From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
古い家は嫌だ

家は買わないが、引越しすることになった。
以前から散々引っ越すといって、まったく引っ越す気配がなかった、義母の家に引っ越すのだ。今度こそ本気だ。引越す詐欺ではない。

旦那が義母の面倒を見るようになって早や数年。住んでる場所が近いとは云うものの、行ったり来たりで、旦那は家にいない。義母の退院数ヶ月はほんとに別居だったりもし、もはや一緒に住んでるほうが旦那のためにもラクだろう。とは思っていたが、それじゃあ職場に住んでるような感があるだろうし、(まあそこまでではなかろうが)とにかく義母の家にはガラクタが、もといモノが多すぎた。引っ越すに引っ越せない。なんでも捨てずに取っておく、という悪癖をしかも、旦那も受け継いでいたものだから、大変なことに……。

以前から、捨てればいいのに……、と私ですら思うほど、ガラクタを貯めこみ、もっと酷いことには、拾ってくる旦那。
物を捨てるのが罪だとでも思っている義母。そしてその亡き両親から受け継いだ(ガラクタではなく)品々。(そして趣味はOPショップ巡り。でも今は孫の服買いに出かけているらしい)
これらが、義母の家の物置と部屋を占領していた。
せっかく部屋はあるけれど(数えたら6部屋あったよ、おい。なんてもったいない)まともに使えない。義母はもうあまり動けないので、それ以外のリビング・ダイニング(一番広い)で暮らしている。庭に面していて一番ナイスな場所。建て増しした部分。それ以外の部屋(前述の6部屋)は寒い。夏は最高だと思うが。

その6部屋と物置と、義母の居住場所の後ろにある水場に置いてあるガラクタ。
これを片付けるのは半端ではなく大変だった。
いやー、私はほとんど見ずに捨てたらいいのに、と他人事だから思ったけれど、義母に尋ねると絶対に捨てるとは云わないし、旦那も最初は捨てない方向でチェックするものだから、片付かないことこの上なく、知ったことか! とさじを投げた。(ていうか、全然捨てる気配がないので、いい加減いらっとするのだ。これで片付くわけがない。他人から見ると見るからにゴミ! なのに。あっ、私今いいこと云った! 気がする)

こうして、引っ越すと云いながら、引っ越せない日が、年単位で続く。
この間、何度も物を捨てろと忠告するも、まったく分かってない様子。
しかし数年を経てついに旦那にも自体が分かってきたようで、どんどん物を捨て始めた。毎週毎週、ゴミ箱いっぱいのゴミ。それでも出てくるゴミ。うーん、でも決してゴミ屋敷ではない。(ゴミ屋敷は半端ないよね、ネットで見たけど)

こんな日が来ることはないと思っていた日がとうとう実現した!
一部屋(そこはタッチしない方向でいたので)を覗いて全てカラにした!
凄い。
本棚の本だけはそのままだが、あとは空っぽ。
私もちょこっと手伝ったけれど、ひたすら終わりがない作業に絶望すること数千回。(嘘)
穴の空いた服とか、空のジャムの瓶とか、片方の靴下とか、ケーキの入ってた箱とか、パイが入ってたアルミの容器とか、ものすごく古い新聞とか。全部捨ててくれてありがとう!(ああ!)

そして床のカーペット剥がし。
カーペットはやめて、廊下を全て板張り仕上げにする予定。そのためにもうすぐ業者がやってくるのだ(磨いてニスかけてとか)。
これがまた大変。
そもそもなんで、皆カーペットを敷きたがったのか。その上を土足で歩くのがまた日本人の私には理解できない。土とか隙間に入り込むし、なにか落としたら確実にシミになるし、板とカーペットの隙間でカビるし、カーペット自体が埃を排出するし。

案の定、カーペット剥がしで出たホコリと云ったら、物凄かった。
ナウシカか! と思われるようなマスクをして作業。(本当です)
カーペットを固定していた釘を抜き、ホッチキスを抜き……。
筋肉痛が……。(ずっと下向いているのでめまいもする)

はっきり云って、古い家だし、多分10年ぐらいガラクタ置き場と化していたためか、半端無く埃がすごい。窓はあんまりないし、暗いし、床が平坦じゃない気がするし。
一生住むためにやってるのじゃないので、どこまでで妥協するかが本当に難しい。(ロケーション的に買うのは無理っぽい。買いたいかどうか謎だが)
職場からも若干遠くなるし、道路がちょっとトリッキーだし。

