From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Retinal detachment!!!

先日、一ヶ月着用コンタクトレンズの使用において、やらなきゃいけない一年献身を受けた。
そこで、retina の検査もしときますと云われ、検査をしたところ、さらになんだか検査を云い渡され(その検査がよく分かんないな。あんまりちゃんと聞いてなかったわ)、その検査でretina に薄いところがあるので、専門医のところに行ってくださいと云われた。あまりに薄いので、retinal detachment の恐れがあるという。そこで思い出した。retina って網膜でしたわ!

ボクサーみたい。

じゃなくって。
近視の人間には多いらしい。
念のため、専門科医のところへって、簡単に云うけど、めんどくさいよ!!!

当然ですが、医者にreferral を貰い、予約入れて、凄い待たされて、行ったらまたすごい待たされて、「あっ!」っていう暇もないぐらい簡単に診察終わって、「うわっ!」てぐらいお金を請求されるのだ。嫌だよ~

そう云えば、先日もそんなことがあった。
朝起きて、コーヒーを飲むのだが、そうするとなんだか喉のあたりが気持ち悪く、風邪でもないのに喉の奥辺りに違和感があり、一ヶ月も続くのでイヤイヤGPに行ったら、専門医のところへ行くように云われ、ENTですよ。
行ったら、喉の奥をScope で覗かれましたよ。イヤン恥ずかしい。というのは冗談で、あれは面白いでんな。先にライトとカメラが付いていて、細くて動く。気持ち悪い。というか、未来的。何も変なものはないと云われ、恐らくpostnasal drip (後鼻漏)であろうと、鼻スプレーを処方されましたが。どうやら、後鼻漏は治らないらしい。なんでなったのかも謎だが、不治の病って! でもスプレーしだしてまだマシに。
そしてドッカン、請求$200over ですよ、確か。(忘れた)

網膜は一箇所薄いところがあるだけなので、最悪、レーザーで治療するが、それもその場ですぐ出来る短い処置なので、と云うので、昼休みがてら行ったけれどこれが! 昼から4時までかかったので。結局検査で色々時間がかかり、網膜レーザーどころではなかったし。ただ色々の検査の後、結局レーザー治療はやる! らしい。よっぽどその箇所、薄いらしい。

しかし恐ろしく、頭を動かさないことが難しい。
何度も注意され、頭を押さえつけられた。椅子と顎乗せるところの高さが合わないので、肩が痛くなるし、眼から涙は出るし、何か云いたくても口は開かないし、本当に地獄!!

検査辛い。もう二度とやりたくない。

と思ったが、レーザー治療も一緒だった。
片目だけだったのがせめてもの救いだったが、本当にもう勘弁して下さい。早く終わってと心の中で叫んでいた。(というか、諦めに似た感じだった……)
もはや、口は開いたまま(自然に開く)、涙ダラダラ、肩はこんな短時間で! と驚くほど、急激に凝った。
部分麻酔的なものはしたのだが、最後のほうは段々眼に痛みが(ちょっとだけ)。
終わった後はさすがにちょっとぐったり。

一箇所と聞いたのに、どんだけやられたのか。
もしかしてついでだから気になる箇所を全部やったのか。なんせ長いことやった気がした。(痛かったら余計そう感じたのか)
難しいところにあるもんだから、とも云っていたから、それもあるのだろう。ああ……。でももうホント嫌だ。

ただ、この先生、偶然旦那の親戚筋で、治療費はファミリープライスであった。
文句云えないよ、これじゃ。(いや云わないけど)
めっちゃ気前良かったです……。

この治療後、病院でコードしている、白内障の治療のことを思い出した。
年寄りがいっぱいやっているこの治療。
私、絶対なりそうな気がするけど、治療が嫌だ!
皆、勇気あるな!
てか、眼が見えなくなることを考えれば、一瞬ぐらいのこと我慢せねばならんのでしょうね。

でもとにかく、右目の網膜は大丈夫ですように……。

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。