From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
香港でワシは見た

今年は日本へ帰る年であった。(二年ごと)
転職して一年するかしないかギリギリで、4週間帰ったら、一日か二日ほど有給が足りなかった。がそんなことは知ったことではない。

ワシは日本に帰るんじゃ!

の一心で、(なんなら、もう一、二週間ほど無休でも帰りたかった)帰った。
マレーシア航空は怖いので、というか、旦那が今年はキャセイを使うという。キャセイということは、自動的に香港経由であった。

香港、かれこれ14年前ぶり。旦那はもっと前。(返還前)

例によって覚えてないワタシ。価値がない、価値がない。
なんか歩きまわった覚えはあるが。
あと、ホテル決めてなかったんで、空港でどうにかした覚えがあるが、どうしたんだろう?? 送迎までしてもらったのに。そして、ホテルの空調きき過ぎて寒かった。(くだらんことは憶えてる)

香港は変なところだった。

往きと帰り、二泊ずつという、中途半端なことをしたのだが、往きのホテルはNathan Rd 沿いであった。その名もImperial Hotel! 帝国ホテルという割に、中はしょぼい。ベッド酷い。でも場所は便利。重慶大厦(チョンキンマンション)にとても近い。ああこの重慶大厦。もう前を通るたび、一体ここはどうなっとんのじゃ。と興味津々だったが、怖くて一人では入れなかった。(別に危なくはなさそうだが)旦那はNathan Rd を歩くたび、客引きに偽ブランド品とかを売り込まれていたが。

Nathan Rd はにぎやかだった。スターフェリーの乗り場にも近かった。帰りに泊まったPop hotel とかいうのは、旺角という場所にあったが、大分違う。そこはそこで面白かった。ホテル変えて良かった。が、とても便利が悪い。便利の悪いところはいかん。大阪で懲りたはずなのに。いつか、金の心配せずに、利便性だけでホテルを選びたいものだ。歳を取ったら絶対あの移動は無理だ。

それはさておき、Nathan Rd。ちょっと道を外れると、いきなり景色が……。というか、香港ってところは、近代的なものと、大昔なものが同時にある。日本でもそうだと云えばそうだが、たとえば、きょうび日本の街中で、何をどう間違っても、竹で組んだ足場は見ないだろうよ。竹だよ?

そして匂い。
何かいろんな匂いが。
一度、近道と称して、細い道に入ったが、耐えられない匂いがあちこちから漂い、普段そんなに気にするほうではない、かなり大雑把な私が、弱音を吐いたほど、くっさい。臭いではなく、くっさい。
しかもそれは、普通に観光客が行き来している町中の裏道なのに。

あと、なぜ洗濯物を窓から突き出して干すのか。
絶対、落ちるに決まってるじゃないか。
落ちて回収できずに薄汚れていく洋服たちを幾度見たことか。
チャレンジャーだな。
てか、それほど落ちないのかもしれず。

映画、ブレードランナーを見たときに、最初は東京を思い出したが、今だと香港を思い浮かべる。
前行った時は思わなかったけど。
えらくたくさん、ブランド店が並んでいて、そうかと思えば、安いローカルな店があり、古さと新しさの混ざり具合が……。

先に書いた重慶大厦は、なんかすごいデカいネオンサインがあって、入り口にインド人だかなんだかが立っていて、中は薄暗いという、いかにも胡散臭い佇まい。とても気になったが、一人で入る気がしない。旦那と一緒に中を歩いてみたが、いわゆるマーケット的な作りになっていて、殆ど空きスペースで、埋まってるところでは、偽ブランドの時計やらSIMカードやら(云われてもしばらくなんのことか分からなかった)売っている。私が日本人と知り、「コンニチワ」「サヨウナラ」と行きと帰りに云われた。(同じ人から目ざとく)

スペースのあいだに、数基エレベーターがあって、そこから部屋へ行けるらしいが、幾つも違う名前のホテル? があって、どうやらこれは一つのデカい建物に数部屋ごとオーナーが居て、別々に部屋を貸しているらしい。正しいエレベーターを見つけないことには自分の借りている部屋に戻れない。昼間はまだ薄暗くても電気あるけど、夜は多分私だと正しい部屋へ行きつけない。(天然方向音痴)以前旦那はこの重慶大厦に泊まったらしい。部屋はOKだが、やはり夜だと往生するらしい。旦那ですらそうなら、私はお手上げ。
おまけに、その暗い空きスペースのシャッターに赤黒いシミを見つけて、よもやまさか血ではあるまいなとちょっとビビったが、きっとあれは、噛みタバコ? をところかまわず吐いたシミであろうということに落ち着いた。なんせ凄い量だったし。血ではないだろう、多分。云うても、殺人事件があったとかなかったとか、義弟が云ってたが。(血みどろ凄惨とも云ってなかった)

と、ここまで書いて、そういや、もうひとつ面白いことがあった、と思い出した。
そもそも、重慶大厦のことを書こうと思って書き始めたわけでもないのに、他のことも思い出したので、とりあえずここは一旦続くことにする。

つづく

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

May
昔はキャセイを利用してましたが空港乗り継ぎだけで、香港に降りたことはなかったです。読んでて、降りなくてよかったわ!と思いました~
なんだか凄いところですね。
ところで今回私も行きは二泊三日、帰りは丸二日かけて、相当バテました。片道だけで4便乗り換え。
着いてから体中に蕁麻疹が出て、病院に駆け込みました。(過労のところに、食べたものが悪かったらしい?)
年とともに、長旅は出来ないとつくづく思い、5年後くらいには、新幹線で行ける所に移住を考えたりしています。(現実的じゃないから、どうなるか分からないけど・・)
そこまででなくても、せめて飛行機で3~4時間乗れば帰れるって所に住みたいものです。
2015/11/27(金) 12:35:27 | URL | [ 編集]
siorin
いやいや、面白いところですよ。一度行ってみてください!何事も経験です。私なんて二回行ってもよく分からん。
片道4便乗り換えはしんどい! ウチでは絶対ありえません。旦那が拒否するだろうので。(機内泊はダメ)ウチはいつでも乗り換え地で泊まります。ついでです。
でも住むところは、一番日本がいいような。職ない気がするけど。
職とか考えると、今住んでるところがいいです。
日本でも、別に地元に帰らなければいいのかな。ううむ。
2015/11/27(金) 16:19:03 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。