From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
The transporter のひどい字幕

旦那が誰かのお勧めで借りてきたDVDを見た。
The Transporter とか云うアクション映画らしい。よく見たら、Luc Besson とあった。
ニキータ!(あんまし覚えてないけど……見たかどうかも。見たような気がする)

トランスポーター [DVD]

B0021ZMHNA

関連商品
トランスポーター2 [DVD]
トランスポーター3 アンリミテッド [DVD]
アドレナリン [DVD]
アドレナリン2 ハイ・ボルテージ コレクターズ・エディション [DVD]
デス・レース 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD]
by G-Tools

字幕があったんで、字幕出して~と旦那に頼み、その割りに字幕あんまり読まないで見てた。
まあ、アクションものなので、最初は読むところもなかった。それに本当に面白いかどうかも分からんかったしね。そしたら、出だしがアレ (マンガみたい)で、まあ、ふふーん、て見ていたわけですが。
(ある意味おもしろい。非現実過ぎるが)

ちょろっと説明するならば、運び屋をしている主人公が、ある日自分のルールを破って、荷物の中身を見てしまい、 その荷物の中身であるヒロインのせいで大そうな事件に巻き込まれる、と云う話。

さてそのヒロインの登場なのだが、女優の名前が、Shu Qi ってあったんですが、ついでに役名はLai だったわけですが、主役 (どんなことがあっても無傷の)が名前を尋ねたら、

My name is Lai, I'm coming from Jap...

と云うようなことを云ったわけ。
というか、最後のほうは口をふさがれて、実ははっきりしなかったんだけど、字幕が"Jap..."になっていたので、 あたしゃもうてっきり日本から来たもんだと思い込み、もとい、日本から来るわけねー、と思ったわけで。大体、名前がLaiだしねえ。
その後の主人公の台詞が、聞いたことだけ答えろとか、嘘は聞きたくないとか、そんなだったから、 まあそんなことは信じてないだろうと思ったわけだが……

その後、ヒロインの親父が登場。
二人は母国語でやり取りをするんだけれど、そこの字幕が、

speaking Japanese

となっていた。
勿論、一言も分からない。分からないわ、そりゃ。
これはどう聞いても、中国語ざんしょ?

そこでふと思い至った。

これは、翻訳者が最初のヒロインの言葉を「日本から来た」と思い込んだため、辻褄合わせるために「日本語で話してる」になったのだと。

まあねえ、聞き慣れてなければ、何語喋られたって分からないわ。
私だってこっちへ来たばかりの時は、どれが韓国語で、どれが中国語か分からなかったもの。(慣れたらすぐ分かる。意味は分からん)
聞きなれてないので、多分、どれがベトナム語で、どれがインドの言葉か分からんだろう。
しかし、しかしだ……!

ネタバレになるけど、ヒロインは密入国してくる何百人もの人間を救いたいらしい。
親父がそれに一枚噛んでいるわけだが(この親父、絶対整形していると思うわ! 不自然だもの、顔が!)なんでか知らんが(ごめん、 理由は覚えてない。説明されていたかしら?)、救わないといけないらしい。

そこへ行くまで、もうアクション、アクション!
アクションシーンはとても楽しい。マンガみたいで(全編、アクションでしたが)

そしてラストでその密入国してくる人々がコンテナから助け出されるわけだが、そこでまたヒロインが、コンテナに隠れてた人々に向かって……

speaking Japanese

おいおい!!

いい加減気づけばいいのに。
どこの日本から、ヨーロッパ(フランスか)に何百人も密入国してこなくちゃいかんわけ? それはどう考えても私が住んでた日本じゃないよね!?
ていうか、本気で気づけよ、翻訳者!!

こうして助けられた人たちはこれからどうなるのか。
強制送還? それとも無事にビザを貰ってそこに住めるのかね?
なんだかとっても不思議な話だ。

なんと云っても、変な字幕のせいで最後は大笑い。
ありえねー、と思ってしまった。
その後、旦那が問題の「日本から来た」シーンをチェックして、これは国名を云う前に口をふさがれているので、 それを翻訳者が勝手に日本と解釈して字幕をつけたのだ、という結論に至った。
まあ、字幕さえなければ、全く話の辻褄が合う。
多分、視聴者も話の流れから(言葉の感じからではなくても)日本から人間が大量に違法入国してきたとは思わないはずだ。(多分な!)

それさえなければ、アクションがおもしろい映画ですんだのだが。
やっぱり字幕じゃなくて、自分で分かるようにならないといけない?
つうか分かるところは字幕なんて見なくても分かるけど(いや、そんなこともないか)、分からないところは、 早口=文が長すぎて字幕も読めないので結局分からない、ことがある。(自爆だ)
止めればいいんだけど、画面。

ところでこのトランスポーター、調べてみたら3とかあって、結構人気なのかな?
ライブ版漫画、みたいだったけど。(と云いつつ、別に嫌いでもない)

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

taki
この映画10年くらい前にDVDで観ました。
字幕は自分も気がつきましたよ。
まぁ10歩譲ってこのヒロインが日本人だとしても何故に中国からの難民を命がけで助けなきゃならないの?と不思議に思いました。
また全てを日本人で無理矢理通すとしても...日本人の難民って聞いた事ねぇーよと突っ込めます。
監督のリックベンソンは日本大好きなはずだし、DVDの翻訳作業チームの中に嫌日の韓国/中国系でも混ざってたんか...なんて勘ぐって観てました。

ちなみにシリーズは3まで 有りまして2は全く記憶にないんですが3は割と面白かったです。

2011/02/23(水) 16:42:41 | URL | [ 編集]
プリシラ
翻訳の人はスクリプトを見ながら字幕をつけてるハズ!
なので、やはりフランス語でジャポンって言ってるのでは。
日本好きだから、なんでも日本に結び付けたいだけだったりして…いい迷惑ですが。
2011/02/23(水) 19:22:36 | URL | [ 編集]
siorin
この字幕って、DVD買ったらもれなく同じのがやっぱり付いてくるのでしょうかねえ? だとしたら世界のどこでもこの字幕を楽しめる(?)わけですが。
翻訳者が中国語分かってたら、全部訳せるわけだから、とりあえず何云ってたのか知りたい気もします。全部、日本語話す、で省かれてたから。
アクションは面白かったですねえ。3はこれよりもちっとマシなストーリーなのでしょうか。って、2も見ずに3はないか。
2011/02/23(水) 21:02:11 | URL | [ 編集]
siorin
そうなのでしょうか?
ただ、聞くだけで字幕つけるのもどこかで聞いたような気がするんですが。
あと、これ、旦那によると、口ふさがれるときに、JではなくChだったと云うのです。ホンマかどうか知らんけど。(だってもうこうなると思い込み)
あっ、そうか。きっとフランス語も入ってるからそれ見てみようか。ちなみに私、イタリアだと勝手に思い込んでました。フランス知らんし。
(と思ったら、すでにDVD返却してました)
ウィキにはチャイニーズって出てましたが、アレは別に公式じゃないからなあ。
2011/02/23(水) 21:07:29 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。