From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
I'm a musician. ってか?

おなじみのチャイナタウンで、たこ焼を食べていた。

お腹が空いたので何か食べようと云っていたのだが、食べそびれたらあんまり食欲がなくなって、ちょっとだけ、というわけでたこ焼になった。

たこ焼、3個で$3.50なり。
たこ焼は日本でもそんなに安いと思わないが、こっちではやっぱり高い。
しかしなぜたこ焼なのか。
場所がいいのか、それとも場所代がタダだから(そんな実験ができるから)なのか、今のところチャイナタウンの某所ではたこ焼が売られている。
たこ焼なのに、なぜか海老が入ってるのと、チーズとハムが入っているのもある。
それはもうたこ焼じゃないから。
海老焼とか、海老玉とか云え。
いやホントは、そんなことどーでもいいが(どーでもいいんかい!)たこ焼以外にも、そんなものが売っている。

旦那は一応私にどれがいいと聞くが、最後まで質問を云わせる隙も与えず、

「たこ焼きはタコだから!」

と云い切る私。
タコ以外が入っているたこ焼なんてなんとなく許せません。
そしてソースはもちろん、たこ焼ソースだから!(なんか違うソースも選べる)

と日本語で主張していたら(旦那は多分分かっていない)、居合わせたオーストラリア人客が、「そーですねー」と日本語で同意してくれた。
ついでに、「マヨネーズはQPがいいよってお店の人に提案した」とその人が云うので、「通ですね」と云っておいた。 (通って英語でどう云うんだろうね? ホントはよく知ってるね、と云っただけ)
QPか、味の素かは、まーどっちでも。
つうかウチは安いからって、業務用マヨだがなにか?

それをチャイナタウンの赤門のそばのベンチに座って食べていたのだが、そのたこ焼が結構硬くって(タコじゃないよ)、 やっぱり本場じゃないわ、と文句つけていた。
そのときであった。

Do you speak English?

アナタハ、エイゴヲハナシマスカ?

突然私たちの前に男が一人現れた。

顔を上げて、一瞬考え込む旦那
このオーストラリアで、英語話さない人に出会う確率はさてどのぐらい?
話すと答えると、男はさらに続けた。

僕はミュージシャンなんだけれど、旅をしています。

あっ、その後なんて云ってたか丸っきり覚えてないや。
しかし、演奏するからそれでいくらかお金を欲しいとのこと。まあ、話しかけられたときからそれしかないと思ってたけどさ。

そして、取り出したのが……

小学校で習うソプラノリコーダー。

リコーダーかよ。

内心そう突っ込んだ私。
旦那はどう答えるか?
つっても、こういう場合、旦那は必ず、「僕はそういうことはしない」とはっきりきっぱり断るのを知っている。
今回もやはり、きっぱりと断ると、普通に路上に立って演奏したら、皆お金くれるよ、と云ったのだった。

痩せて、全身黒、ズボンに小さい穴、のその男は、その答えを聞くと、あっさりリコーダーをジャケットの袖に収めて、 その場を立ち去ったのであった。
かなり変わった奴だった、な~……

と思って、なにげなく後ろを振り返ったら、近くのレストランの外に座っていた客に話しかけていた。
話は聞こえないが、その客(30代ぐらいの男)はそいつに5ドル札を渡し、演奏いらないと追い払った。
好意から、かもしれないが、まあ、うざったいので手っ取り早くお金を渡してどっかへ行ってもらったというのが正解だろう。
しかし5ドルも! 気前がいいことだ。

と思って、視線を戻すと、すかさず、今度はリコーダーの音が!

思わずもう一度振り返ると、どうやら今度は、相手が演奏を頼んだらしい。
すかさず旦那に報告すると、旦那は「どんな演奏をするのか聞いてくる」と、 さりげなくそこのレストランのメニューを見るフリをして近づいて行った。

私は荷物もあるので、遠くからリコーダーマン(自称旅するミュージシャン)を見守った。
聞こえてきたのは、ぴーひょろぴーひょろ、なんだか音楽にもなっとらん音の羅列だった。
一体、どんな曲を演奏するのか?

