From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
うどんを喰らう。

先日、あんまり暑いので、冷たいものが食べたいなあ、と思ったときに、そうめんとうどんを思い出した。
そうめんの買い置きはなく、こっちの常温で売っているうどんはやたら切れる。
Little Tokyo に行ったら、冷凍のうどんが売っているが、イマイチ買う気にならない。
(買おうと思ったことは何度もあるが……(要するに値段?))

実家の母にうどん食べたいなあ、と云っていたら、「作れば?」と云われた。

作るのか。
作るのはいいが、苦労した挙句、作ったうどんを食べる時間はたかだか15分とか。
それはしんどいなあ。

というわけで、やっぱここは、パン焼き機で捏ねるとか、ズルをしようと思い立った。

日本では、餅つき機でパン生地を捏ねていたので(どうも本当はイカンらしいが)、パン焼き機でうどんを作ったっていいじゃないか。

ググってみたら、あったあった。
やっぱり、捏ね機能でうどんは作れるでぇ。
(今気づいたが、パスタコースってあったような)

300gの小麦粉(こっちには中力粉とかないのでプレーンフラワー)
145gの水
15g の塩

塩水を作って、小麦粉の中に流し込み、ボタンを押して、捏ねが終わるまで待つ。

以上、終了。

30分以上常温で寝かして、それを伸ばして、切って、茹でる。

うどん

なんて簡単なんだ。

ふつうにうどんだった。
腰がある。
非常に腰がある。

パンを作るよりは簡単なので、これからうどんは手打ちではないけど、ホームメイドで参りたいと思う。

小麦粉って、安くて、料理すると増えて、お得だわ?

って、なんて貧乏くさい!(というか、貧乏だ!)

うどんの詳しい作り方は、ググると出てくるのでそれを見てね。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

プリシラ
そうかーパン焼き機を使えばいいんですよね。
こねるの暑いしめんどくさいなーって思ってたので 実験していただいてホント助かります!
夏は冷やしうどんとかいいですよね。

あ でも うちのってこね機能だけっていうの あったかな…。
Aのおもちゃで買ったので ほとんど使ってないから不明なため 後ほど取説を見ることにします。
2009/11/21(土) 21:05:37 | URL | [ 編集]
siorin
プリシラさん。
捏ね機能がなかったら、パンのコネの部分だけ使って、途中で止めたらいいですよ。
時間気にしなきゃいけないけど、まあそれはしかたないです。
うどん切るのがなかなかですね~。結構細くしないと、ゆでたときぶっとくなるんですよ。
後茹で具合が微妙ですな。でもやっぱり、買うより作ったほうがいい~!
そうです、夏は冷やしうどんですね。
冬もはあったかいうどん食べて……
私ってそんなうどん好きだったっけ。
2009/11/22(日) 21:49:13 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。