From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
勝手に夫婦別姓

考えておく、と云いながら、放置してあったため、自動的に決定した。

夫婦別姓。

ふうふべっせ~。

と、卒業送辞風に云ってみた(いや、書いてみた)。
そんなこと考えたこともなかったのだが、日本ではまだ法制化されてなかった。
望んでいてできない人もいるのに、私の場合は勝手に夫婦別姓である。
国際結婚はそうなんだって。
(他国はどうなのだろう。両国間の絡みで違うのだろうか)
良かったとも悪かったとも思わないが、結果的になってしまった。苗字をダンナのものにするかな、と云いつつ、結局してないのも云ってないや。

実は変えたらおもしろいかな、ぐらいにしか思っていなかった。
けれども、実際の手続きを考えただけで面倒くさくなってしまった。
現在申請中のビザも苗字変更で書類提出しなおし、なんてことになったら、さらにまたお金がいるだろう(多分)。

日本国内の紙一枚のために、それだけの努力をする気力がなかった。
子供と苗字が違うようになる(らしい?)が、それは紙だけじゃないの?
人それぞれだが、私にとっては今のところ大した意味がない(子供もいないし)。

結婚後、6ヶ月以内なら変えられたのだが、もはや6ヶ月以上経っている。
ほとんど別居だけどもさ。

夫婦別姓については、その問題が世間に出たときにちらっと聞いただけで、それ以降考えたことがなかった。
結婚してなかったし、する予定もなかったし、別に変えて困るような確固とした信念も、差し障るようなキャリアもないしなあ。
あ、かっこいい苗字でもない。
伊集院とか、勅使河原とか、姉麹とか、なんか変わった名前だったら変えたくないかな。

冗談はさておき、夫婦同姓にするどころか、戸籍すらないオーストラリアでは、結婚証明書を持っていって、これからこう名乗るから、 と云えば、免許とかなんとか色々変えられるらしい。
なんて簡単なのか。
戸籍はまあ、置いといてもいいから、日本もこうなりゃいいのに。
戸籍抄本とか、結婚証明書(を新しく作り)とか持っていって、これからダンナのほうの姓を名乗ります。で、 通帳も免許もパスポートも変わればいいのに。

まあ、一番いいのは別姓か。
だって何もしなくてもいいもんね。

名前を変えるにしたって、元の苗字も残せるのかな? と思ったが、ウチの役所では拒否された。
苗字二つ名乗るのは×だって。
ミドルネームだね。
しかし、オーストラリアでは概ねミドルネームは名前の一部らしい。
てことは、元の苗字を残した場合、私の名前は苗字と名前合体したものになるのか。
変なの。

あちらに行ったら、とりあえずダンナの姓を名乗ってみようかと思っているのだが、名前が場所によってバラバラってなんか混乱するなあ。
航空券が面倒らしく、通称じゃなく正式名称でないといけない、などという規定があるようだ。

やっぱり、元の名前に戻ります。というのは有りなのか?
いかん、もう少しじっくり考えたほうがいいみたい。
あっちは実家で、こっちはダンナの姓なんて、絶対覚えてられない。

しかし、あちらで暮らすとなると、日本の戸籍がどれだけ問題になるのか。
結局そこへ行き着くのだ。
戸籍見せて歩くわけでもないしなあ。

無駄にややこしいぞ、書類!

ちなみに、日本の法的には、夫婦別氏というのが正しいらしい。

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:海外情報

ヴェズ
ヤバいよ、siorinりん。
最近ワタシをコチョコチョさせるネタばかり続いてますな。

姓の選択肢は、

1.日本の戸籍上もオット姓に改姓する。

2.日本の戸籍はそのままでカナダではオット姓を名乗る。

3.全く改姓せず、カナダでも日本でも日本姓を名乗る。

この3つになると思われます。
ワタシの場合ですが。2にしました。
カナダで彼の姓。
日本で自分の姓。

カナダでオット姓を名乗ってますが、PRカード(永住権、パーマネントレジデンスカード)は
日本のパスポートに沿って提出したので
日本姓のままです。発行後の変更は面倒。
で、SINカードは(ソーシャルインシュアランスナンバー)日本姓のまま。
これは変更が簡単。が、ケアカード(健康保険証みたいの)はオット姓。
このSINカードとケアカードはカナダではよく使う公式のIDになるので
統一するようにした方があとあと面倒じゃないかなと思ってます。

