From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
他人の子に日本語教育

昨日、旦那は家族の仕事で遠方へ行った。というわけで、私は仕事場に行く足がない。
というわけで、その犯人(仕事の依頼者)である、旦那兄が私を送り迎えすることになった。
旦那兄はハウスハズバンドなので、子連れでやって来た。迎えに来るときも勿論、子連れでやってきた。久しぶりに甥っ子見た(気がする)。
一号とはもうちょっとイッパイ会ってた気がするが、二号とはあんまり遊べてないなあ。と日頃思っていたので、 帰りは久々に甥っ子たちと公園で遊ぶことにして、最寄りの公園に寄り道した。

日本語分からない子供に対して、相変わらず日本語を話す。故意にではない。それが普通なのだ。それってダメか。と云われても知るか! (なんて奴)
あっちの云ってることも結構分からんので、お互い様である。んが、奴らは言葉を覚える過程のまっただ中にある。前にも書いたが、 云われたことをそのままリピートする。そうやってフレーズを暗記するのだ。 私も何も考えんと云われたことをリピートすれば今より英語がうまくなるじゃろう。とは思うが、ちゃちゃっと覚えられるわけもなく今に至る。 ほっといて!

今回の日本語レッスン(いつからそうなった?)では、「なんですって!?」を連発したため、車中が、「ナンデスッテ!」 コールに沸きまくった。意味も分からず、ナンデスッテ? あちらもこちらもナンデスッテ? なんで、「なんですって?」なのかは忘れた。
恐らく子供の云ってることが分からんかったので、「なんですって?」と云ったような気はするが。

旦那は、甥っ子に日本語教えるのはいいことだ! と思っているらしく、もっと教えろと云うけれど、いや違うだろ。そこはドイツ語だろ。 だって、母方の母(やつらの婆ちゃん)はドイツ人だぜ? そこはグーテンモルゲン云わな。(なぜおはようなんだ?)
大体、ドイツ語のほうがよほど英語に近いだろ。(漢字とかないし。てか書きはせんが)

いずれにせよ、あんまり一杯云うと混乱するだろうので、一言にしておいたが、やっぱここは、もうちょっと使い道のある、「こんにちは」 とかの挨拶か、「すみません」という万能フレーズを教えたほうが良いのだろうか。ていうか子供だし。大人になったら忘れとるか。
オーストラリアは移民の国だから、バイリンガルの人は多いけど、バイリンガルになり切れなかった人もそりゃあ数多くいるだろう。 やっぱ我親が外国人とかでない限り。(それでもバイリンガルじゃない人もいっぱいいるし)
自分の親の生まれた国、ってのはどーなんかねー。なんか特別の思い入れとかあったりするのかねえ。ないのかねえ。

そんな中、叔母が日本人だからって、日本語をちょっとでもリピートしてる(面白半分だが) 甥っ子たちはもしかしたら将来日本に興味を持って、日本語を勉強するかもしれん。そしたら話し相手ができていいな。(なんじゃそりゃ)

でまあ、公園で遊んでたわけなんだが、なんとそこに日本人のお母さんがいらっしゃって、なんか知り合いになってしまった。 子供もいないのに公園デビューかしら。はっはっは!
つうても、子供がいないので、ホント滅多に行くことはないんだが、そこは散歩でも通らないことはない道なので、 もしかしたらまた会うかもしんないなあ。
甥っ子と、その人の息子ちんで、ちょこっとボールを蹴ってた。share するんだよ、と云ったら、 聞き分けのいい甥っ子二号は喧嘩もせずちゃんと二人でボールを蹴っていた。あらぬ方向へよく飛んでいたが……。
私もお陰で疲れていたのがなんとなくリフレッシュされ……、たんだけど、帰ったらやっぱり疲れてた。

そう云えば、甥っ子二号は私の名前がちゃんと云えないのだが、ちゃんと云えてた一号がそれに影響されて、云えなくなってた。 てかあれは弟の真似か? 真似せんでええ、せんでええのよ、一号。
今度そう教えて上げよう。
てか、二号に教えたほうがいいのか? ワタシノナマエ~

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

まゆみ
あああ、あの頃もっと英語を勉強していれば~~~
あの頃というのは16歳の頃。
カーペンターズの歌が好きでレコード(レコードだって!!)を聞きながら口ずさんでいた歌たちは、今でも覚えています。(意味も知らなかったのに)
が、しかし、この年になってコーラスの歌の歌詞を覚えるのに苦労しています。(書いて、読んでる)
コーラスメンバーで(日本人ね)楽譜読めないけど聞いたら覚えられるって人がいて、英語の歌詞も、見ないで聞いて覚えているもよう。
そんな話をしていて”昔は自分もそうだったのになぁ~”と思い出したわけです。
いやぁ、耳まで悪くなるなんて、いやいやいやいや、年は取りたくないです。
小さい子供はいいですね、苦労なく他の言語を覚えられて・・・羨ましい~~
2012/05/31(木) 21:08:42 | URL | [ 編集]
siorin
聞いて覚えるのですか。きっと今でも出来ますよ! でも多分、ちゃんとしてないのが気持ち悪いのでは?
なんか私だったらそんな気がする。聞こえたとおりに云えばいいのに、なんか読むのが癖になっていて活字を見ないと落ち着けないような。確認したら聞こえてない音もありますし。それがわかってるから多分気持ち悪い。
あ、私もカーペンターズ好きです。いいすね~。
あと私なんてもう英語の歌を覚える気にもなりません。せいぜいBanana's in Pajamasa ですな! はっはっは;
2012/05/31(木) 21:41:50 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。