From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
そしてまたゲイ

10月25日夜

War Memorialを出て、スーパーで買い物をした。
今日は、2日前に約束を取り付けた友人宅を訪問することになっている。その前に食事だ。
夕方とはいえ、まだ人は歩いている。が、そんなことはお構いなしに道路端で料理してディナーをいただいた。段々、大物度が上がっていくなあ。

さて、問題はそこへ行く方法である。
車の中で地図を広げて、場所確認。方向音痴の癖に適当な私と違い、しっかりと目的地を確認するダンナは偉い。
でも、大体の場合、どこかで迷うんだよなあ。やっぱり適当なんじゃないか?

ああでもない、こうでもないとやってると、どこへ行きたいの? と犬連れのカップルが聞いてくれた。
なんて親切な人たち。
キャンベラはいいところだ。

このように準備万端整えたのに、やっぱり迷った。
何度か迷い、行かなければならない道を通り過ぎ、たどりついたよ、ダンナの友達の家。
ダンナと友達といえば、女性に決まっている。
そういえば、男の友達を見たことがない。野郎は兄弟だけで足りているようだ。他は友達のダンナさんね。

ところで、この女性、日本語がペラペラであると聞いた。
妙なこと書いたら、訴えられるよ。と冗談で脅されたが、妙なことなど今まで書いた覚えはあんまりないつもりなんだけどな。

彼女は今、女性と暮らしている。
なんかよく分からんが、やっぱりゲイカップルと云うことになるのかしら。
シドニーに続き、キャンベラでも訪問する機会に恵まれた。

彼女も、彼女のパートナーも芸術家って感じで、インテリアもアートしていた。
本棚には日本の本が……。こりゃ、ホントに日本語ペラペラかな。このペラペラはちょっと曲者な言葉だな。でもおそらく、 私の英語より堪能の気がする。日本語はまったく話してないけれど。

世界は狭い。
パートナーさんのほうは、シドニーのB氏を知っていた。家を訪問したこともあるそうな。

2時間ぐらい話して、私たちはそこを後にした。
そろそろ、ビザも切れる。帰らなければならない。
やっと、調子が良くなってきたと云うのに……。

Yassを少し越えたところのレストエリアで泊まった。
星がいっぱい。
写真が撮れたらよかったのに。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。