From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Xperia Z ultra

なんでだったか忘れたが、なぜか携帯を買った。

ああ思い出した。大分前、街をブラブラとしていたら、新しいiPhone とiPod Touch を見かけたのだった。
そんで、ああ、最近のは大分薄いな。いい感じだな。しかも、画面も良くなってるじゃないか。と感心した。しかも、値段も手頃。(もちろん、日本だともっと手頃な値段ならしいが)折しも、中国人がiPhone 6を転売目的で、行列作って買っていくというニュースを、そう云えば読んだばかりのころだったぜ。

そこの店の人が(マイヤーだが)、ちょっとまけてくれるとか云い出したので、危うく衝動的にタッチを買おうと思ったが、アイヤ待たれい。他にも新製品が出てるんじゃね? と思い止まった。考えてみれば、あれほどiTunes を憎んでいるのに、さらにタッチを買うとか、自分の気が知れない。アップデートするたびゲンナリするのに。(まあ旦那がiPhone なので、iTunes から逃れられはしないが。でも、旦那のiPhone は色々面倒なことをしないので(例えば動画を入れたり、eBooks を入れたりとか)苦にはならないが)

そんなわけで、なぜかいきなり理由もなく、その辺りの携帯端末をリサーチし始めたワタシ。
転職したし、まあよくやった自分! と、自分へのプレゼントだ。
と云うのは、物凄く後付の言い訳で……、自分でも何こじつけてやがんだこの野郎。という感じだ。

そんなころ、ちょうど弟も何やらタブレットが欲しいとかで(デカい画面のやつ)、何がいいと聞いてきたので、そーだなー、どうだい、ソニーのXperia とか。と云ってみた。
個人的にはコンパクト(でも正直、タッチは小さすぎた)なほうがいいのだが、彼はデカいほうがいいというので、いいじゃない、Xperia
iPad はどうもピンと来ない。甥っ子はiPad mini を持っていたが、まあアレのデカい感じだから、まあ……。

とは云うものの、Xperia は出始めにいいなと思っただけで、買う気はなかったのであまり調べてはいなかった。
自分が買うかもという段になり、モチっと真面目にリサーチし始めたが、私の好きな小さいver もあるやんか。

と、辿り着いたのがXperia Z ultraであった。別にソニーに特別注目していたわけでもなかったのだが。

Xperia Z ultraは、タブレットである。そして携帯である。それを人はPhablet と呼ぶ。らしい。
Phablet!!! ファビュラスじゃないですか。(本気で云ってんの?)

そうなのだ。携帯でもあるのだ。携帯にしたらでかい携帯である。マイヤーで見た iPhone 6 Plus よりデカい。
今の私の携帯は、カメラすらない、30ドルぐらいで買えるやつで、365日有効プリペイド携帯である。なぜか? 友達が少ないからである! 云わせんなよ、恥ずかしい。

ということで、かっちょいい(というか、皆普通に持っている)携帯を持つ必要もないので持っていなかったのだが、Xperia Z ultra を見てちょっと見方を変えることにしてみた。

ここに、あまり使われていない、Asus Memopad (Nexus 7ではない)があるだろ。
なぜ使われていないのか? それはこれでもデカ過ぎた、さっと出してさっと読むことは無理だった。私はめんどくさがりなのである。家で使ってもみるが、家ではやはりパソコンのほうが便利。加えてちょっと重い。寝転がって読んでると手が疲れてくる。
だがXperia Z ultra はどうだ。6.4インチでちょっと画面は小さいが、ちょっと画面が小さいだけで、軽く、薄い。ディスプレイ綺麗! ポケットには入らないが、薄くて小さいので、小さなハンドバッグに入れて、すぐ出せる。
しかも携帯電話でもある。ということは、今までWifi しか使ってなかった私が、その気になれば出先で4G使えるわけだ。
このデカい携帯で電話するのかと、そこは不評だったりもしたが、ワタクシ既に、Sony Bluetooth のSBH80を持っているので、電話持たなくても電話に出られる。(皆そうすればよいのさ)

さてここで、日本の製品だから日本で買うと安いだろうという、いつもの私の考えが、前回のSony Bluetooth SBH80 に似た感じで覆された。
そもそもSBH80 は日本で発売されてなかったのだが、(今は出ているらしい)私の買ったXperia Z ultra は海外ver である。Unlocked である。そして、日本で買うより安い。日本在住の人も輸入してる。

気になるお値段は、AU$330 ですた。(iPod Touch は、AU$300ぐらいだったと思う)

こういうもので通販失敗すると、気力も時間もごっそり奪われるので、下調べには時間をかけた。(ネット通販コワイ! 目にはまだあってないけど)送料なども考え、結局、e Global に決定。レビュー見ていい感じだったので。(後のところは恐ろしいくらいレビューが悪かった)

さて、注文してからいつ来るかいつ来るかと首を長くして待っていたわけだが、ある日e Global のサイトに行って気がついた。
e Global も香港のショップだったのね。

恐ろしくレビューが悪い数々のショップは、香港のものだったのだが、ほぼ100%に近いぐらいの満足レビューにすっかり香港ではないのではと思っていたe Global。いやしかし、値段的にもその辺だわな。別に安心な店ならどこから買おうが私は気にしないのだが。

折しもそのとき、香港ではデモをやっていた。

デモが始まる前ぐらいに、私は注文したらしい。(あ、そうだ。e Global は、土日は10ドルオフにしてくれる。うだうだ迷って注文してなかったら、10ドルオフが出てて得した)なぜ気づいたかというと、10月1と2日だっけか、ホリデーです。って、サイトに注意書きがあったからだ。
待てよ、それって……。である。(個人的には香港デモはとても気になった)

しかし、その後無事に、特に滞ることもなく、発送通知が来て、無事ブツは届いた。

オーストラリアで、初めてのファンシー携帯。てか、ファブレット。
自分の携帯に入っていたSIM は、デカすぎたので、甥っ子に渡していた携帯のSIM を入れた。(そっちはdual だった。切り抜けて使えた)
でも電話はまだ使ってなーい。なぜって、ウチの新しい職場、電波が届かない! ビバ、地下職場! アデレードには空がない。じゃなかった、うちの職場には窓がない。
ついでに云うと、4Gも使っていないぜ。必要ないからなー。でも、vodafone のプリペイドは、5ドルチャージ(300MB)で、データ通信がオプションだ。必要なときチャージすればよい。都合が悪ければ、違うSIM買えばよいわ。ビバ、unlocked。

肝心の使い心地だが。
ああ、他の人も書いている絶妙のサイズ。
動画を見ても、本を読んでも、漫画読んでも、素晴らしい。片手で読める。(フリックはしない。ボリューム調整を使用)動画もこれぐらいだといい感じ。
もちろん、音楽聴くのは当然、Touch と同じで、Bluetooth だから本体に触らなくてもOKだ。
どうでもいいけど、Bluetooth はいいわ。(ものぐさな私にピッタリ)

小さいハンドバッグに入れて、どこでも持っていく。すぐ出せて、すぐ使える。持ってた携帯は引退。タッチも引退。そして、タブレットは、まあ最初からあんまり使っていなかったよ。(ついタッチのほうを使っていたので)

そして、これは日本帰っても使える。日本の携帯会社のSIMを買いさえすれば。
というわけで、結構いい買い物だったのである。
ああ、今度はいつ帰ろうかな。

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。