From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
リベンジ面接

先日、甥っ子が帰ってしまった。
三ヶ月、色々あって、なんとかいい感じにやってきたが、こんなところで帰してしまっていいもんかと思ったが、ビザが切れるので仕方ない。てか私がそのチケットで日本に帰りたかったが、仕事もあるし仕方ない。
そんな中、以前転職失敗した某所が、新しく募集をかけているということを知り、もう一度トライした。

実はその少し前に、他の場所でも募集をかけていて、そっちにも応募しようと思っていたのだが、ちょっと遠いので旦那に止められた。
私としては、ちょっと遠くても、とりあえず公営ならばチャンスはいつあるか分からないので(職種が職種だけに、なかなか募集自体がありません)受けたほうがいいと思ったけれど(とはいえ、通勤時間1時間とかなると、絶対嫌だ)、転職して昇給するのが5000ドルぐらいだから、ガソリン代とか考えると割にあわないと、具体的に数字を出されると、それもそうかいな、と思い、結局応募しなかった。

しなくてよかったよ、おい!

って、メールが回ってきたときは思ったね。(SAの担当者のメールを教えてもらい、そこにCV送って以来、自動的にそういう募集があるときはメールが送られてくるようになった)
よもやまさか、こんなすぐにまたチャンスが訪れるとは。
前回は、本当に、試験すらなければこんなにうまくいった面接ないぜ、(いい面接の思い出がない。あ、違うか。それもあまりないが、試験だな)と思ったし、実際、わざわざ電話で次もぜひぜひ応募してくださいと云われたところだから、もちろん応募には躊躇なし。
今回は、きちんと手続きを踏んで応募いたしましたとも。

(面倒臭かった)

甥っ子が帰った翌日が面接だった。(ええ、面接までいった。いけなかったらどうしようと思ってた)
やってきた道です。Deja vu ですな。いやホントに。だって同じこと聞かれたし。
でも試験は、Déjà vu ではありませんで、内容的には同じだけれど、違う問題。同じく3問。今回は、3問目からやりましたがな。全くの逆順で。なぜだか、三問全部やり切る積もりだったので(何故だろう分からない)。
この順番、正解でした。
やってやりましたよ! 三問全部。(最後ちょっと危ないけど)

前回からの進歩ってやつを見せなければいけないと思ったし。実際、進歩しているはず。
なにせ、intermediate はパスした。あれで学んだことは多かった。
フルタイムで、トレイニーが外れてから、プレッシャーが大きくなり、あれからこなせる量も多くなった。聞く話によると、公営ではそれほど数こなせとは云われないらしい。聞いて驚け(と云っても、この業界で仕事してない人にはさっぱり分からない数字ですが)、うちでは、一日40-60ぐらいの数をこなさないと文句云われるんだぜ。そんなのアリ? 最も気にしてたら気分が悪くなるのであまり気にしないようにしているが。(私はあまり気にしないほうだったはずだが)
だから、前回時間が足りなくてできなかった三問を全部やっただけでも進歩っちゃ進歩。(いや、ちゃんと出来てる自信もある。少なくともコードしなくてはいけない最低限はコードした、はず)今回はフォームにも少し慣れたし。

てなわけで、今回、面接も、試験も、両方結構出来た、はず。

はずなのですが……、ここへ来て、急に自信がなくなりまして、大丈夫なのか。本当に大丈夫だったのか? と心配になるわけで。

これで駄目だったら、さすがにもう駄目だろう。次募集あってもとても手を挙げられない。
もうこのまま、ここでやってくか。

と、極端なことも一瞬考え。

でもそこで、甥っ子がいるあいだは、勉強の邪魔になると思い見てなかった、「羽生結弦 - 覚醒の時」のブルーレイをやっと見て(ってなにかのCMかおい)、いかんな、こんな弱気では。って、素で普通に思った自分。偉いなあの子。

まあ、やるべきことはやってしもた。
もう頑張れることは何もない。
あとは結果を待つだけなので。

というわけで、次回に続く。

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。