From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
恐怖! 真夜中の物音

最初に気づいたのは、一人(旦那がコケて大怪我して、なぜか義母の家で寝泊まりしていたときのこと。あれは義母のためだったはず)で寝ているときだった。電気を消して、寝ようと思ったら、なんだかすぐ近くでガサゴソガサゴソ音がする。なんだろう? と思って電灯を付けたら音が止む。消すとまたする。うーん、気になる。と思って、わざわざ起き上がってチェックするものの、何もない。

そんなことが何度かあり(の割に気にしなさすぎな気が)、そのうち旦那が帰ってきて、そしてしばらくした後、気がついた。

パンの粉の入った袋(12.5Kg入りだぜ!)が囓られている!

そう、物音の原因は霊、ではなく、ネズミだった。

以前にもネズミに米の袋を囓られたことがあり、すぐさま床に置きっぱなしだったパンの粉の袋(パン粉と違うとちょっと違うしなあ)キッチンの作業台のほうへ移動した。
さらに旦那、ネズミの侵入経路と思われるところを塞ぎ(囓られるものはダメ。プラスチックとか、木とかはダメ。うちはブロックなので、そこらへんからなぜかブロックを調達してきてそれで塞いでた)、さらにネズミの罠(あのパチンと行くやつね)と毒を設置。これで撃退できると(旦那は)信じていた。

そういえば、以前のネズミ騒動ではいきなりその罠にネズミがかかっていたらしい(私は覚えてないんだが。仕事中で見てなかったのかもしれん)。毒は開ける前から囓られていた。(私もその経験が日本である)
しかしネズミは学習した!(レベルが1上がった)毒を食わない。そして罠にもかからない。どころか、どこからか侵入し、夜中にさらに大胆な音を立てた。数回夜中に目が覚めるほど。というか、起きてるうちから、音がしていた。

くそー、舐めやがって、ネズミの分際で!

夜中トイレに行こうとしたら、階段でネズミに出くわし、奴はチュチューと云って、階段下の壁へ逃げてったので、そこを塞いだ今、大丈夫だと思っていたのに、他にも侵入経路があるのだ。それは一体どこなのだ?

ネズミ駆除のサイトに行くと、ネズミ駆除は基本的に、侵入経路を塞ぎ、中のネズミを駆除(主に罠で殺す)、でないと、毒が回って死ぬネズミはどこでくたばるか分からず、死体を始末するのが大変らしい。おまけに毒に耐性ができたネズミなんてとんでもなく退治に困るらしい。
考えると恐ろしい。そうそう、あと、餌になるものを外に出さない。

さて話は戻って、他の侵入経路をと、壁と天井を見回っていたのだが、ある夜、私はまたしても、今度は壁を降りているネズミを目撃した。
考えたくもなかったが、やはりネズミはブロックの壁をなんの問題もなく移動できたのだった。ゲゲッ。(そのとき旦那は思い切り無視して寝ようとしてた。疲れてたのだろう、目隠しを取りもしなかった。(旦那は寝るとき、ナイトキャップ(帽子ね)と目隠しを欠かさない。朝明るくなると寝られないらしい。おじいちゃんだから(関係ないか))

この件を考慮すると、ネズミは上から入ってきてるに違いないのだが、一体どこ? そんな穴(直径2センチあれば侵入可能)どこに?
考えられるのは、エアコンのところ。
と思い、さらにくまなく見ていって、気づいた。
階段の電球が壁から押し出されていることに!

そんなところ見もしていなかったが、よく見れば、電球の裏に繋がる配線のカバー部分がご丁寧にも囓られれ、中の銅線が裸状態。
ここか!

旦那は、電球を外し、電灯のスイッチを入れた。これでネズミはショックを受けて入ってこないかもしれない。ショートするかもしれないけれど。ヒッヒッヒッ、ということらしい。それっていいのか? と思ったが、見守る私。

だがしかし! 事件はその後に起こった。思い切り、電灯の赤々とついてる、まだ10時だか11時だかに。

物音がして、私はすぐ起き上がった。(東芝のラップトップが健在な今、私は寝床でブログを打つよ。最近普通に書いてるでしょ。更新なかったのは単にラップトップがなかったせいなのか?)
そして発見した。電球の飛び出た穴から、ネズミが壁を駆け上り、鉄のビームへと到達したところを……。

そのとき旦那はバスルームにいた。(つまり階下)
私は旦那を呼んだ。ネズミは大胆不敵にその場で、私をあざ笑うかのように休憩していた。
旦那はすぐにはこなかった。しかし、旦那が階段を上がってきたとき(しかも全裸で、別にいいけど)まだネズミはそこにいた。
そして私たちは一部始終を目撃した。

大型人間(旦那)を見て、これはちょっとヤバいなと思ったのか、ネズミはいきなり鉄のビームを逆方向へ向かって走った。そして、躊躇せず、先日私が見た通り、壁を伝い降りると、物の中へ消えたのだった。(物置き過ぎてどこに行ったか見えない状態なのである。とどのつまりが……)

旦那は衝撃を隠せないようすだった。
ホントに壁を降りやがった! と目撃するまで信じてなかったようす。(私が夢でも見てると思ったのかい)
よっぽどだったのか、大家さんのところまで報告に行った。(いつも新聞借りるんで、返しに行ったついでに話しているのが聞こえた。大家さんは夜更かし派)

さて、そのネズミは一体どこへ消えたのか。
私にはすでに分かっていた。
というか、すぐそばで物音がするのに、ずっとイライラしていたので(それでも寝ていた旦那。お前ホントに繊細なのか、嘘だろう?)、どこか分かるまで延々と近くを懐中電灯で探っていたのだが、台所の作業台と壁(ではないが)の隙間にネズミが動いている姿を発見していた。
見れば、今は使われていない結構高かったバブルジェットのカラープリンタの台の後ろにラットサインが!(綺麗に云ってみたが、要は糞が落ちていただけだ)
これで全ては腑に落ちた。

旦那は、作業台裏の隙間を塞いだ。
電灯の飛び出た穴を塞いだ。
囓られそうな食べ物をすべてプラスチックの容器に入れた。(薄いと囓られる)

それから後、今のところネズミの生活音を聞いていない。
とりあえず、今のところは……。

後入られそうな穴は、エアコンの後ろにあるが、とりあえず、囓られそうな食べ物がないので、ネズミ的には旨味がないらしい。(てか穴なら、洋服ダンスとかの裏にまだありそうなので、それ使って入ってきそうというのが旦那の見方)
後はネズミに侵食されないように気を配りつつ、とっとと義母宅に引っ越す! そう、逃亡だ!

でも今の家、場所的には最高なんだが。
義母の家も、大して距離的に変わらないけど、道路状況がトリッキーなんで運転疲れる。てかめんどくさい。
旦那が隻腕なので、私が代わりにしばらく運転してたけど、もう嫌になった。
旦那の腕が使えるようになって、ヤレヤレだよわたしゃ。てかいつもありがとう、旦那。と思ったつい最近。余談だが。

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。