From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
なんだよ。ホームベーカリーでふわふわのパンってこんな簡単だったのか。

ホームベーカリーで焼いたパンがイマイチ固い。

その問題は一応解決した。……かのように見えたが、なんかまたちょっと固めになってきた。

なんで? どちて?

原因が良く分からない。結構適当に作っているからしかたない。
まあ、前のように、折ったら割れるほど固くないが。
大成功に比べると、不満。

もしかしたら、イーストの発酵具合が悪いのか。
とか思って、水の温度を上げてみたり、最初にイーストと水を混ぜて発酵し始めたのを見届けてから投入したりとかしていたのだが、 どーもなんかいかん。
いや、別にいいったらいいような気もするが、気に入らん。
(付属のレシピで作ってたときに比べると天と地の差)

そんな中、料理に目覚めた(と勝手に決めた)弟とスカイプで電子レンジの料理本を探して、二人別々のパソコンでアマゾンを見ていたときに、 ふとホームベーカリーの本が目に止まった。

それがなんとまあ、かなり評価が良く、それだけでなく評価数も多かった。
こりゃいいわ。コレ買ってみようかしらん。

そもそもなぜそこに目をつけなかったのか?
日本でホームベーカリーの本、見ていたじゃないか。
でもどれがいいのか全然分からなかったんだよねえ。
置いてある本の数も限られているし。
やはり、これがいいよ、と実際使用した人が薦めているものが確実である。
(小説、映画などに関してはたまに怪しい)

と思って注文した。
なんせウチの母が、日本から荷物を送ってあげるよ、と云ってくれたので、この機会に欲しいものを頼んでおかないと!
次はいつやら分からないからね。
シドニーみたいに紀伊国屋があるわけでもない。(あっても高くてイマイチ買うのに勇気がいるわ)
で楽しみに待つわ。

なんてよくよく見たら、中身を見ることができたのね。
注文はしたけど(多分、もう実家には着いた)、本の中身を見てみたら、基本のパンの配合を書いてあったので、待ちきれずにその配合で焼いてみた。

すると、な、なんと!

なんのことはない。
超ふわふわの食パンができた。
感動だった。
なにこれ?
何がどうなっているの?
材料、一緒やっちゅうねん。(ついでにコースも一緒。ええ、配合が違うけど)

この世の不思議である。
つうか、世の中に不思議なことなどないのだよ。
見事な科学実験が台所、じゃない、ホームベーカリーの中で起こっているのだよ。

いやしかし、本当にふわふわだった!

常々、料理のコツだの、ケーキのコツだのをレシピで見るにつけ、それより理由を教えてくれたほうが覚えやすくていいと思っている私。
どうしても知りたいのが、このパン作りの秘密。
パンは捏ねなくても作れたり、粉が良けりゃあいいってもんでもなかったり、粉のグルテンが多けりゃそれでいいわけでもないらしい。
料理の本じゃなく、化学の本をつい探してしまう。
(なかなかない。もしくは高くて買うのをためらってしまうことが多い。この前も旅先でなかなか良さそうな本を見つけたが (確か化学者の書いた本ではなかったか。でもBaking の本だった)そりゃもうすっごく高いうえに重かったので買わなかった。重いのは辛い。 きっと飛行機で困る)

というわけで、ふわふわのパンが作りたければ、きっとこの本を参考にすればよいと思う。
オーストラリアの激安ホームベーカリー、Ronson でもしっかりできたから。
(一斤半で、whole meal rapid )

ホームベーカリーBook―おうちで焼きたてパン (マイライフシリーズ 694 特集版)

多分気に入ると思うので、そのときは敬意を表して、本を買ってあげてください。
って、私が云うことじゃないが。

ちなみにあまりにも感動したので、その日二つもパンを焼いた。
そして母にも、試しに作ってみるようにと電話した。

後は本が届いたら、また別のパンを作ってみたいぞ!
毎日食べるものだから~(旦那がだけど)

