圧が怖いし、なんとか安全なルートを考えなくては。

と思いつつ、半年以上が過ぎました。自転車乗りを強制する鬼教官が今痛みのせいで自転車乗りたがらないのがますます足を遠のかせているような。

でも、さっき「仕事行くの自転車乗っていきなよ」と言われましたよ~。
2006/08/24(木) 18:27:38 | URL | [ 編集]
siorin
どこも一緒ですねえ。
うちも自転車乗り強制はPのつく人(旦那)です。
車のことなんて考えてやりません。あっちが気をつけないと、こっちはどうにもなりませんもの。
仕事、いいですね。
やっぱり仕事してたほうがいい。しかも自転車に乗って行ける距離とはうらやましいです。
2006/08/25(金) 13:41:41 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。