From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ハリポタ、原作と翻訳の些細な違い
なにを思ってか、ハリポタは原書に挑戦したもので、翻訳本を読んだことがない。
なのだが、映画は見たのでちょっとした違いが気になる。
気になると云うか、おもしろい。
原書を読むと云うより、朗読テープを何回も聞いていた。
というほうが正確なので、名前の違いとかは明確なのだ。

ハーマイオニーのマイは、ものすごく弱いので字で表わせない。
グレインジャーもそう。

英語では、わしも僕も俺も私もわたくしも、みーんな "I" なんで、ハグリッドのしゃべりが、あのようになっているのも興味深かった。
男性、女性の英語はどう違うか。ってのは何度か聞いたことがあるが、話し方や言葉の使いまわしに微妙な違いがあるだけで、基本的に同じなのだとか。
朗読テープでは、いかにも大きなおじさんが話しているという雰囲気が出てた。
もし好きな本があったら、朗読テープとその本を買って何度も聞いたら少しは楽しい英語学習ができるかも。
ただし、長編小説などはドラマバージョンや、省略されているのもあるので注意するべし。

Harry Potter and the Philosopher's Stone (UK) (Paper) (1)
Harry Potter and the Philosopher's Stone (UK) (Paper) (1)J. K. Rowling

Bloomsbury Pub Ltd 1997-06-26
売り上げランキング : 928

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本 ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2) ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3) ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4) Harry Potter and the Philosopher's Stone (Cover to Cover)

スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。