From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Darren Shan
Cirque Du Freak (Saga of Darren Shan S.)

何を隠そう、今頃読んでるんですよ。

何を隠そう、いずみんに教えてもらったんですよ。おもしろいと。
今頃読んでてごめんなさい。
本は大分前に手に入れていたのですが、結局途中で放ってありました。
読み始めたのは、昼休みに読む本がなくなったからです。それまでは和本を読んでたんだけど、読んじゃったら読みたい本がなく、 何かって部屋で適当に手に取ったのがこれだったのです。

読みやすいです。
ハリポタが流行り始めたころ、ブームに乗りつつ流行ったらしいけど、ハナシはドラキュラ物ですな。
本の裏を見たらそれっぽい。
(まだ、読んだところを読み直してる状態で……、すんまそん。もうほぼ忘れちゃってるんだよねえ)

蜘蛛好き少年というのもなんだか。
蜘蛛が口から入って、体の中で卵を産んで、卵が孵って中から自分を食う。なんて想像する子供が主人公です。
で、フリークショウだからねえ。
怖いの嫌いな人は読まないほうがいいかもしれない。
(と云っても、別に恐怖の子供じゃないですよ←なんだ、恐怖の子供って)

章の区切れが本当に短いから、読みやすいんじゃないだろうか。
単語も難しいのはないみたい。
これを全巻(12巻らしい)読み切れたら、最終的に英語力つくんじゃないの。
子供が主人公のせいか、分かりにくい単語は文中で説明されてるし。

さて、これからどうなるのかな。

スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

いずみん
私は当然、訳書で読んだよ。でも、最新巻までは読み通せてない(;^_^A
最近、本が読めなくなってね。
持続力がなくって。
短編くらいしか読む元気がない~

だいたい終わりを想像できるんだけども、言わないでね~
2006/03/23(木) 22:58:19 | URL | [ 編集]
siorin
しかも第1巻だよ?
終わりをバラしたくても無理。
ちっ!

私も大分本を読んでないのよ。
最近、ちょっと読んでるけどね。
主に昼休みを利用してだね。
他の時間はパソコン触ってるから時間がない。
本に対する情熱が大分冷めてる。
2006/03/23(木) 23:12:39 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。