From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
幽霊の正体見たり

先日、ネットサーフィンをしていて、ふと「霊感が強くて困ってる」とかなんとか云う記事を見た。
マジで?
と思い、なぜかしら急に霊関係の記事をちょっと見てしまった。
私は別に興味ないのだが、弟は凄く好きで、夏になると怖い話(特に、稲川淳二?)の番組などを見ている(らしい)。そして、寝る。グースカ寝る。
旦那はそのとき怖い動画(と心霊写真)を見せられて、フェイクだ! と云っては、ちょっと怖がっていた。
そーいや、あのとき怖い動画や写真は殆ど見尽くしたような……。

そんなこんなで、夜中に一人、怖い動画を見るも、チラッとも怖いとか思えない。
まあ、昔から全然怖がりではなかったから、いい歳して怖がりになるわけもない。てか、とりあえず霊は怖くない。(テロリストや殺人鬼や、ヤクザは怖い)てかそんなもん……(以下略)。

しかし、なんとなく怖い話が面白いのは分かる。ついつい聞きたくなる。面白い話に限るが(あり?)。
しかし、霊感が強くて困るって、どんなんかしら。あちこちで霊が見えるという。それは凄いが、しかし。(としかし多用)
大丈夫か?

そういう人は周りにおらんので分からない。
弟に聞いたところ、知り合いの知り合いに見える人がいる、と聞き、内心、大丈夫か? と思ったらしい。しかし、青山繁晴が幽霊見たと云ったら、ついホントかな? と思ってしまったらしい。ごめん、私も思った。(爆)

自分も金縛りには一時期アホほどなったことがある。あれは半分寝てて、半分起きてる状態らしい。
見事に体が動かなく、変な音が頭に鳴り響いたり、人が枕元あたりでざわざわ歩いてる気配がしたり。
気持ちのいいもんではない。というか、あからさまに気持ち悪いんじゃ!

その昔、一人で家で本を読んでいたら、誰かが静かに階段を上がってくる音が聞こえたので、バッとドアを開けてみてみたら、誰もいなかったとか。(本当に)小さいころに、夜中にトイレに起きたら、目の前に動物がズラーッと出たり消えたりしたとか。(寝ぼけとったのか。後からなんかでそういう現象があると読んだことがある)

まあそんなことはあったが、霊と関係しているとは思えない。不思議ではあるが。(あと怖くはなかった)

などと自分のことを思い出してたら、ついでに以前書いたエイリアンの話も思い出した。ここ
あの本には金縛りとか、宇宙人遭遇体験なども説明されていた。エイリアンが幽霊でも似たようなもんだった。
あと、京極夏彦の小説にもそんなのの説明があったよなあ。集団で見る幻想とか。

とりあえず、ひとつの説明(それが全てではない)として、誰かが、脳になんかができた(もはや覚えてない。血栓かなんか)というのがあって、旦那の云ってたことを思い出した。

どこぞの村で、ある人物が村人を銃殺して回ったとかいう事件で、確か本人は死んだけど、日記かなんかが残してあって、そこに「人を殺さなくてはいけない衝動」に突然駆られたとかで、自分の脳を調べて欲しいと書いてあったとか。
調べてみると、脳腫瘍があったとか。

脳に腫瘍とかできると、それが他の部分を圧迫して、影響を与えるらしいわ。ならば、脳の血管が詰まって、見えるはずのないものが見えてもおかしくないわなあ。そしてちょっと前の記事でこんなのも。 (ていうか、最初らばQで見つけたので、日本語はココ
脳卒中になった後、それまでストレートのスポーツマンだった男が、ゲイになって仕事も美容師に変わったという……。
だから霊が見えるようだったら、(宇宙人でも)一回脳を検査したほうがいいんではないかと、マジで心配にあった。もしかしたら命が危ないじゃないですか? 脳の病気とか怖い。命に関わる。

あともうひとつ、幽霊が見えるという人の説明で面白かったのは、詐欺師。
まあ、絶対あるわ。
なんだけど、自分もなんだかんだ云って、いたら面白そうだとか、思ってもいるのだった。

PS

こんな記事もありました。http://abcnews.go.com/International/story?id=83252&page=1#.T2grmdWvOjI

スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

まゆみ
私はすごい怖がりです。(今回の題名見ただけでクリックしたくなかったくらい。してしまったけどw)
昔の同僚で幽霊が見えるって人がいました。「ほら、ほら、いっぱい!」って・・凡人には見えないので、嘘か誠か確かめようがなかったですが。
でも、私も一回”見ちゃった”ことがあります。私だけではなく何人かが見たので、そして私が見た時にももう一人横にいたので、確かです。(思い出しただけでも怖いわ!!)幽霊っているもんだと思いますよ。なんかで成仏できない人とか・・・。
でも怖いから考えたくないです。夜道は一人で歩かないようにしようっと。怖い映画ももちろん見ません(汗)
とにかく、(多分おちょくって楽しいくらいの)すっごい怖がりです。
で、脳の障害で性別まで変わるなんて初耳でした。脳の仕組みは奥が深いのですのぅ(ダジャレじゃないよ)
2012/03/20(火) 19:31:35 | URL | [ 編集]
siorin
見たのですか! 詳しく聞きたいです!!
何人かが見たとは、グループで一人知らん人が混じっていたということですか? 個室(密室)で、ですか?(でないと、単に知らん人が一人紛れ込んでいたかもしれないし)
霊を見る人、ということで、上岡龍太郎(今は亡き、って殺すな! 引退しただけ)が司会の番組をYouTube で見たんですけど、そこで霊能者に怒ってる人が、「あるTVで、よく事故が起こる場所を(自称)霊能者が視たところ、そこで事故にあって死んだ子供が、寂しがって他人を引き込んでいる」と云ったため、その母親がその後、その場所の脇に座って見守り始めた。
というのがありました。
その母親曰く、子供がそんなことをしているとしたら、申し訳ない、ということで止めさせようと思って見守ることにしたとか、なんかそういう話でしたが、それ聞くと、霊能者の話が嘘だったら、ホント罰当たりものだと思ったものです。
(その番組は怖くないですよ)
夜道を一人で歩くのは、違う意味で危険ですからやめといたほうがいいです。キャンベラでも多分。(よくは知らないが、とってものどかですよね、あそこは)
脳の障害で性別は変わりませんが、性嗜好は変わるかも! でも、その記事には、自分でも気づかなかった性質に気づいた、とあって、誰もがストレートからゲイになってしまうわけではないみたいです。でも面白いですよねえ。脳卒中とかでググったら、そこまではなくても、性格がちょっと変わった例はあるみたいですね。 
2012/03/20(火) 21:24:11 | URL | [ 編集]
まゆみ
病院で働いてた時に、夜勤の時に数人の職員が(一緒に見たんじゃなくて、バラでね)”見た”と言うので、うっそ~、と思ってたんですがね。
ひとつの病室の窓にくっきりと人影が映るんですよ。(影なので黒いだけなんですが)だいたい深夜の同じ時間帯です。1時~3時くらい。
嫌だなぁ、と思いながら巡回してたら”いましたよ!”
ちょうど隣りにトイレに起きた患者さんがいて、”あれ、何だろうね?”って二人で。
その1時間後くらいにまた巡回した時はいなかったんです。
その窓というのは3階の病室の窓でして、みんなで”外の何かが映ってるんじゃないの~?”って言ってたんですが、朝が来て窓を開けて確認したところ、窓の外に病院より高い建物も電柱も何もなく、視界良好なんですよ。
映る可能性のあるものは何もなかったんです。
怖かった~~~
その少し前に、窓から転落して亡くなった方がいて、その人じゃないかなぁ、なんて話してました。
2012/03/20(火) 21:54:10 | URL | [ 編集]
siorin
その病室には誰もいなかったんですか? どこから見たのですか? なんか状況がちょっと分かりません。
うちのイトコも一人看護婦ですが、なんか見るって云ってましたねえ。病院にはそういうの多いですよね。
私は病院にはしょっちゅう行きますが(その地下とか)、全然何も見ませんね。まあ夜は滅多に行かないしなあ……。
今の自分だったら、確認しに行くと思いますけど。図太くなったものだ。
内側に人がいたとかじゃないんですよね??
2012/03/21(水) 19:42:51 | URL | [ 編集]
まゆみ
私の書き方が曖昧でしたね。
その病室は6人部屋で満床。患者さんはみな寝静まっていました。幽霊??は病室の中ではなくて”窓の外”で、病室の中から見えるんです。窓に人の影がはっきりと。(あ、窓はすりガラスです)
いや、怖くて開けられませんでした!ってか、その窓はスライド式ではなく、押すと下がちょっと開くだけの窓です。窓は建物の壁に直接ついてて、格子もありません。
転落事故は、この”人が落ちるハズのない窓”(下が10cmくらいしか開きませんからね)が、窓枠ごと外れ、もたれていたか何かした拍子に転落したようです。
(ってか、私これを書いてるだけで、今夜シャワーにも入れませんからーー。夜中のおトイレも勘弁してーー)
2012/03/21(水) 22:16:24 | URL | [ 編集]
siorin
なるほど。中に人はいたんですね。そして窓に人の影。なんでしょうね? やっぱ開けてみなくては分かりませんね。それとも止めておいたほうがいいのでしょうか。それもそれで怖いんですが。(はっきりしなくて)
しかし、その窓が窓枠ごと外れたのは怖い! みだりに何でももたれたらいかんということでしょうけど……。そんなご無体な。
凄く気になります。
2012/03/22(木) 20:38:05 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。