いいことと云ったら、夏涼しいだろうな。というぐらい。まあ冬は冬でドアのある部屋に住めるので、暖かいだろう。あとそうだ。風呂(バスタブ)があったわ。いや、広いし、タダだし、メリットはあるけれど、トリッキーだなあ。

日本へ帰る前に引越しするという野望があるらしいけれど、いやーさすがに無理だと思うわ。台所別で用意しないといけないのに、そんなこと勘定に入れてないよね、きっと。もうそれより、早く日本に帰りたい! と現実逃避するのでした。そう云えば、もう七月だあ……

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

May
同感、同感。
欧米人てなぜ靴で歩く部屋をカーペットにするのか理解できません。
だから私いつも、木の床の賃貸ばかり探してました。
木は拭けるもんね!

ゴミ(いや、品物)の片付け、siorinさんの見事な文章力で、臨場感が伝わってきましたよ!!
日本に来る前に引っ越すのは大変でしょう?あと一ヶ月ですよ。
でも義理のお母様の家だからお家賃タダなのね、羨ましい。
その分、何か快適に暮らせることに使えるではないですか。
うちの夫は、ある時から、コンテナをハウスにすると言って聞きません。そういうのは庭で趣味でやって欲しい~
私は普通の家に住みたい・・。
でも”コンテナ”と言うのはうちでは禁句。口にすると大喧嘩になるので。それだけは絶対譲らず。次の引越しで買いそうな勢いです。年々頑固になる夫です・・・。
忘れてくれんかなぁ・・コンテナ。
2013/07/01(月) 17:46:21 | URL | [ 編集]
siorin
コンテナハウス、いけそうな気がしますが、なんか暑そう。シンプルですが。どのぐらいの大きさで、窓はどんだけ付けて、温度調整はどうするんだ。というところが知りたいです。なんかイメージ的に、現場の事務所みたいな気がしてしまうのですが。私はコンテナに近い部品式で組み合わせるみたいなのがシンプルで良さそうだと思うんですけど。もういっそ、meccano で家を作れたらいいのにねえ。なかなかいいアイデア。ですが高そう。建て増しもすぐできそうですが。うーん。本当にコンテナなんですか。コンテナ的箱組み合わせではなく?
そう云えば、デクスターが一時期コンテナ借りてそこに殺人キット等を保管してましたが。窓がないのはやっぱりな~。どうしてもそこが気になります。なんかキャンプ的生活っぽいし。まあウチずっとそうなんですけど……。もうすぐまともに一歩近づくのかしら。

2013/07/02(火) 01:13:47 | URL | [ 編集]
siorin
http://design-milk.com/12-homes-made-from-shipping-containers/

悪くない感じじゃないですか? ダメですか。
2013/07/02(火) 01:16:59 | URL | [ 編集]
May
そうそう、そういうのです。コンテナ的箱ではなく、コンテナを使うと言っています。アドバンテージはっ?!と聞くと”移動出来ること、継ぎ足せること”だそうで・・。
”見た目コンテナって分からないくらい外も板貼って綺麗にするから”って。
いや、私見た目までは期待していませんが、やはり一番の心配はsiorinさんのおっしゃるように機能性。暑そう!
もちろん窓は開けるのですが、それでもなお、わたし的には、木の家の方が呼吸しそうというイメージです。
二つめの問題は、夫の性格。
最後までやり遂げるとは思えない(笑)
そして作りかけのコンテナハウスはアグリーなまま放置されるに違いないのだ・・・。
2013/07/02(火) 08:23:13 | URL | [ 編集]
siorin
作りかけは嫌ですね。サイトのやつだとなかなか良さそうみ見えますが。
知り合いが継ぎ足せるユニット的家の販売? をやってたような。悪くなさそうでしたが。どうでしょう、中をとってその辺で。継ぎ足せりゃいいんなら、条件満たしてるし! もちろん移動もできる。でも家ってそう度々移動させるもんでもないと思うのですが。なんなら普通の家でも金さえ出せば移動できるし……。
私も木の家がいいような気がしますが、まあ新しくてきっちりしてればもう文句は云うまい……。
2013/07/03(水) 21:01:40 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。