航空券の発券は日本姓、つまりパスポートと同じ姓で発券されます。

クレジットカードはオット姓、
銀行口座名義はジョイント口座でも日本姓などなど。
(だからステートメントは2人別々の連名で来ます)
神経質に統一したい!と思わないのなら、
そのままでも全然問題ないですよ。
日本では氏名の管理はきっちりしてますが
ワタシの知る限り、USでもカナダでもけっこういい加減。
MyオットのIDですらも統一してないし。

ワタシね、日本姓残そうと思ったのは。
離婚したらまた変更するの面倒かなと思って。
今から離婚を考えてるみたいだけど
(いや。考えちゃいないけんどね!)
世の中何が起きるか分かりゃしないってことで
あとあとどちらに転がっても面倒じゃない方にしておきました。え?現実的杉?
離婚のこと考えて結婚決めちまう人なんすよワタシ。

問題は子供ができれば、その子供が名乗るのは、
改姓していなければ日本姓となり、お父さんとは姓が違う、
なんてことにもちろんなるわけっす。
改姓してカナカナ姓を日本で名乗ると帰国したときに
銀行でも病院でも免許の更新でも「ダグラスさ~ん」と毎回呼ばれます。
が、これはまだいいけど「ジョヴァノフスキーさ~ん」なんて
呼ばれた日にゃなんだかこっぱずかしいと思われる。

なのでこれこそ自由に、siorinりんの思うようにオーストラリアの生活に拠点があるなら
そこでのIDの重要性をふまえてた方向で決められたらよいかと思います。
あ、あとご家族の意向もありますわな、日本は。

ちなみにMyオット姓、発音すると日本語でかなり違う意味にとられ笑いが入るので
(うちの親、未だに発音できないし・・・)
これも選択しなかった理由その1。
2006/04/04(火) 02:54:54 | URL | [ 編集]
夫婦別姓を待つ身
日本人同士の結婚では婚姻届でどちらかの名前になることが簡単にできますが、相手が日本人以外だと日本人は婚姻届で相手の名前になることはできず、別の届を出さないといけないんですよね。デフォルトが別々というのは一貫性に欠けているような気がします。
また最近国際結婚は20組に1組、東京では10組に1組という高い割合だそうです。
扱いの差も目立ってくるのではないかしら。
2006/04/04(火) 10:55:47 | URL | [ 編集]
Rubybrissie
国際結婚って今そんなに多いんですかぁ、知らなかった。国際化進んでるんですね!

私は別姓ですが、理由は「苗字変えるのめんどくさい」「漢字で書くとめちゃくちゃきれい(クレジットカードのサインでこんなに褒められるのか!ってくらい画数多いから)」のほかに、

「オットが苗字ダイスキ」

で、「俺、キミの苗字に変えていい?」とか今でも聞いてきます・・・。絶対面白がってるけど。

ちなみに6ヵ月後に苗字変更したい場合、簡易裁判所に申し立てなくてはならないそうです。

後、スペイン人の知り合いが丁度同じ頃に結婚して、苗字の話になって、彼女は「苗字変えるなんてとんでもない!これは私の一部だもの」と言っていたのが妙に印象に残っています。
2006/04/04(火) 12:26:10 | URL | [ 編集]
siorin
コチョコチョしてごめんね。
(ぷぷ)
日本で日本の姓
カナダでダンナの姓

めんどくさそうかと思ったけど、そうでもないのかな。
英語のときは英語名、日本語のときは日本語名ぐらいに思っておけば。
統一しないと、と思うのは、覚えておくのが面倒だからなんですよねえ。今ですら暗証番号とかで苦労してるから。絶対、困ると思うんだよな~。
子供の姓が私とだけ一緒だと、これまたダンナがかわいそうやな。
でもあっち戸籍ないし。
子供がいないのでイマイチきちんと読む気がしなくって。
あっ、オーストラリアではどうでもできるんだ。
ならいっか。
覚えやすければそれでいい私。

私も少し考えましたよ。
別れたらめんどい。
人生何が起こるか分からないし。念のため。
2006/04/04(火) 19:56:30 | URL | [ 編集]
siorin
この記事書く前にHPを拝見させていただいてました。
別姓を望んでいるのにできない人がいる一方で、届けを出しても同姓にする人もいる。
世の中、うまくいかないものです。
相手が外国人なら、別姓OKなんてのも変な話ですねえ。
国際結婚の例もあることだし、状況は変わってきているんだから、国ももう少し歩み寄って、いい形で別姓が認められればいいのに、と思います。
2006/04/04(火) 20:20:04 | URL | [ 編集]
siorin
名前の話なのにね。
もしかして、姉麹とか、綾小路とかそんな苗字なの?

