From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
道後温泉4

いずみんに会う前に、ちょっとすっきりしなければ。

と云うことで、まずホテルにチェックイン。
そこはホテルとは名ばかりのウィークリーマンションで、ドアを開けると普通の2DKだ。
いや~、快適快適(←快適だったんじゃん!!)

久し振りにたくさん歩いたので、一時間半ほど寝た(歳だ)。
母も寝た(年寄りだ)。
弟は起きていたようだが、何してたのかは不明。
寝る前にいずみんと落ち合う時刻を連絡しあった。
オーストラリア留学(と云わせてくれい)から帰ったときに会って以来のことである。
(2002年かい?)

しばらく寝て力を取り戻した私たち、ふたたびホテルを出て、道後温泉本館へと向かった。
道後温泉は、日本で一つ! 温泉が楽しめる国の重要文化財、なのだそうだ。
手元にあるパンフレットに書いてあるわ。

道後温泉04

この建物が、例の「千と千尋の神隠し」に出てきた油屋(風呂屋)の雰囲気にそっくり、中身がまた似ていたものだから、 私は絶対に旦那に教えてあげなきゃ、と写真を撮った。
ところがカメラは持ってたけど、メモリーカードを持って行くの忘れてて、 かろうじて持っていた8Mのしょぼいメモリーカードにしか撮れなかったよ。
しかも私、写真は撮れればいい、程度なもんでろくな写真を撮らないし。
(ははは;)

道後温泉02

道後温泉本館入り口には、入場券売り場があるが、なんだかさっぱりシステムが分からない。
売り場の人が説明してくれたところによると、温泉、霊(たま)の湯と神の湯というのがあるのだが、休憩できるのは霊の湯のほう、 だったと思ったのだが……。

今パンフ見たらどっちも休憩出来るじゃない。
なんで私たちは霊の湯のほうを選んだのか。さっぱり分からなくなっちゃったよ。
そうでなくても、なんだかシステムが分かりにくかった。頭がぼんやりしてたせいなのか。

まず、霊の湯の二階席(三階の休憩室は個室、霊の湯高いコース(そんな名前じゃない))に通される。
男はこの休憩室で浴衣に着替える。
女はそのまま風呂に行き、そこで浴衣になり、出る前に休憩室の脇にある更衣室で着替える。
もうそこで、人の話をあまり聞いてなかった母、浴衣に着替えるため知らぬ間に消えた。
(しかし、同じことをしてる人は他にもいた。念のため)

弟、その場で男らしく着替える。
男らしくも糞もあったもんではなく、なんで男だけ人前で?
今どき気の毒だ。
そして私も見たくないし(見てないけど)、と思ったものだった。

上がってきたのとは別の階段を下りて、霊の湯へ。
この辺がもう、云われなくても「千と千尋の神隠し」だぜ~。
道後温泉01
あの妙な造りの、迷路っぽい建物に萌える私は、やはりオカシイのか。
ただでさえ道に迷うのに、こんな建物、迷わないわけがない!

風呂は小さめで、全然気づかなかったが、浴槽が庵治石や大島石、壁は大理石だそうな。
しょせん、馬の耳に念仏、豚に真珠、猫に小判、だわよ! ふん!

ちなみに、忘れてたけど、タオルと浴衣は値段に込みだけど、シャンプーリンスは風呂場になく、各50円で購入するか持参しないといけない。
石鹸はある。
バスタオルはないので、必要だと思ったら持参しよう。
ホテルの人に聞いたら、ホテルのは持って行かないで、と云われた。
そんなこと聞いてへんわい!
(でも居心地いいホテルだよ)

風呂上りには休憩室へ戻って、お茶とせんべいのおもてなしを受ける。
お茶は天目台に載っていた。
天目台は、昔は殿様にお茶を出す時に使ったとか。
ここでも分からないところで、なにげにセレブ気分なのだった。
(分かってないので、セレブも何もないだろうが)

弟まだ戻らず。
なぜに女子より長風呂?!
どうやら、制限時間一時間を有効に使ったらしい。
道後温泉ったら、時間制限があるのよ、腹の立つ。

ようやく出てきた弟は、汗をかいていた。
どんだけ湯に浸かったのか、弟の体から良からぬモノが。
(じょじょびじょば~、じょびじょば~)

ふと隣りを見ると、さっき出てきたばかりの若いイギリス人の青年が浴衣を着て座っているではないか。

道後温泉03

(つづく)

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。