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

プリシラ
もうすっかり置物と化してます。
飽きっぽいAが放置してるのと
奴はふつーの小麦粉しか買ってこないので
出来上がったパンはなんだかおいしくないため
当然私は焼かない。
普通の粉のほうが好きなんだそうですが
イースト使ってもマズイんですよ…。

というわけで置物となってるのですが
そうか日本の本で探してみればいいのですね。
目から鱗~。
2010/03/09(火) 17:51:46 | URL | [ 編集]
tripleD
薄力粉、とか強力粉って記載されてますよね。
オーストラリアの粉は中力粉ってどこかで見たんですけど
その辺はどうなんでしょうか?
強力粉はスーパーで見つけたけど。
2010/03/10(水) 12:03:44 | URL | [ 編集]
siorin
プリシラさん。
普通の粉でもパンは作れるけど、やっぱグルテンの量が違うので膨らみ悪いですかね。
しかし、ネット見てたら、日本でもそうだけど、海外でも付属のレシピ通りのパンはあんまり柔らかくないみたい。
そもそも3カップの粉、とかアバウト過ぎる! 私もアバウトだけどアバウトにもほどがある。
この本だかどうだか忘れましたが(第二弾もあったので)、目次に薄力粉で作るパンみたいなのもありました。
ちなみに私はバターは使えないので、マーガリン、二度目からはマーガリンも切れたのでオイルで焼いてますが、ふわふわです。
いいですよ! お勧め。
2010/03/10(水) 13:41:11 | URL | [ 編集]
siorin
tripleDさん。

オーストラリアのplain flour は、なんか知らんけど、all purpose flour(アメリカ呼び) と云って、何でも使えるようです。と云っても、強力粉みたいなのは売っていて、bread flour とか、strong flour としてスーパーに出回ってるみたい。
薄力粉はないみたいですが、アデレードでは一軒見かけました。コレ、前どなたかにコメントもらったとき見たことないって答えたけど、盲点でした。little Tokyo って日本のスーパーのあったんですねえ。しかも超とか付いていた気が。超薄力粉ですよ。
英語ではcake flour だったはず。(Tafe のキッチンで見たのが最初で最後。どこかに売ってるってことですねえ)
私はプレーンフラワーでパン作ったことあるし(食感が違った)、ピザもプレーンフラワー使ってたけど、一応付属のレシピではbread flour だから強力粉使ってます。
(一回で12キロ入りとか買っていたりして)
薄力粉の場合は、何も考えずにプレーンフラワーですね(というか、self-raisingですが)。
うどんは中力粉、ってあったけど、プレーンフラワーでばっちりでした。
用はなんにでも使えるんですかね、やっぱり。
捏ねないパン(ハードなパン)は、プレーンフラワーです。準強力粉って書いてあったんで。
2010/03/10(水) 14:10:14 | URL | [ 編集]
みっちーM
ホームベーカリー、ほしいんです~!!
スロークッカーに飽きたら(笑)挑戦しようかと思ってます。
その時の秘訣は、日本のレシピを使う、ですね。

AUSに来たばっかりのころ、必死で薄力粉を探した覚えがあります。やっぱり存在しないんですねえ。。。
2010/03/10(水) 18:40:07 | URL | [ 編集]
siorin
ウチのホームベーカリー、キャッシュコンバーターから買ってきました。
箱に入った新品でしたけど、非常に安かったです。
使いそうにないかも、と心配だったら、最初はそういうのでいいかも。(私も心配だったので新品では買うまいと思ってました。結果的に新品だったけど、安かったからラッキーでした)
日本のレシピはどうか分からないけど、この本のレシピは非常に良かったですよ。

薄力粉は確実に普通には手に入りません。
しかし、日本専門のスーパーにはあるかもしれません。アデレードにありましたからね。
2010/03/10(水) 19:27:43 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。