From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
久しぶりに Ivan Milat を見てしまった

先日、某YouTube でそういえば見かけたわ、Ivan Milat。
と思い、そいつを見た。

Ivan Milat 覚えてるか~。
つい最近のことだが、誰かが数日間、このキーワードで何度もウチのブログに来てくれていた。そんなにIvan Milat に興味あるのか。 と思いつつ、自分はそれについて記事を書いていることを棚に上げて(というかさっぱり忘れとった)、猟奇なお方、と思ったのだが、 自分のほうがもっとアレ(ってナニ?)だということに今更ながら気づく。遅いか。

さて、Ivan Milat について詳しくお知りになりたい方は、ココを参照してもらうとして、 簡単に説明すると、 オーストラリアのシドニーの近くで、ヒッチハイカーを拾って、人気のない森林に連れ込み、不埒な悪行三昧の後 (イヤマジで) 殺した男である。
見つかっただけで7人だっけ?(と、某Tube の動画で云ってたはず)

相変わらず、別にIvan Milat のことを調べてたわけではなく、たどり着いてしまったのであるが、 以前一度検索したときはそんなのなかったのに、いつのまにかアップされていたらしい。元は、Crime Investigation Australia (略してCIA ではなく、どうやらCA らしい)。
いつ放送したんじゃ? 私に黙って!(とか云って、全然テレビなんてチェックしてないけど。ついでにCAは有料放送が先)

思えば、femur という単語を覚えたのは、こいつ関連の本を読んでいたとき覚えたのであった。(その後、医療英語で出てきたわ)
本を読んだときも、死臭が漂ってきそうだと思ったが、映像で見るともっとショッキング。
英語が分かり易いのと、映像なのでいちいち想像しなくても(別に残酷シーンを詳細に見せつけるわけではないけれど)色々情報が新たになって、 異常な事件であることを再確認することになった。
(詳しく書くと気分が悪くなるので、どういうことかは某Tube で、Ivan Milat でサーチしよう)
これとスノウタウンマーダーはオーストラリア犯罪史上、ダブルワースト1だわ。
(スノウタウンマーダーのほうは、自分で録画していたわ)

動いてるIvan Milat を見ると、やはり不気味な感じがする。
笑ってるよ!
どこかネジが外れてる。
再現フィルムで、銃を突きつけられてついつい奴に従ってしまった被害者(カップル)を見ると、一人であるにもかかわらず逃げ切った唯一(?) の被害者、ポールオニオンを思い出し、死闘してでも逃げたほうが良かったのに、と思った。
んでもって、銃を突きつけられても、死ぬ気で逃げたほうがいいのかも、と真剣に思う私は、旦那が生存者の再現フィルム見て、 俺もこういうときはこうしよう! と心に刻むのと似ているのだろうか。

Ivan Milat は、被害者を殺人現場に連れて行くちょっと前に、必ず車停めて、 そこでカップルにお互いの手を縛らさせているのだが、その先は高速道路がなかった。(まだできてなかった)
だから、Highway to nowhere というタイトルのドキュメント本が出ていたのだが、タイトルにインパクトがあり過ぎて、 今もIvan Milat というと、ポールオニオン(名前が強烈)とこの本のタイトルを思い出す。

この番組で新しかったのは、Ivan の兄弟が登場したところか。
Milat 家の息子は皆、銃好きで(凄い大家族)そういう犯罪と関連していそうな、と名前を挙げられていたそうだが、そうじゃない兄弟もいて、 その兄弟は、奴ならやる! と身内にも関わらず云ってのけていた。(奥さんを寝取られた、といういきさつがあったのだが、まあ、 それだけでここまで云わないだろうが)
後、Ivan の味方である兄弟も一人登場(身内だから当然といえば当然か??)。
うん、確かに、なんか違うタイプの二人であった。

被害者の親が出てきてインタビューに答えてるんだけれど、なんか、自分の子供があんな殺され方をした、っていうのは、それだけでヘビーだ。
今時、ヒッチハイクする人はいないと思うが、やっぱ危ないわ~。絶対やるなよ~。
安全と思ってもやるなよ~。
安全なんだろうかなあ?
まあ、安全と思われる場所でも、何かあるときはあるものね。
などと云ったら、どこにも行けないが。

スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

minkey
オーストラリアにいたときに見ましたよ、Crime Investigationで。あの、再現フィルムの男の顔が怖かった。。Wolf Creekみました?これ見てもオーストラリアって怖いわ。。って実感です。
2010/02/19(金) 14:58:38 | URL | [ 編集]
siorin
Wolf Creek 見ましたよ。
かなりIvan Milat 入ってますな。
再現フィルム見たら、Ivan Milat のほうがひどいな、って思っちゃった。
けど映画もかなりのもので、見て楽しいものではなかったですね。怖い。というか、酷い。
しかもラストがまた、酷い。(救いようがないという意味で)
背骨の神経のところをナイフで刺して、動けなくするというのが、今でも頭に残ってます。
あれはイヤだ。
でもあれはIvan が実際にやったことだったのね。
って、久しぶりにCAで見て、思ったことです。
絶対ム所から出してはいけないですね。
2010/02/19(金) 22:48:51 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。