From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

私は日本語から離れすぎましたか

仕事中のことである。

耳が暇なので、ドラマCDを聴いておった。
月曜日はパラダイスだ。
いや~、なんつうの? 他の部屋では大体ラジオがついてるんだけど、ファイリング室にはなくってね。以前、 他の奴が携帯プレーヤーで音楽聴いてるの見てたし、一人のときは持参のプレーヤーで好きなもんを聴いているのだ。
で、ドラマCDである。

家で聴くときは、気を抜いて、何が何か分からんあいだに終わってたりするのだが、(筋はあんまりないから、 真面目に聞かなくても大体分かる、って……、どんなの聴いてるんだ? という質問には答えられません)仕事場では内容が良く分かる。
というか、これで声優さん覚えたわ。

色々聴くよ……。
ポッドキャストも聴くけど、ドラマCDは一番向いてる。音楽は長いこと聴いてると飽きるし。

最近は突込みを入れるようになった。
部屋には私一人だけだし、日本語で突っ込むのだが……

ここのところ、二回ほど聴いていて引っかかったことがあった。

ある台詞で、(シリアスな場面である)

「ワンキョクな表現で分かりにくいなら……」

確か、前にも聞いているはずだが、全然覚えがなかったところから、多分まともに聴いてなかったのだろうと思うのだが、 さすがにこのときは普通に耳を傾けていたから分かった。(あーでも、私は雑だから……)

これはもしかして、ワンキョクではなく、エンキョク??

婉曲

頭の中には漢字がそのまま浮かんできたわ。
確かにワンキョクと読みたくなる気持ちは分かる。なんか必須漢字のテストに必ず出てくる感じだもの。(でもだから覚えていてもいいような)
話の前後からいっても婉曲である。絶対、湾曲ではない。絶対違う。

それに気づくと、もう後の話がどれだけシリアスでもちょっと笑えて……(ついでに、 かっこいいキャラがかっこよく喋っていることが多いので、さらに笑える)
誰も気づかなかったのだろうか。
製作中、いろんな人が聴いていたはずなのに、たったの一人も気づかなかったのか。
悲しいぐらい、ちょっとバカなミスだ。
その一言で、CD丸々台無しだわな。(長かったのに)
いやおもろかった。

もう一つは、どシリアス(?)なはずのドラマで、日本語ではなく英語。

「欧州と東京のコンフュージョンか」

これは普通に聴いていたので、一発で、あれっ??? と思った。
私のほうが混乱したわ。

前の台詞は、欧州の建物の雰囲気が気に入っているけど、東京(に建てるので)らしいテイストも欲しい。というものだった。
これまた、かっこよく喋っているのに、湾曲まではいかなくても、残念な仕上がりだ。
英語だから周り気づかなくてもまあ、仕方ないことなのか?
confusion(混乱) じゃなくて、fusion(融合) だよね?

かくいう私も、英語に関してはたまに自分で単語を創造したりするんで云えねえ!
似たような単語で違う意味っていうのもあるもんね。

以前、引っかかったのは、真逆。

これでマギャクと読むらしいのさ。
まさか!
……まさかというのも、真逆(まさか)と読ませていた小説があったが、(恐らく昔の探偵小説あたりの気がするが)、真逆(まぎゃく)て、 それまで聞いたことなかった。

おかしいなあ、とは思うものの、しばらーく、適当な表現が思いつかず、気持ちの悪い思いをしていたが、漸く、「正反対」 という言葉に思い至った。
(時間がかかったことがちょっと引っかかる)

そうだ、どう考えても「正反対」だよね。
意味分かるけど、真逆っては云わない。少なくともそれまで聞いたことがなかった。
違和感あるなあ。

と思っていたら、どうやらやはり真逆(まぎゃく)って言葉はないらしい。
調べてみたら、2006年に流行語大賞にノミネートされたらしいぜ! 全然知らなかったわよ。
2006年て、そういや日本にもう居なかったかな?? 今、2011年だけど。今頃ですかね。
でもなんか変だ、なんか変だ、なんか変だ! 真逆と云う言葉。

そう云えば、自分では全く覚えてないのだけれど、私は英語で寝言を云っていたそうな。
英語の夢をいつか見られるかなと思っていたが、知らないあいだに見ていたらしい。
どうせ、夢の中でもしょぼーい英語を使っているに違いないが。
(一体どんな夢を見ていたんだか)

こうして嫌でも変化していく日本語にだんだん違和感を感じていくのだろうか。
分からないギャグとかも出てくるしね。
だからと云っても、英語のほうが分かってくるかと云うと、コレが全然でさあ。
どっちも中途半端になっていくとは、こういうところからもあるのかもねえ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

EveJohnnyママ
が気に障るってことは、よくありますねえ。もっと勉強しろっ!!とか偉そうに思ってしまう(笑)(ちなみに、fusionとconfusionですが、混ざるって意味ではいっしょだけど、悪い状態になるときはConがつくんですねー。と気づいて感心した。)
でも私は仕事で、日本語のビジネスレターを出すとき、変な日本語書いてるかも・・思わずにはいられないのです。
2011/02/20(日) 12:02:42 | URL | [ 編集]
siorin
EveJohnnyママさん。
con って、イタリア語でwith って意味だから、私はcon って頭につくと、”一緒”なのかと思ってしまう。
でもfuse も一緒って意味だから、一緒一緒ですね、そうすっと。
日本語のビジネスレターはまた違う意味で気を使いますね。敬語……なんか変に回りくどくなりそう。(あんまり書いたことない)
2011/02/20(日) 21:42:22 | URL | [ 編集]
プリシラ
私も本当に漢字がかけなくなってしまって、悲しいです。
敬語は使う機会はあるにはあるのですが、果たしてそれが正しいのかどうかもわからず。これでも秘書検定とか取ったんだけどなぁ…。

日本語も英語もテキトーなノンリンガルになりつつあります。悲しい。
2011/02/22(火) 10:37:25 | URL | [ 編集]
siorin
漢字は書けませんねえ、多分。使ってないから。
書いてるときに多分つまると思うんです。で、違和感……
全然書きませんもん。まあ、日本でもある程度そうですが(手紙じゃなくメールだし)
敬語は使う機会ないですし、私の場合。
英語は云うまでもないです。まあ、努力もしてませんけど(諦め)
2011/02/23(水) 12:18:03 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット