From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
オーストラリアの家事情

あけすぎましておめでとう。

思えば、去年母に新年挨拶したのが、チャイニーズニューイヤーであった。さすがにそれは! と思い、今年は早々に(でも1日じゃない)新年の挨拶をした。ちなみに正月はここ三年、どっかに行ってていなかった。だから挨拶もできんわな。(開き直ったぞ)

今年も早々に新年の決意が挫かれ(えっ、もう?)そもそも新年の決意がなんだったか思い出せないというボケも始まり、こんなんで大丈夫かあたし?!

冗談はさておき、家です。

現在、今は亡き義母の家に居りますが、今年の末には出ていかないとで、家を探してました。
大分前から。
私としては、買わんでもいいような気がしたけど、買わないといけない感じなんで、まあ買う方向で。
そうと決めれば、どんな家がどんなところでどの規模でどのぐらいが相場か、知らないと気がすまない私の性で、週末はよく家を見に行ってました。場所はもう決まってるので、そこのエリアしか見ていない。(と云いつつ、アデレード・ヒルズにも一回だけ行った。でもやっぱり遠すぎて)お陰様で大体どういう家がどれぐらいの値段か、よくよく分かり、ついでに、自分たちが住みたいのはどういうところかもくっきりはっきりしてきました。まあ家じゃなくて、アパートを探してたんですが。(手頃なので)

約一年、別に今買わなくても全然構わないんだけれど、今年の10月には家を綺麗にして、マーケットに出す、てな予定だったんで、別にもう出てもいいわ。いっそ、早いほうが気が楽になる。と常々思っておりました。二年は住めるってことで移り住んだけど、正味二年はない。ついでに近所にこの通りに家を買い集めてる金持ちが居て、その人が家に興味があるらしく、今にも売れっかな? って期待しているので、売れたらその金を(三等分だが)元金にして自宅を買おうと。
今の家はいいアドレス。しかも仕事場には車で5分。前より近い。そして家デカい。二人にはデカすぎる。同じところしか使ってない。自分に割り当てられた部屋もあんまり使ってない。(ビーズ作成とかで使うぐらい。そこにビーズがあるからだが)悔しいので、週末は庭に出てランチすることにした。この家、買えたらいいけどね。とても手が届く額ではないのは確か。それに古いし。デカすぎるし。歳取ったら誰が芝を刈り、庭の手入れをし、家のペンキを塗り、エトセトラエトセトラ。そんなのやってられません。それと、ディッシュウォッシャーがない! 歳取って、旦那がよく見えない目でぬるい洗い方をしているのは我慢できない。(あ、うちのディッシュウォッシャーは旦那。メイドインオーストラリア=クラップ。と云うのは冗談。だがたまに文句云うよ、my dish washer)

去年一件、買いたいところが見つかって、ここなら、とオファーしかけたけれど、それより前に不動産屋からプレッシャーがかかって、どうやら物凄くいい買い手が見つかったようなので、オファーもせずに諦めたことがあったけど、蓋を開けてみれば、売り手の言い値そのままだった。なんじゃそりゃ。私は話を聞いてないが、旦那とその弟が受けた感じでは絶対即決のいい値段だと思ったらしい。はよ売ってしまいたかったんだろうな、不動産屋は。

でも今から考えると、もっと広いほうが良かったし。と思い、以前、見たタウンハウスの別の棟が売りに出ていて、そこならどうだと真剣に考えだした。最初に出てたのは、中の棟の一つだけど、今度のは端。私は一応ウォッチしていたが、なかなか売れなかった。なぜならば、階段が多いから! 場所良し! サイズ良し! しかしLDKが三階!(オーストラリアだから、二階だが)

オーストラリア人は階段が嫌いである。
それは私の偏見。階段が嫌いなのではなく、階段が苦手……。これも違う気が。階段に不向きな体型の人が多い。これは正解だろ?
その昔、まだまだ元気な(はずの)人々が、階段をひーこら云いつつ昇って文句云ってた。それも二三段。まあそれは極端でも、大体この理由は正解なはずである。だから売れないんだよ。だって、今は大丈夫でもジジババになったら確実に困るし、ジジババにならなくても、怪我や病気で体が不自由になってもアウトだし。実際、階段ない家を探す人を見た。50超えたぐらいからきっと階段は嫌なはずである。

そして小さい子供のいる家族にもこのタウンハウスは向かない。普通に危ないだろ。
よって、住む人を超選ぶこのタウンハウスは売り難い。お値段もそんなお手頃ではないからだ。(いや持ってる人にはお手頃だろうが)

そんなわけで、初めて見たときもただ見過ごした。
あれからたくさんの物件を見倒したわけだが、(云うてもこの辺、あんまり物件出ないが)別に急いでるわけでもないし。
しかし旦那は気に入ってたようである。こいつに決めたと。
私はこの家が売れてからでもいいと思ってるのだが。いや別に、タウンハウスはいいよ(条件付きで)。買いたくないとは云わないが、云われてる値で買う必要もなく、急いでオファーする必要もない。どうせ凄く売れないから。(とか云って、売れたりして。いややっぱり売れんわ)

というわけで、なんだかんだ云いあった結果、いつのまにか旦那が不動産屋に話してた。あんたそんなに買いたかったんか。
しかし、値段は私が云ってた値段から。ご希望の価格帯より低めである。だって前のも半年かかったの知ってるし。前のもご希望価格帯より低かったのを知ってる。そして今もインスペクションしているということ自体、誰もオファーしてこない印だし。(でもまあ、三ヶ月目ぐらい突入?)

と云っても、売り手が「うん」というかどうかは分からない。
「うん」と云っても、ウチが売れないと買えないし。ウチは買いたい人はいるのだが、こっちもきっと買い叩きたいに違いない。でもその人、この通りに土地が欲しいんでまあ強みはある。(それにこの辺もあまり物件ない)
私あんまり払いたくないわ。(皆そうだろうが)次売るためじゃなくて、できるだけ長く住みたいけど、そうするとエレベーター付けないといけなくなるかもだから。(付けられるのかね。付けられるはずだが)

ちなみに、去年最初のほうに見に行った豪華なマンション、一年経っても残念ながら売れず、とうとう価格を下げ、オークションに踏み切ったが、やっぱり売れんかったみたいだわ。価格下げてもまだ高いし。
でも実際、どこが高値で売れるかなんて、イマイチ謎なところが。
オーストラリア人は、マンションより絶対一戸建てが好きだと思うが。(えっ? 皆そうなの?)

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。