From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
英語を学ぶための積極的行動

ブリッジングコースでは、ひたすらアサイメントに追われ、日本人の友達とか、同じ留学生の友達とかと、文法的に合ってるんだか、 なんなんだか分からない、乗り英語みたいなのでコミュニケーションしていたが、これじゃいかん、と思った私は、 コースが変わって比較的時間が出来てきたこの時期、思い切ってしてみたいことがあった。

それは、ダンス!

いやあ、実は私、日本で約1年半、2年? ほど社交ダンスをしておりまして、オーストラリアに来て6ヶ月ほどは休んでいたんだけれども、 踊りたくて……。
最初は、運動不足解消のためと、年寄りでもできるから、という理由で始めたんだけれども、やり始めるとはまるのですよ、これが。
ダンスって奥が深い。
体育は大嫌いだけど、ダンスだけは好きだ。
ダンスの運動量は凄い。やればやるほど大変なんだけど、それが楽しい。
音楽を聴く楽しみもある。

ダンスと英語、何の関係が?

と思われる人もいるかもしれないけど、オーストラリアに住んでるだけじゃ、出会う人は、学校の友達、先生ぐらいのもので、 結局話すのは片言英語か日本語。
しかし、ダンスを習いに行けば、オーストラリア人の友達が出来るかもしれない。
ダンスが目的なので、友達が出来なくたって私は楽しめる。

というわけで、日本からダンスシューズも持参し、WEAという、色々な講座を格安値段で提供してくれるところで(政府関係だったはず) ラテンとモダンと両方申し込んだ。
手帳にも書き込んで、始める前からもうウキウキ。
異国でダンスというのもなんかいい。

会場は家からは近いけど、足がない私は、一旦シティに出て、そこでバスを乗り換えなければならない。はっきり云って、もの凄い遠回り。 バスシステム変えてくれ!

でも、そんなことは全く何の問題にもならず、一時間ぐらい前からはりきって家を出た。
システムは悪いけど、方向音痴の私でも分かりやすい。英語でも関係ない。バスステーションでもらえる無料のガイドと、 時刻表で私にもすぐ分かった。
日本でもアバウトな番地より、道に名前をつけてくれたほうがいいな。

こうして、私は自分なりに、地元になじんでゆこうとした……。

つづく

スポンサーサイト
ヴェズ
私もダンス好きなんす。
私はサルサにハマりましてね。
ロンドンにいた頃、レッスンにも
通ってたくらい。そう、すんごく
いい運動になるんですわこれが。
汗びっしょりになるくらい。
そーそー、地元民との交流もそこから
始まったのがほとんどです。

私の高校の頃の英語の成績って
笑いがでるほどヒドかったんです。
(多少薄ら涙を浮かべるほど)
でもどっかの本に書いてあったけど
その方が逆に使える英語を学べる
そうな。文法が得意でプラス単語力
があっても受験では強いがその方式
が凝り固まっちゃって柔軟性に欠ける
とか。ホントかいなー?と思いつつ
私もこうして人並みに暮らせる?
までに?達し、今では翻訳のバイト
をしたり、プレゼンしたりする自分に驚愕。
確かに、ヘンな定義がない分、
丸ごと感覚で覚えてきたような
気がするかも・・・。
まさに英語は気合で体当たり。同感。
あと付け足すなら「MIND」ですな。
でもまぁ、通じりゃいい、困らなきゃいい程度で
いいと思うんすけどね。
私はどっちも完璧じゃないノーリンガル。
2006/03/05(日) 02:02:58 | URL | [ 編集]
siorin
私も行きましたよ、一度最初のホストマザーに頼んで連れて行ってもらって。
すぐ近くって云うけど遠くて(オーストラリア人の感覚と違うから)一度ぐらいしか行ってない。アレも楽しそう。サルサも運動になりますか。だったら、二人で始めようかな。

単語力は最初はあってもなあと思うことありますねえ。最初は、頭で日本語考えて、訳してるからどうしてもえらく難しい英単語が必要か、英語にない単語が浮かんできて、あわわわ、となり、そこに小難しい単語だけポコッと出てきて、違和感。
自分のものになってない単語は読めても、会話には使えないのは日本語と同じよねえ。
まあ、気合で使ってるうちにmind が分かるってこともあるけど。
最初は文法はちょっとでも気合で、慣れてきたら自分の目的に合う英語に高めていくのがいいですよねえ。
最初から完璧なんて絶対無理なんだから。

あ~、ヴェズさん、私もダンスをイギリスで習ってみたい。
2006/03/05(日) 12:07:36 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。