From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
家というか

家というか、アパートを探している。
現在の住まいは、職場にも近く、2人には広い。家賃はタダ。そう義母の家。
義母の亡くなった後、2年は暮らせるという条件で移り住んだが、一緒に暮らす期間は短かった。
2年もタダで暮らせると思いきや、まあ想像通り、売却するためにはそれより早く家を明け渡さねばならない。
どっちにしろ、住んでいる手前、大量の物(旦那の両親の物、並びに旦那の両親の両親の物)を処分するのも、庭の手入れも、細かい所の手直しなども、一番負担しなければならない。そのストレスを考えると、全然いい状況ではないのだが、多分、あんまり分かってもらえない。(余計腹立つ)

私が自室として使っている部屋の半分は、(まあ部屋があることが凄いっちゃ凄いが)誰かの本である。
使ってない部屋にはやっぱり本やら何やらが詰まっている。そもそも義母が居たときから、旦那の祖父母の遺品があちこちにあって、入れない部屋があったもんね。今もあんまり変わらない。服とかは大概処分して、それでもまだ片付いて見えない。考えすぎるとハゲるので考えすぎてはいけない。(考えすぎてないので、禿げてません)

せっかくこんないいところに、なかなか素敵な庭もある家なのに、まったく有意義に過ごせていない。どころか、考えると本当にストレスでイラッとする。来年売る予定なので、リビングの床を直し、バスルームを改装し、フェンスを修復とか……、ああ、やっぱりイラッとしてきた。

それでもまあ、尻を叩いただけあって、リビングの収納に入っていたものはあらかた処分し、服も処分した。(全然片付いて見えないが)もう一年切ってると思うんで、ゆっくりしている場合じゃないのだが。またアクセルかけないといかんかな。

だがたった一つだけ、しっかり準備しているのが、次の引越し先探し。
前々から口酸っぱく云っていたことだが、質素な家をノースアデレードに(結構ある)。

てか、家でなくていい。とか、積極的に家じゃないほうがいい。
旦那が今、てか、義母が生きていたころから、庭の手入れに長時間割いていたのを見てたので、あんなことしてたら、ほんとに何かする前に庭の手入れに追われて死んでしまうわ、と思ってた。
家が広いと、所持品が増え、結果、アホほど物を溜め込んで、今でさえ処分に困っているのに、無駄に広い家はきっと罪である。
故に私は、ここに住むより、できればいいとこあったらすぐにでもノースアデレードのアパートに引っ越したかった。
まあ、必要に迫られないので今に至っているのだが。

そんなわけで、土日はいいとこあれば家を見て回っている。
こちらでは、不動産は不動産屋が部屋を開けて、それを買いたい人が見に行くのである。
最初、新聞を買って見てみたが、場所が散らばって見にく。ネットで見たほうが断然いい。場所も絞れるし。新聞代もかからんし。そもそも新聞買いに行くのがめんどい。(なぜか旦那は新聞を買わない。あんなに大好きなのに。まあ、ファイナンシャル・タイムズとかに不動産広告は載ってないか)

場所は当然、ノースアデレード一本!(もうひとつの選択肢は、アデレード・ヒルズだった。両極端)

いやあ、楽しい。
週末することないんで、結構趣味で色々見た。
どんな価格帯でどんな家が買えるのか知りたかったので、億する家も見たわよ。小さいユニットも見た!(留学生の時住んでた系の。さすがに狭い)

ノースアデレードが小さいと云っても、やっぱ色々な場所があるので、ストリートごと、家のスタイルごと、などなどで値段も変わってくる。あるときは、この家がこの値段かよ!?(払い過ぎだろ!)ということもあり、楽しい上に勉強にもなった。旦那はある場所の近辺には住みたくないと云っていたが、ある物件を見て、それが偏見であることがよーく分かった。ちなみに旦那は、ナントカなので(なんとかってなんやろな?)高いところが好き。部屋からの眺めは重要であるらしい。眺めがいいからと云って、最初の方に見たアパートは、$600Kの値打ちがあると素直に云われた通り信じてたらしいが、後に$600K代出すなら、もっと広い、場所的にも便利なところが買えると分かった。
私は、眺めだけにそんだけ出せるかい。と思ったけどね。(まあ出した人いたね)

最初のうちに分かったことだが、世の中は不公平よ。
払った金額に従って、得るものが増えていくのではなく、ある金額を境に得るものが増える。
$1m 超えて払えたら、まあ大体なんでもいい感じよね。

そこでバーゲンを探すのが楽しいところ。(なのか?)
まあ、バーゲンではなく、一体どこに住みたいのか。色々回ってるうちに結構固まってきた。
固まってきたことに驚いた!

いやまだ買いやしないんですけどね。
買うかも。
まあこれを逃しても、まだ時間あるし。とはいえ、いいとこ出てこないかもというリスクもあるが。
なにしろ二人して初めてのことなので、どうなるのやら。

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。