From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
甥っ子が来ています。

もう一ヶ月ほど、甥っ子がこちらに来ています。
英語の勉強をしに来たのだけれど、まあ、学校の普通の勉強もしています。色々ありまして……(って私はあまり知らない)。
まあいわゆる留学ってことになるんでしょうか。一応、英語学校にも行っておりまして、予算の関係で、学生ビザの要らない期間の留学です。

これが、まあ、子供のいない私たち、特に私はあまり考えなしに引き受けたもんだと、今さらながら思うことで。

いやーーーーー、子供って手がかかる!

もう10代なので、云うても手はかからないはずなのだが、それでもかかるのはなぜ?

話は変わるが(変わっているのかいないのか)、まず第一によく食います。

育ち盛りの男子なので、そりゃ分かるけど、なんせよく食べる。旦那並みに食べるので、いくら作ってもその日になくなる。ということは、弁当になる分がないということで。
ウチらはよく外食するので、その翌日の弁当にも響く。夕食を作らないということなので、弁当になるはずの残り物がないからだ。別に外食はいいが、弁当まで買うのはなんとなく嫌なんで、一度おにぎりを作ったけれど、めんどくさくてそれきり。今日はそれでもおにぎり作る気まんまんで、おにぎりの素買ってきたけどどうなることやら。

そう云えば、いつもの勢いで買ったらいつもの半分の期間で冷蔵庫が空になる。
そりゃそうだ。旦那が二人いる感じなのだ。食料ももっと買わなければならんということに気づいた。(ただ買い物するのが土曜の昼で、仕事してからなので、疲れている上に、物凄い混んでいる時なので、気力で負けていることが多い)

第二に、思ったより勉強しないので、イラッとする。

塾をやっていたころに子供のことはちょっと分かったはずだったが、やっぱ分かってなかった。
甥っ子は悪い子ではないので、タダの普通の10代なのだろう。しかし自分の子ではないが、全く他人の子ではない。勉強しないと思った以上に気になるし、腹まで立ってくる。とはいえ、怒ったところであまり意味は無い。
三週間目辺りから色々問題が出始めて、現在どうやってコントロールするか模索中。いい感じにコントロール出来ているのではないかと思うけれど、まだ不満なワタシ。

でも思い返せば、ウチでは親に「勉強しなさい」と云われた覚えがない。あったかもしれないが、どうやら殆どなかった気がする。
高校受験が近づいて、担任に「お前は勉強しないからここの高校受けなさい」と云われたのが不満で(というか、その進路はどう考えても自分に向いてないと思った)、どうやら自ら進んでやったらしい。そういう気はなかったけど、結果的にそうなってた気がする。
なんでそうなったのか分からない! 他の弟妹も同様、それほど勉強しろと云われてなかった気がするよ。(と本人たちも云っている)
弟に至っては、もはやおかんに洗脳された的な感じがする。おかん策士。(はっ、もしかしてワタシもか?)

ちなみに、甥っ子はもしかして駄目なんかと思っていたら、何のことはない。ちゃんと勉強できていた。なので余計、勉強せえよと思うのかも。やりっぱなしなところが一番腹立つ。歳の割に超がつくほどお子様なのも影響し、いちいちガイドが必要。(でもまだ、親じゃないから反発しないで云うこと聞くのだろう)

てなわけで、勉強しろと云わずに、勉強させる、うちのオカンの技を私も会得したいと思うのだけれど、あの人何も考えてないから、訊いてもきっと分からない。二人して、どうしたらうまくコントロールできるのかを模索中。うちの旦那は私よりはるかに子供(だけじゃないけど)のコントロールが得意なはず。まあ勉強しろとは云ってないけど。(もっと具体的)
でもやっぱり、おかんに技を訊いてみよう。

そんなわけで、親って大変。
って今ごろになって思ったのでした。
私には無理だっ! 三ヶ月でも長過ぎる。甥っ子をEMSで送り返せないものか。
というのは冗談だけれど、これをなんとか自力で勉強しようというふうに帰国までに持って行けないものかと思っています。
後久しぶりに、中学数学を見たら、結構忘れてて自分でもおかしかった。
その上、持ってきた問題集ってのが、よく出来ているとは思うものの、飛躍していてたまに意図が分かんねえよ、と思ったり。
最近はネットで何でも分かるので、数学もそれで自分が理解できたり。
私は過程が分からんものをまる覚えするのは好かん! ということで、公式はあんまり覚えてなかった。
甥っ子と一緒に勉強するのもまあ面白いけど、その歳なら一人でやるもんだよ。とも思うのだ。

あ、でも甥っ子かわいい。

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。