リコーダーマンの前にいるのは、髭の、バイキーズか? と云う感じの男(つまり、サンタクロースをやくざにしたような感じ)で、 その隣りでワイルドに金髪を風になびかす怖そうな中年女性が全然興味なさそうにもう一人の男と話していた。

リコーダーマンはもう一度、先ほどのぴーひょろぴーひょろを繰り返す。
どうやら演奏は拒否されたらしい。
怖そうなそのおっさんは、リコーダーマンのてのひらになにやら押し付けていた。
どうやら小銭らしい。

すべてが終わって、旦那が戻ってきた。
その情報によると、リコーダーマンは怖そうなおっさんに、
「Waltzing Matilda やれるか?」(オーストラリアでは非常に有名)
と聞かれたらしい。
リコーダーマンは空を見上げ考え(ているふりをし)た後、
「他にリクエストは?」
と聞き返した。
「んじゃあ、advance Australia Fair は?」(オーストラリアの国歌)
とおっさん。
ちょっとした間があって、リコーダーマン(もしくは旅するミュージシャン)。

「それは演奏できません。著作権の問題があるので」

RUBBISH!

心の中で旦那はすかさず突っ込んだ。

「自作の曲をやってもいいか」と聞く、リコーダーマンの手に小銭を押し付けて、「要らない!」と云ったそのあっぱれなおっさんは、最後に、

「昼の仕事やめんほうがいいよ、mate!」

と親切なアドバイスをしたのであった。

つくづく変わった奴もいるものだ。
たまに、「バス代(もしくは、電話をかけたいので)がないので2ドルほど貸してくれないか?」っていう人がいるが (たまに本当に困っている人もいるが)、まず「英語を話すか?」というほぼ全員がYes と答えるであろう質問から入るところが悪質、もとい、 巧妙である。
(と旦那)

しかしこの話はここでは終わらなかった。

その後、駐車してある車のところまで戻る道すがら、買いもしないのにいつも立ち寄るキャッシュコンバーター(中古品屋)へ入ったところ…… 。

奴(旅するミュージシャン)がいた。

旦那は気づいてなかったが、私はすぐに気づいた。
奴はゲームソフトの硝子ケースを真剣に覗き込んでいた。
不思議である。
旅をしているのになぜ、テレビゲームのソフトを欲しがるのか?

ついには店員を呼んで、ケースを開けさせ、ゲームをさらに物色する。
隠れもせず、普通に奴を見てる私たちに気づく様子もなく、(もう忘れていたのかもしれない)気づいても別になんとも思わないのかも、 と思いながら店を出た私たち。

旅するミュージシャンは、ゲーム機だけは持ち歩いてないと生きていけないほどゲームおたくなのか。
(でも、テレビとコンセントがないとゲームはできないが)
私がさっき見た5ドルと、それ以前に稼いだ分の当日合計が、中古のゲームソフトになるんだな、と思うと、なんか複雑。

今度そんなのに会う機会があったら……、著作権切れているクラッシックの曲をリクエストしてみたい。
どうせ吹けないだろうが。

ベートーベンのピアノソナタ第8番ハ短調作品13『大ソナタ悲愴』Klaviersonate Nr. 8 c-Moll "Grande Sonate pathetique"

いや、吹ける吹けないより、大ソナタ悲愴って、原題に pathetique ってところが妙に受けたので。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

minkey
アデレードならありえそうな光景ですね。。
ほら、変な人が多いと聞くし(旦那も変)。
ゲームか。私もこれがないと生きていけない!というわけではないけど、好きです。だから、買えないのがわかってるけど、取ってみる気持ち、わかるな~、ってそのおじさんはゲームが好きかもわからないけど。
宮崎生活のブログをやっと作り始めました。
みてやってください。
http://ozandwifeinmiyazaki.blog107.fc2.com/
かってに、リンクに入れましたが、いいでしょうか・・・。って、聞いてからいれろって。
2010/01/29(金) 14:59:11 | URL | [ 編集]
siorin
完全に買う態勢だったですよ。
旅するミュージシャンってのは大嘘ですね。(すべてが)
宮崎ブログ見に行きました。
リンクありがとうございます。ウチもしときますね~
2010/01/29(金) 23:40:08 | URL | [ 編集]
suji
QPマヨがいいですよ、と提案したオーストラリア人、ひょっとしたら知人かもしれません・・。背が高くてスキンヘッドで、濃い目の顔立ちじゃありませんでしたか?
「英語を話すか?」に、思い切りの笑顔で「NO!」と言ってみたいです。反応が楽しみ~
2010/01/31(日) 20:42:29 | URL | [ 編集]
siorin
確かスキンヘッドでしたね。知り合いですか! アデレードってやっぱり狭い。
濃い目かどうかは分からないけど、口元にちょっと特徴があった気が。
旦那は、ナイン!(ドイツ語)と、私は「分かりません」と日本語で云ってやればよかった。って後から思いましたが。それが一番の撃退ですか、やっぱり。
2010/01/31(日) 23:16:57 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。