From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
旦那帰ってくる

だいぶ前になってしまったが、別居していた旦那が実家から帰ってきた。

あー、いえ。喧嘩していたとかそういうのではなく、高齢な旦那母の手助けをするため、そして、最終的に旦那母と一緒に住む準備をするためにあやつは実家へ戻っていたのだけれど……

なんで、お前が戻ってくるんだ!

と云わずにはおれなかった。
うちらが引っ越すんじゃなかったのか。

まあ、云うても、一向に部屋は片付かず、別に用意するはずだった台所も途中で放棄。
時間がない、と云っては、他人の家の世話ばかり。
絶対、引越しなんかできるわけはないと思っていた。
その上で、一人の時間が増えて、実は結構ラッキーだ!

とか、思っていたのだけれど、まさか帰ってくるとはな。

帰ってくると云っても、別居中も毎日帰って夕飯一緒に食べていた。
朝は毎日(じゃないな。週三日しか働いてへんのに)旦那の運転で仕事に行き、帰りも迎えに来てもらっていた。
(バイクあったらそれで通勤してもいい。そっちのほうが絶対早い)
違いは夜一人で寝るぐらいだが、遅寝遅起きの私には横に起こさないように気を使わない旦那がいないというのは、全然違った。
ああすまんが、本当に自由だった。(今が自由じゃないとは全然思わないけど。あれ?)

まあ一年経ってもこのままだろうとか思っていたが、(もうすぐほんとに一年ぐらい経つかな。半年以上は経ったと思う)云ってもどうせ効果がないのでもはや黙ってる。
しかし、昨今家の値段も落ちてきたことだし、いつかは持ち家が欲しいわね。とか思い出したように云って、お金が無いことに気づく。
そうすると、実家の母と同居は、人助けだけではなく、一応家賃の節約(でかい)になるので、とっとと引越しすればいいのに、という流れになる。
私が手伝ってもいいのだが、手伝っても手伝っても何故か片付かない。謎はない。旦那オカンは捨てられない人なのだ。前からしつこく云うが、変わってない!

あれもこれも取っておくというので、一向に片付かない。勝手に捨てるわけにもいかんのでストレスがたまる。故に手伝いたくない。結果、全然片付かない。
どんだけゴミがあるのか知らんが、捨てても捨てても、捨てても捨てても、何故か一向に片付かない。ある意味凄いぜ。

そんな旦那オカンの息子の中でも、オカンに似ている旦那は、もちろん捨てられない男。
人のフリ見て我がフリ直せで、大分モノを捨てられるようになったが、まだまだ甘い。私も捨てられないほうだが、旦那が取っておこうとするものは大半捨てたらいいのにと思うぐらいだ。(ゴミをサルボから買ってくるのもやめてほしい)

ふと気づくと、旦那が帰ってきたウチの部屋は、床中新聞だらけになっていた!
あるところで、床にモノを起きだしたら終わりだと云っていたが、旦那は実家の洋室の床に服置いてたからね。土禁でもないのに。そこらへんの神経が信じられない。その服をまた着るのか? せめて椅子とかに掛けとけないものなのか。
うちは土禁で、絨毯なのだが、なんで部屋の半分以上(結構広いのに)新聞敷き詰められないといかんのジャ。(そしてもちろん服も。しかも靴と一緒に……。もはや慣れたが、パンツも落ちている。片方だけの靴下も)
とうとう新聞を転がっていたダンボールに入れていたら、段々ムカツイてきた(遅い?)
新聞片付けたら、なんやらスッキリしてしまったのだけど、(まだ片付いてはない)他のゴミを捨てに行ったら、すでにゴミ箱は新聞でいっぱいだった。一体どれだけ溜め込んでいたんだ。

旦那の野望(無謀?)では、日本へ行く前に引越し完了なのだそうで、私もそれまでに引越し準備を進めておかなくてはいけない。
ゴミ箱が空になったら、次のゴミを捨ててやる! と心に誓った今日だった。


「捨てる!」快適生活―部屋スッキリの法則 (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)
スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。