From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ロストバゲッジ

いよいよオーストラリアに帰るという前日から……、寝られなかった。

一睡もしていない。
何故かというと、単に荷物を減らそうと無駄な努力をしていたからだ。
しかも五時起きでバスをつかまえなければならなかったため、寝る暇なんてあるわけない。
バスの中、飛行機の中で一杯寝られるじゃないの。
と思い、開き直って起きていた。
決して、興奮して寝られなかったわけではない。

珍しくも父が早朝から私を乗せて行ってくれた。
ありがたやありがたや。

荷物を下ろして、バス乗り場まで運んでくれた。
滅多にありゃしない。
まあ、本当にもう滅多にないだろうけど。

関空までしばらく仮眠して、関空でチェックインする私の心配は、荷物のことだけであった。
制限越えてたら、ガソリンが高い今のこと、荷物減らせと云われはしないか。
あなたの手荷物多過ぎ、と云われはしないか。
しかし、持って行かなきゃしかたない。
云われたならば、超過料金払ってでも持って行くわ!!

結果、22.8キロの荷物は何も云われずに無事預けられた。
(約3キロのオーバーだから大したことないか?)
おまけに席は前のほうがいいですかね、などとまで聞いてくれ……。
ええ、前のほうがいいです!

隣りに人がいなかったので、その分伸び伸びできたことだった。

シンガポールで6時間ほど待たなきゃいけなかったのは疲れたけど、まあ$10のお食事券を頂いたのでそれで夕飯を食べ、 日本の母に無事シンガポールまでは行き着いた旨報告することができた。
タダのインターネットでしばしメールなどもチェックできたし。
(日本語は打てないので、見るだけだったけど)

シンガポールから乗り継ぎでついにアデレードにたどり着いたのは早朝だった。
ついに!
とうとう!

たどり着いてから50分、空港から出られなかったもんで、旦那はそのあいだじっと待ってたんだな。
(私はそれどころではなかったが)

オーストラリアの入国ってめんどい。
いや、今どこでもめんどうなんだろうけど、荷物開けてとか云われるもんなあ。
今回は云われなかったが、飛行機の中で食べ切れなくて持って出てきたお菓子(捨てればいいけどさ)と木製品の日本のおもちゃ、 一応申告して出てきた。
別に問題はないと分かっていたのでそこらへんは安心だったけれども。

空港を出て旦那に会う前に問題に気づいた!

スーツケースが!!

壊れていた。
見事にハンドルのところが片方やられていた。
これは文句を云わなくてはいかん!

シンガポール航空め!

旦那曰く、そんなの云ってもダメだろう。
だけど一応、云うだけは云わなくちゃ、気がすまねえじゃないか。
ところが、その日は土曜日で事務所が開いてない。電話もつながらない。

右往左往しているあいだに、気がついた。
もう片方のハンドルは跡形もなくない!!

どこへ行った? 私のハンドル。

ロストバゲッジならぬ、ロストハンドル!
私のハンドルを返せ! シンガポールエアー!

後日、連絡だけはしようと空港を出て、駐車料金を払ったらなんと$7もした!
これまたショック。
(しょうもないか)

旦那曰く、スーツケースは頑丈でないといけない。
10mの高さから落としても壊れないぐらいでないと、航空会社は認めないだろう。
中身も壊れてないし、無駄無駄。

だそうで。
どうせ私のスーツケースはどこの何とも分からない安モノだよ! ふん!

しかし、今まで一応数々の非道な扱いにも耐えてきたはずなのに、恐るべしシンガポール航空。
でもご飯はおいしかった。

ところでやはり、航空会社にハンドル返せと云ったら、そんなもの何百何千もあるので取りに来てください。って云われるのだろうか。

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。