From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
アメリカンビューティー

今日も大したテレビがなさそうだったので、大分前にアマゾンで購入したDVDでも見ようということにようやくあいなった。
980円だったので、つい買ってしまったアメリカンビューティーだ。
旦那がオモシロいって云っていたし、ストーリー聞いたら確かに面白そうだったし、話題にもなったことだし、 それとついでに脚本家アランボールはSix feet under というドラマの脚本も書いてる人でゲイだったから、ついつい興味が湧いて…… 。

主演ケビンスペイシー。
どっかで見たことあるおっさんだ、と弟が云い続けていたが、私は全然思い出せなかった。
パッケージの裏を見たら、セブンに出てた人だったらしい。
見たけど覚えてないや。
(モノ覚え悪い)

最後の最後まで何が起こるかと見ていたが、ラストを見て醒める母。
こんなもんか、と私。
変なキャラばかり出てきて、次はどうなるかと色々考えたが、私が考えすぎたわ。
コレを見て、Six feet under を見ると、いや、逆でもいいけど、やっぱり同じ人が書いた作品だなあ、という気がする。
(Six feet under は葬儀屋の家族の話)

彼がゲイだからなのか、関係ないのか、よく分からないけど、両作品ともゲイの人登場。
Six feet under では、家族の長男(だったよなあ)が、アメリカンビューティーでは主人公の家のご近所にゲイカップルが (あとプラスアルファ)。

見ているとこう、もやもやっとしたものがあって、そのモヤモヤが面白いのか。
見終わってもモヤモヤしてるな、ワタシ。

アメリカン・ビューティー
スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:映画

sumo
昨日やってたこっちのテレビで。なつかしくてちょっと見てしまったんだけど、今見たら「?」という印象がぬぐえなかったヨ。当時は「ワタシ、この映画スキ!」と思ったんだけどね。この脚本家、風に舞うスーパーの袋見て、話を思いついたんだよね確か。だいぶ前だけど、ケビン・スペイシーの映画では交渉人がおもしろかったなー。(それ以外覚えてない)
2006/05/08(月) 05:46:17 | URL | [ 編集]
siorin
ワタシ、ケビンスペイシーが好きだったわ。
ただの親父好きか。
なんか、高校生の女の子相手にバラ飛んでカワイイじゃない。

そうなの?
この映画って、スーパーの袋のシーンから作られたの?
面白いわねえ。
風に舞うスーパーの袋から、あの話がどうやって脚本家の中でつながったのか興味があるよ。

昔の自分が見て面白かったモノが、今の自分には面白くなかったり、逆もあったり。
何がどう変わったんだろう。
と思ったりしまへんか?
ちなみに前はどこらへんがお好きでしたの?
2006/05/08(月) 23:48:15 | URL | [ 編集]
sumo
うん、スーパーの袋見て思いついたって言ってた、確かに。当時、何でなんだかアメリカンビューティーが傑作だと思っていたので、いろんな媒体に出てると興味持って読んだりしたもんです。

んが、今見ると「なしてこのストーリーでアカデミー?」当時はどうやらワタシこそがメディアにのせられ、「イイ!」とか思わされちゃってんだろうか。

雰囲気が好きだった、軽いけどブラック、オカシイんだけど哀しい、そして救いがあるようでない。現実と非現実の間をうまーく漂わせてくれたような。そして救いのない「なんじゃそら?」のラストに「ああこれでよかった」みたいな満足があった。ワタシャなんつーネクラな女だったのか。(いや、今でも実は救いのない映画は結構好き。)

あの高校生妄想薔薇シーン、ワタシ好きだったデスよ。あと、ケビンスペイシーが妙にリアル中年で。
2006/05/10(水) 17:43:50 | URL | [ 編集]
sumo
「当時のアメリカの世相を見事についた」とかいう説明がついてたな、アカデミー賞取ったとき。アカデミー賞っていうのはたいがいそうみたいなんだけど、この映画が「トレンド」とも。当時は「そっかー!」と納得してたけど、何がどう世相をついていたのかトレンドなのか、今全く思い出せない。

けどアカデミー賞受賞作品、激安なのねもぉ。買っといてもいいかもしれない。
2006/05/10(水) 17:49:47 | URL | [ 編集]
しおりん
何がトレンドだったのか、私もサッパリ分からない。
確かになんじゃこりゃなラストでさあ。やはりあの家族のバラバラさが現代なのじゃないの?
しかしもう少し話し合ってればあの家族ああいうふうにはならなかったのでは?
バイト先すら覚えてない奥さん、愛人と一緒にそこへ行くのは自分が悪い。よねえ?
2006/05/11(木) 12:55:35 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。