From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
TAFEの教室は
教室の中は飲食禁止である。
教室の中と云うより、カーペットが敷いてあるところは基本的に汚れると
めんどうなので飲食禁止みたいだった。
ならばなぜ、土足で絶対汚れるところにそんないいカーペットを敷くのか?

靴を脱げよ靴を。

と日本人的感覚を押し付けても仕方ないが、よく裸足で道路を歩いている
オーストラリア人を見るので、反対じゃっ! といつも心の中で叫んでいた。

さてある日、『アデレードせまっ!』
http://adelaide.blog36.fc2.com/blog-entry-13.html
でも書いた私たちの先生Aが突然、ドアを閉めろと云った。
誰の誕生日かはさっぱり忘れたが、ウチのクラスの誰かの誕生日で、A先生
(ちなみに先生でも名前だけで呼ぶので、ホントはただのAなんだけど)は
その子のために朝早くから起きて、ケーキを焼いてきたのだった。

教室は飲食禁止だけど、今日は特別よ。
次の誰かの誕生日のときも月に一回はこういうことをしましょう。

と云って、おいしくそのチョコケーキをいただいた。
のだが……、

二度とそんなことはなかった。

ま、そのぐらいが気楽でよろしい、と私は思う。
(自分もそんなふうなんで)

さて、ある授業中、オーストラリアに来て驚いたことについて
話していたときのこと……
(続く)
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。