From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
地震と台風

東京滞在最後の日、徳島行きのフェリーが出るかどうか問い合わせたら、キャンセルになったと云われた。それもそのはず、 翌日は台風だと予報が出ておった。まあだから、問い合わせたんだけれども。
なんとなく予想はしていたものの、ショックであった。なぜなら、フェリーはカジュアルとスタンダードがあって、一日交代で東京を出る。 カジュアルだと2人で予約すると大体個室が取れるものと聞いていたのでそれに合わせて予約をしていたのだ。 スタンダードは大部屋に雑魚寝が基本である。(金を積めばその限りではない)おまけに、宿にも延泊しなくてはならない。出費である。(でも、 スタンダードのほうが少し船賃が安かった、はず)

幸い、宿は延泊OKで、宿から上野が近かったため、歩いて国立科学博物館へと向かった。
朝方、台風はまだ、大したことなかったのである。

そんで思い出したが、あれは上野の駅近く、なぜかおまわりさんが交通整理をしており、 赤信号に差し掛かった交差点を走っておったときであった。
おまわりさんの笛が歩くわしらに合わせて鳴った。
赤信号が近づくにつれ吹く間隔が早くなる笛。それに釣られて急がざるを得なくなる私たち。

完全におまわりさんの笛にコントロールされていた。

一種の催眠術のようであった。やらんでもいいのに、なぜか勝手に体が動いてしまうのだ! 妙に感心した一瞬だった。 (今度旦那に使いたいと思う)

さて、問題の帰り。
見事な台風が吹き荒れていた。道理でフェリーもキャンセルになるわけだ。と、納得させられる、風と雨。
田舎者の私、最初、一駅でも電車使えば、と思ったが、駅の様子を見てすぐ諦めた。ものごっつい人がいた。歩いて帰れるならば、 歩いたほうが絶対に早い。大体、乗れる感じじゃなかった。

そんなわけで台風の中を歩いた。
風が凄かったんで、傘はほとんど諦めた。壊れると困るのである。せっかく日本で買ったやつで、軽くていいのに、 一瞬で壊れるのが分かりきっている暴風と格闘したくない。そこここに、傘の死体が落ちていた。ああ、なんか久しぶりの台風だ……。

見事にずぶ濡れで宿にたどり着いた私たち。夕飯はどうするベエ、と思ったが、せっかくシャワーも浴びて落ち着いたところで、 また濡れたくないのでしばらく様子を見た。待ってたら多分落ち着くであろうと勝手に思っておったのだ。
NHKのニュースでは、やれどこそこの木が倒れただの、誰かさんが怪我しただの、帰宅難民がどうのと、繰り返し巻き返し。外では、 何やら割れる音。
ううん、台風だ。

なんて思っておったら、時間は忘れたのだが、地震情報のテロップが!

そのテロップが消えないうちに、揺れたね、7階のわしらの部屋も。

なにせ、7階なんかにいたもので、ちょっとの揺れにしばし固まった。
ひえええええ! 台風で足止め食らったから、こんな目に!

本当に揺れのほうは大したことなかったのだが、すぐには逃げられない状況が怖かった。
あかん! こんなところには住めん。田舎で2階建ての日本家屋に住んでいた私には怖すぎる。高いと揺れもデカイし。
東京人はガッツがあるぜ!

まあ、人間慣れたらあんなぐらいの揺れ、けっ! と思うのかもしれないが。実際、四国にだって地震はあるし、 あれより強い揺れを感じたこともあるけれど、どうもすぐ外に出られない状況が怖かった。

その後、実家に帰ってからも地震を経験、さらにアデレードに帰ってからさらに地震を経験。(揺れと云うか、なんか微妙だったが……)
どこにいても逃げられるもんでないと思ったことだった。
また他国で大きな地震があったそうだし……。

旦那はあいかわらず、落ち着き払っていたけれど。(いや私も別にパニクっていたわけではないけれど)

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

まゆみ
あ、また親近感が・・・・
私、香川出身なんですよ。その後愛媛に6歳ごろまで。
地震と台風、怖いですよね。
阪神大震災の時、大阪にいましたが、ものすごく揺れました、いや揺れるというんじゃなくて地響きでした。
オーストラリアは地震がないと思ってました!あるんですね・・・。どこに行ってもなにかしらありますね。
ところで、強風に壊れない傘、発明して欲しいです。強風の時はやはりカッパか・・・
2011/10/25(火) 08:26:15 | URL | [ 編集]
siorin
うどん県の出身ですか! テレビでやってました、インパクトあります。そしてみかんの国へ。ポンジュース。
私は生まれが兵庫で、育ちが徳島。そしてその後高知です。
地響きですか。私は高知にいましたが、ちょっと前に目が覚めて、そしたらグラっと来て。一瞬でしたが凄い揺れだったので、一度テレビを見たような。(大きい台風とか、地震とかがあると必ず見る習慣がついてしまった)
地響きとかだと、もうなんか、お手上げな感じがします。
こっちの地震は、なんか、家になんかがぶつかったような感じでしたね。
強風の時は、やはり合羽。もしくは諦めて濡れる。ですね。あと、ゴミ袋の口を破って頭から被る。
2011/10/25(火) 19:10:13 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。