From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ありがとうのサイン
運転していると、よくトラックが前をのろのろ走っていて、先へ進めないって
ことがある。

けどオーストラリアの高速を走るトラックは、デカくて、速い。

オーストラリアでは、高速では遅い車は左側車線、追い抜くときは右を使う。
これは日本でも同じだ。
だが追い抜くのはトラックのほうだったりする。

道がまっすぐだから運転しやすいのは分かるけど、トラックを追い越すことは
あれど、道を譲るなんて思いもしなかった。
追い越したいとも思わないけれども。

トラックと云うか、あれはトレーラーだな。
とても長いので、慣れない車での追い越しは危ない。

私たちは反対方向からくる車に、手を上げてあいさつをしていたのだが、
(でも都市近辺ではしなかったなあ)トレーラーの運ちゃんはクールな人が
多くてあんまりお返しがなかった。
だが、道を譲るとよくありがとうサインを送ってくれた。
方向指示器を左右に二回ほど点滅させるのだ。

高速とはいえ、対向一車線ずつ、道路の端は砂利だったりするので、タマに
石がフロントガラスに激突したりする。
だからトレーラーがやってくると、左によって少しスピードをゆるめる。
まっすぐな道でも少しだけテクニックが必要なのだ。
trailer

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。