From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
いじめと嫌がらせ at work

ワタクシ、もう限界です。

もう我慢できません。

と云うことで、

勇気を出して立ち上がることにしました。

 

……なんつって、それほどのことでもないのかもしれないが……

とうとう、上司のところに行った。

以前、正社員になる際に、上司が何かあったら云ってきなさいと云っていたのを覚えていたのだ。
て云うか、忘れるはずがなかった。
あの一言が私の心の支えだった。
云われたときは、そうなるかどうかなんて考えてなかったが、いざとなったら本気で云いに行こうと思ってはいた。

と云っても、先週、「ああ、もうたくさんだ!」と限界を感じたにも関わらず、そのときはまだ上司のところに行こうとは思ってなかった。
彼女=嫌な奴、の決定はしたが、実際に何かの行動に移すのはなかなか機動力がいる。
なんで週末に突然ポジティブになったのかと云うと、弟嫁さんと話したから。

彼女はソーシャルワーカーで、ドメスティックバイオレンスを専門にしているのであるが、日曜日、旦那たちがビーチでいるあいだ、 私たちは二人でカフェで座って話をしたのであった。
私はもう仕事の愚痴を話すことしか頭になかったわけでもないけど、話を振られたら話さずにはいられなかった。
彼女の仕事の話も聞いてたりしたら1(別に具体的なケースを話していたわけじゃないが)、 なんだかドメスティックバイオレンスと自分の職場での状況が重なるように感じた。

DVと云っても、別に殴ったり蹴ったりというのが主じゃないんだと。
言葉の暴力もあるわけだ。
というか、言葉の暴力のほうが多い。
外面はナイスでも、嫁には言葉の暴力(や肉体的暴力)を振るう男は多いらしい。
(女性が男性にDVというのももちろんあるらしいが圧倒的に少ない)

例えば、

「最近、お前太ったんじゃないの? もうちょっと痩せないと。一緒にいる俺の身にもなれよ」

とか云うのも言葉の暴力らしい。
確かにコレ云われたらイヤだろなあ。
もうちょっと痩せろまではいいが(不健康だし)、最後の一言は気に入らん。

こうした言葉の暴力が長い夫婦生活の間に蓄積してきて離婚に至るのだと。
云われたほうは、自信を失い、精神的にダメージを食らう。
暴力に萎縮する。

私の場合も、似たようなモノで、平気だとは思っていても知らず知らずのうちにダメージが蓄積している。
先日、私が泣いたのは、鬱陶しい電話を受けていて、相手の云ってることは分かっていたが、その答えが分からなくて困っていたところ、 彼女がその電話を変わりに受けて、電話の相手に云った、

「彼女(私)は分かってないから」

だった。
心の中で、私は分かってる! と思った。
いや~、ホントに、きっと当事者でないと分からないでしょうが、悔しかった。
もう切れそうになったけど、涙のほうが出てきて、慌ててトイレに立ったけど、涙がおさまって席に戻って思い出したらまた泣けてきた。
ものすごく悔しかった。というか今も悔しい。

そのダメージがあったせいか、「私の英語ってやっぱりイマイチだ」と思うようになった。
仕事に行くのがイヤになる。
気が重い。
それが広がって、もうオーストラリアなんてイヤだなあ。日本だったら、ワケ分からなくてもどうにかできるのに、と思う。

どうやら私は、「ごめんなさい、分かりません」と云うことに抵抗があるらしい。
多分、例の鬱陶しい電話、日本で受けていたなら、「それはこちらでは分かりかねる」とか云って済ませていたかも。
でもそれがここでは云い難い。

後、何か聞くのも大変。
聞いても「(あんたの云っていることが)分からない」とか云われたりするし(聞く気はないと思うが)、なにかあると怒るし、たまに怒鳴るし。

これをずっと我慢していたら、そのうちホントにここにいるのがイヤになり、旦那とはサヨナラすることになってしまうかもしれない。
それを考えたら、この件はここでかたをつけないといけないと思ったのだった。

そんなわけで、今日上司に話してきた。

すっきりした。

というか、ここがスタートポイントなのだが。

明日か明後日、上司はこのことを本人に話すだろう。
これでなんの変化もなければ、事はさらに大きくなり、CEO のところまでいくらしい。
という手続きらしい。(トイレで読んだ。だからトイレに貼ってあるんだって。いじめと嫌がらせに関する紙が)

弟嫁さんも上司も云ってくれた。
私は何も悪くない。(当たり前だ!)
そんな我慢を職場で強いられる必要はない。

私もここまできたら、なんかもうちょっと開き直ってきたので、相手があの短気をやめるか、職場を辞めるまで戦うで!

って、攻撃的にならんでもいいのだが。

ちなみに、上司も彼女のことをよーく知っているので、私の言い分もよく分かってくれたみたいだった。

さて、次仕事場はどうなっているのだろう。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

某J
俺も同じような経験があるけど(イジメ、嫌がらせではなくただの喧嘩だが)上司が「アンタは何も悪くない」と言ったのならば。
この勝負、もうsiorinの勝ち。
がんばれ。
2009/11/16(月) 19:19:28 | URL | [ 編集]
プリシラ
とうとう言ったのですね~。
上司の方や周りの方がサポート体制にあってうらやましい限りです。
うまくいく方向になるよう祈ってます。
てか その状態なら大丈夫だと思いますよ(安請け合いじゃなければいいのですが…)。
2009/11/16(月) 19:33:00 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/16(月) 21:44:51 | | [ 編集]
EveJohnnyママ
私も沢山ありますよ、同じようなこと。こっちの人って言葉の暴力が多いと思います。自信満々に育てられてるんでしょうね。いいようにとると、リーダーシップがあるとか、説得力があるとか、になりますが、その分弱い者いじめが多い。そんな態度とっても、仕事上のメリットないと思うのに。
でもこんな人は、他の人にも同じ態度なので、皆きっとわかってますよ。そんな人は認められて上に上げれないと思います。オーストラリアの会社で認められたマネージャクラスの人って、皆やさしくて思いやりがありますよ。
私も同じようなことゴマンと言われてきましたが、それでも仕事を続けているのは、ちゃんとした人も多くて自分の仕事に感謝してくれる人も沢山いるということです。嫌な人とはできるだけいっしょに仕事しないように上司に調整してもらって、普通の人といっしょにやってください。うまくいくように頑張ってください!!
2009/11/16(月) 22:14:18 | URL | [ 編集]
siorin
私も大喧嘩できるぐらい根性があれば!
結構ない。
てか、上司も云っていたけれど、云い返せればいいだろうけど、そんな普段しないような行動を強いることはしないと云ってた。
いや~、家でなら平気だけど、(一回だけ義母にも怒ったことがあった)会社でそんなの日常になるほうがイヤだしなあ。(もう誰も仕事したいと思わないだろなあ、それだと)
2009/11/16(月) 22:54:04 | URL | [ 編集]
siorin
はい、云ってやりました。
本人にじゃないけど。
ホントにそういうサポートがきっちりしてて良かった。
そういうことは見過ごさない! と思い切りトイレにも貼ってあることですし(こだわるなあ)、相手も仕事は続けたいでしょうから(このご時勢)態度を変えてくれるとうれしいです。
大人ならできるはず。
私も正社員になったので、こんなところで挫けて仕事辞めたくないですから、このまま頑張ります。
って、何がどうなるのか、先のことがわからないんですけど。
上司はいい人なので、不安はないです。
後は自分ですかねえ。
嫌なときにはイヤだと云えるようにしたいですねえ。
2009/11/16(月) 22:59:51 | URL | [ 編集]
siorin
そうなんですよ。
上司も私の訴えなど抜きにしても、「彼女はちょっと怖い」と云ってました。
(いや、上司はもちろん彼女を怖がってなどないですが)
ちょうど今日も、なにやら気に入らないことがあったらしく、内部の人につっけんどんに用件を伝えた後、受話器を叩き付け、上司に事の次第を告げにいってましたので、あんな感じです、と云ったら納得してました。
電話越しでも怖いけど、私は直ですから。てかもう聞いてるだけでもイヤ。
相手は選んでますよ。
いやそうでもないかな。電話とかはかなりひどいです(機嫌悪くなると)。
周りにも一瞬攻撃して、笑いでごまかすみたいな。(ごまかせてないような気も)
どうなるんでしょうね。
上司は私がどうにかなるようなことはないと云ってくれました。(もちろんそのつもりなのだけど)
2009/11/16(月) 23:06:32 | URL | [ 編集]
satti
こんにちは。
ついに行動を移したんですね。良かったー。でもこんなに辛い目にあっているとは知りませんでした。というこでコメントこちらに送りました。
どこまで本人に伝えるかといつのタイミングで上司に相談したら良いのか?と何をするにしても悩む事と思います。
でも経験が蓄積していって段々分かってくるんだと思いますよ~~。
心配ない!大丈夫ですよ~~その勢いでいつも通り仕事して相手に負けないでくださいね!!
そういう私は嫌でアルバイト短期間で辞めてしまって今仕事探し中で不安です。そう11/14のコメントの返信でくれたように仕事があっても不安。なくても不安。たかがアルバイトされどアルバイトです。
人間関係ってみんな誰しも悩んでますよ!!特に外国で仕事するなら多少なりにもあるからSiorinさんだけじゃあないはず。
英語も相手の言っていた事は理解できたんだから出来ているんですよ。
私もsiorinさん見習って次の仕事見つかったら辞めずにがんばります。
ほんと良くやったよ~~すごいです。大きな一歩前進だ~~。
2009/11/17(火) 07:22:33 | URL | [ 編集]
ヴェズ
読んでるこっちがムカついてくるわ、このアホオンナ。
つーかね、分かる分かる。分かりませんって言うの、
けっこー抵抗ある。そんなアタイも昔はそうでした。
しかしながらその立ちはだかる目の前の壁を撃破しないと
英語を使うたびにあ~聞き取らな~とかあ~上手く喋らな~とか
余計なことが先立っちまってワケ分からずでトラウマ状態。
でもなんとゆーか、その鎧を肩から下ろすことができたら
またそれからぐぐっと伸びると思うんけどねぇ~。そこが
分かれ道じゃよ。ってそんな話はどーでもヨシだけどさー!
ワタクシがその会社に居たらばそのウンコ女に一言言ってやるべ~!
つーかね、そーゆーアホはね、「あんた怖い」つったって
全然理解できないオツムの持ち主なのでそういう場合は
「あの~何かヤなことあった?」とか「もしかして怒ってる?」
とか聞いて、そういうバカはきっと否定するから、そこは
すかさず「いや、すごく怒ってるように聞こえたから。
そうじゃないならいーんだけど。」とか。または「そんな
言い方されたこと初めてだからちょっとビックリして気になったの」
とか、
シッレ~~と言う。(ビッチ対策はオイラに聞いて)
ま、でも上司に言ったのならもうそこまで突付かんでも
良いとは思うけど・・・。sioりん、戦うのだぞ~~!!
2009/11/17(火) 09:12:18 | URL | [ 編集]
siorin
satti さん。
やったですよ、ホント。
勢いでやった感が少しありますが、もうこうなったら自棄(そんな……)です。
コレで何かあったらまた云って来なさい、と云っていたので、云うつもりです。その際、云われたらすぐ行くんだよ、と周りから云われたので、即行くつもりです。
旦那のアホは、最悪仕事辞めたらいいんだよ、とか簡単に云いやがり、ホント分かってねえなあ、ってがっくりきましたが。(今話し合いました、なんだそりゃ)