冗談はさておき、ええ、裁判所なのよね。
もうソレ聴いただけでイヤだと思いましたよ。
なので、もうこのまま突き進もうと思います。要するに何もしないだけなんですけどね。

私の苗字は何の変哲もないので、一部とか考えたことすらありませんが、横文字の苗字を名前の後に付けて呼ばれたら、結構違和感あるでしょうね。
病院とか銀行で呼ばれたとき、きっとかなり恥ずかしい。
ウチのダンナの苗字もなんだかな~だし。
(大阪でバスチケット取って上げたときも、あっさりとはいかなかった)
2006/04/04(火) 20:25:59 | URL | [ 編集]
LMC
偶然このサイトがヒットし、拝見させていただきました.主人がアデレード出身(現在はメルボルン在住)というのもあり何となく目にとまりました。名前の件ですが、私は面倒くさがりやなのでいわゆる旧姓で全て通しております.オーストラリアで相手の名前を名乗りたければいつでもPeace of Justiceという資格を持っている人の所で名前を変更する旨にサインをもらえば免許証を含め簡単に氏名を変えられるそうです.ちなみにこれは主人のお母様から教えていただきました.こちらでの名前を変えようかとも思いましたが,今後の日本でのことを考えて止めました.財産相続とかするとき,日本の名前と違うとその証明をするのが面倒くさいですよ.父が法律関係でそういう相続の面倒くさいケースを扱ったことがあったので...私は日本で籍を入れましたが,基本的にお役所関係(印鑑証明や会社謄本内の名前の変更とか)や銀行関係は氏名変更が大変なので、そのままにしています.まだ、子供はいませんが、主人とはダブルネームにしようといっています.要は彼の姓と私の姓をー(ハイフン)でつないだサーネーム(例えば Julie Watson-Yamadaみたいな)にする予定です.
2006/04/05(水) 15:03:03 | URL | [ 編集]
siorin
子供ダブルネーム、ワタシ別姓。
これで決まりかしらワタシも。

まあ、ウチには財産らしいものもないので関係ないかな。
おかげできょうだい仲がいい。
(多分全然関係ない)

しかし、子供なんてできないよな~。
電話線で妊娠せんかいな。
と思ってみたりする今日この頃です。
2006/04/05(水) 19:24:15 | URL | [ 編集]
LMC
ちょっとトピックからは離れてしまうのですが...私もビザやその他の理由で今回オーストラリに住むまで、約1年3ヶ月離ればなれ、その前に9ヶ月程オーストラリにいましたが,出会ってすぐに1年ほどは遠距離と、今回こうやって一緒に住むまでに計2年ちょっと離ればなれでした.その間はほぼ毎日電話、そして幸いお互い時間に融通のきく仕事だったので2~3ヶ月に1回はどこかで会うようにしていました.おかげで結婚したときは、ハネムーンはもう十分やったから、いかなくてもいいでしょう、と言われたくらいです.
ちなみに,ビザ申請のさいに、Migrant Agentというエージェントは利用しましたか?私たちは移民局の人たちが結構いい加減なのを何回か経験したので(特に在東京のビザ査証)、このエージェントは移民関係のプロなのでお願いすることにしました.おかげで,実際に書類を提出してからは、6ヶ月でビザが出ましたよ。多少費用はかかるものの、在日本のオーストラリア人にもすごく早いねー!とびっくりされるほど早く出ました.早くビザが出るといいですね.頑張ってください.
2006/04/06(木) 12:37:47 | URL | [ 編集]
siorin
私たち、暇だけはたっぷりあったので、自分たちだけで手続きやりました。
書類は完了したので、まあコレでどうにかなるでしょう。返事待ち状態です。
ならなかったら……、まあなるようになるでしょう。5月を目途にしているのですが、6ヶ月? それだと6月になってしまう。
HPには、目途5ヶ月と書いてあったので、5月には下りるだろうと思っていたのに。
そうなったら、私たちもどこかで落ち合おう。
もちろん、それより早くビザが下りるほうがいいです。
2006/04/06(木) 20:12:49 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。