From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
どうしたら英語が上達するか
予期せぬオーストラリア6ヶ月滞在もそろそろ終了なのだが、
私の英語に一つ変化があった。

オージーの(ホントはオジーなんだが、なんかオージーって
云うよなあ。変換すると叔父ーって出てくるのがおもろい)
会話についていけるようになった。
もちろん完璧なわけはないが、4年前に較べたら天と地ほどの
差を感じる。
(全然天じゃないけど)

この6ヶ月、日本語話したのって、一人突っ込みと、ケンカ
(日本語で云い返す)したときと、家族に電話したときだけ
だしなあ。

英語を聞くときの態度も変わったと思う。
前は聞いてもよく分からないや、と思いながら聞いていたの
だが、最近はなんかついていけるからグループでの会話も
ちゃんと耳を傾けるようになった。
耳もそれに慣れるんで、さらにリスニングが上達する。

具体的に云うと、
Paris
が何か知っていても、パリスって云わないから、云われても
理解できない。
そこで現地の英語を聞いて、あーこう云うんか~、って修正
する。
これの繰り返しは大切である。

あと必死に聞くと、拾った単語でなんとか理解しようとする。
最初はまったく見当違いでも、そのうち理解度が高まってくる
のが分かる。

日本にいたら、英語/日本語のテキストがついたCDなんかを
利用するのがお勧め。
何云ってるのか分からないまま聞きっぱなしにするより、
しっかり意味が分かって聞いたほうが数倍、いや数十倍上達
するのが早い。

つうか、何云ってるのか分からないで聞いても分からない
ままだ。



もう一つ、頭で日本語訳をしてるとしんどい。
最終的についていけなくなるので、なるべく英語の理解する
ように努める。
そんなこと云ってもできるか! と怒らないで。
apple とか訳さなくても理解できるでしょ。
Good morning とか、See you とか、訳さなくても理解できる
文を増やしていく。

型を知っておくのもいい。
Where is ~?
で、~はどこですか?
とか、
Do you know ~?
で、~を知ってますか? とか、これを増やしていくと日常
英語は結構いける。




でも喋るほうは、なかなか上達しない。
よく外国(英語圏)行ったらすぐ英語ペラペラになるなどと
幻想するが、そんなわけない。
喋らなければ、喋れない。
英語を喋るには練習が必要だ。
そういう意味では、外国に行ったら英語を喋るチャンスは
いっぱいある。
けどこれが、自分でもちょっとpathetic ないいわけだと思う
んだが、億劫だ。

留学生同士で喋るとする。
お互い英語が不自由だから、間違っても訂正する奴がいない。
留学生が一番身近な現地の人と云えば、ホームステイをして
たらホストファミリー、そして先生だ。
だからホームステイは大事だ。

ここから人脈を広げて、英語を使う機会を増やすといいが、
私のようにズボラだとなかなか腰が重すぎていけない。
もしくは趣味のサークルとかに参加したり、ボランティアを
する。
要は学校以外のところに積極的に出て行く。
だけどこれがまた大変で、当たり前だけど皆喋るのが早い。

私、一度ものすごい早口(もしかしたら普通だったのかも)で
喋る女の子に、もちっとゆっくり話してくれ、と頼んだことが
あるんだが、ゆっくり喋るその子のギャップに自分がバカに
思えて来た経験がある。

間違うのが恥ずかしいから黙ったりして、あるいは訂正される
のがイヤになったりすることもあるかもしれない。
でも英語は度胸だ。
間違うのは当然と割り切ろう。
まずは恥ずかしがらないことだ。
最終目的は普通に英語を喋ることなのだが、最初からは
無理だ。



英語はスポーツだ!



以上、経験者なら思うことを云ってみた。
スポンサーサイト

テーマ:語学 - ジャンル:海外情報















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。