いま、相手がいつもの怒り口調で話してきたときに備えて、「そんな云い方しないでください」というのを心の中で練習してます。
使わないですむといいけどなあ。
satti さんも頑張ってくださいね。ありがとう。
2009/11/17(火) 21:03:13 | URL | [ 編集]
siorin
聞いとけばよかったねえ、職場の人間関係対策。
すぐ怒り口調になる人は日本にもいるけど、日本語の場合、私もなんかめんどくさくなって、冷静に何か(まっとうなことだよ)云って、余計相手を怒らせたことがある。
あ、日本語だとどうにかやってんな~。って。
しかし、英語だと、驚いてあっけにとられて、後になって、あれはひどいなあ、と思うだけになったりして。

分かりません、知りません、はホント、仕事したてのときと、こっちにきてから、なんとも云い辛く。
日本だったら、分かりませんとかきっと平気で云っているだろうに。(社会人経験を経て図太くなった)
でもそれに気づいたので、分からないことは分からない、聞いてないことは聞いてないと云うことに決めたよ。でないと、答えに詰まっているとき、私が理解してないと思われることがあるから。

まあ今回は、上司のところまでいってしまったので、相手がまた怒り出したら、即報告になるな。
即報告、大切らしい。
戦うよ~、平和な職場を手に入れるまで。
仕事辞めたくないしな。(通過辞めないが)

しかし、確かに「あんた怖い」って云っても相手は分からないかも。ははは
2009/11/17(火) 21:30:40 | URL | [ 編集]
プリシラ
配属変えのほうがよいかも。
Siorinさんでも その怖いおばちゃん(お姉さん?)でも どちらかが配置転換になればいいのではないでしょうか。
何か言われてそのまま仕事続けるのもお互い大変でしょうし そちらの方もすぐには態度変えられないでしょうしね。

それにしても理解のある上司でうらやましいです。
みんながみんなそうならいいのになぁ…と スクリーンの向こうでため息ついています。
2009/11/18(水) 11:03:38 | URL | [ 編集]
siorin
プリシラさん。

そうですか。ウチはやっぱり恵まれているんですかね。
トイレのドアにも貼ってあるぐらいだし。
そもそも、最初に上司に云われたところからして、何かを感じないではないのですが。
配属替え、と云っても、AP からどっかに移ったら、どっちかがまた新しく仕事覚えなおしだし、そうなると、人員入れ替えとかになるのかしらん。と考えるとそんなことしなさそうな気がします。
(私はある部署ならしてもらってもいいんだけれど)
AP忙しいからこの体制になったわけだし。
態度ねえ。直りますかねえ。
直らないでしょうねえ。気をつけるだろうけど。でも直らなきゃ、私訴えます。
我慢したら、また繰り返しだし。しかたないです。
明日ちょっと怖いなあ。
いや、考えるのはやめときます。
2009/11/18(水) 20:55:44 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。