From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ウチの旦那がずっと独身だった理由
ウチの旦那がずっと独身を貫いてきていた理由の一つに、

片方がたくさん責任を負うのは嫌だ。

というのがあった。
愛するよりも愛されたい、とか、愛するよりも愛したい、とか
云うが、そんなバランスが悪い関係はダメだ。
ということだ。

旦那の祖父母がそういう関係であったらしい。
私が旦那と会ったころ亡くなった、旦那の祖母は、悪い人じゃないけれど、
自分中心の世界に生きていらっしゃった。
おじいさんはものすごく彼女に尽くしていたけど、彼女が彼のために
何かをしてあげたことなんてない。
……らしい。(さすがにそこまで極端じゃないと思うが)

ホントは農場経営がしたかった祖父が、とある田舎に土地を買って、
そこへ移り住もうと云ったときも、祖母はあっさり却下。
(後日、その土地で鉱脈が発見され、大金を逃しちゃった。
さすがにそれには責任を感じたらしいが)

祖父は結局、彼の父と同じ株仲買人の道を進み、成功。
ガーデニングが好きで、晩年はガーデニングに逃げてたんだって。
生活に疲れて。

それはあまりにも不公平。

そんな祖母は、非常にきちんとしていて、靴の位置はここ。ティッシュは
ここ。決まった場所に決まったものが置いてないと機嫌が悪い。
病院生活(エキスパートだったらしい)でも、遠慮なく看護婦を呼びつけ、
指示。

世話をしに病院に行っていた旦那にも、指示。

きっとお嬢様だったのね。

私も旦那ほどじゃないが、男女関係だけじゃなく、常々、物事は全てにおいて
バランスが偏ってちゃいかんと思っている。
バランスが悪いと、ロクなことないもの。

変なバランスで成り立っているカップルっているにはいるんだけども。

そんなダーリンのこの人でいいかしら、と迷ったときには
この方法をやってみる?


スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:海外情報















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。