From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

ろすとばげっじ2?

もし荷物を運ぶという計画がなければ、ウチの旦那はバックパックだけで日本へ行こうとしておったようだが、 それじゃ私の荷物を日本から持って帰れないということで、旦那にもスーツケースを持ってもらった。
実家から持ってきた旦那のスーツケースは、なんとものごっつい古いヤツで、持ち運びに便利なようにはできてなかった。でかいのはデカいが、 引きずっていくことはできない。
つまりいつも手で提げていなくてはならないタイプだった。

そんなのだったら疲れるぞ、と云ったのだが、自分が持つので大丈夫と云う。
私のは最後に使ったときに、縦と横、二つある持ち手の一つがロストバゲッジ、つまり(じゃないだろ)壊れてて、これまた不便極まりなかったが、 これまた旦那は自分が(私が持てないとき)頑張るというのでそれ以上云えなかった。
旦那は無駄が嫌いである。(スーツケースの持ち手が一個壊れたからと云って買い換えるのは無駄らしい)

さて、日本に着いたと思ったら、早速問題勃発!

私のスーツケースの生き残っていた持ち手がロストバゲッジ!
いや、無くなってはなかった。一応付いてたけれど使えない状態だった……。

あのでかいスーツケースのどこにも手で提げる部分がなくなったわけで、もはや階段なんかは抱きかかえて上がらないと (もしくは下がらないと)いけなくなったのである。
まあ、私がそんなことできるわけないので(イヤできるだろうけど)もちろんこれは旦那の役目。
しかし、旦那のスーツケースもあるわけで、これがアホほど重かった!

なんとスーツケースを使ったばっかりに、旦那は入れられるだけ自分の荷物をそのスーツケースに詰め込んでいやがったのであった!
それじゃスーツケース持ってきた意味がないだろ!
(挙句、自分のスーツケースには入りきらないから私のに入れるとか云い出す始末)

そんなわけで、宿近くの駅に辿り着いた私たち、途端に階段出現で、旦那は二回階段を往復する羽目に……

さて、二つとも持ち手が壊れてしまったスーツケース。
一体これをどうするんだ?

普通なら、というか私なら、もうこれは壊れちゃったから捨てて新しいのを買うしかない。と思うのだが、そこは旦那。

持ち手が壊れている以外は完璧。(ナニこのポジティヴシンキング?)

一旦、新しいスーツケースを買うことを納得させたのだが、どーしても買う気にならなかったらしく、自分で直すと云い出した。

新しいスーツケースを見たけれど、要するに問題は持ち手の部分であって、同じような造りの持ち手だとまた壊れる可能性大である。
けれども持ち手なんてその気になれば自分で作れるので、そっちのほうが安上がりである。

というわけで、オーストラリアへ帰国数日前、やっと重い腰を上げスーツケース修繕が始まった。

近所のDIYショップで、ロープ、ホースなんぞを買ってきて、スーツケースの持ち手が付いていた部分からその残骸を外し、 そこから家にあったロープを通して、手で持つ部分に家にあった水道管?かなにかのプラスティック管を通し、両端を硬く結んで出来上がり。
ぶっちゃけ、DIYショップで買ってきた材料は何一つ使ってません。アホか。

もとい、賢い旦那のお陰でスーツケースは無事使える状態に……
見た目はちょっとアレだけど、二万弱のお金が節約となった。文句は云えない。

そのすばらしくお洒落なスーツケースの持ち手を写真でアップしようと思ったが、 すでにしまわれちゃっているので次の機会にアップすることにします、ってホントやる気ないなあ。

スーツケースってどれぐらい壊れやすいものなのだろう?
ウチの妹もスーツケースの持ち手のところが壊れたと云っていたけれど、その後どうなったのか本人忘れていた。
ウチも、最初のとき航空会社に文句云ったろうと思って電話したけど、結局相手にしてもらえなかったんだっけ??  電話するところがまず分かりにくかったというか。

まあ、見てはないけれど修理は簡単みたい。
見栄えだけ我慢すれば。
でも、持ち手の壊れにくいデザインのを選ぶのが一番だけれどもね。

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

プリシラ
急きょ帰国しなくてはならなくなったときにカメラを売って(日本で新しいのを買おうと計画してたため)買っためちゃ安い布製のバカでかい私が入れるくらいのスーツケースで 買ってから6年ほど経ちますがファスナーの持ち手のゴムが劣化して折れてしまったくらいであとは特に問題ありません。
日本に帰るたびに運び屋のように持ち帰っているわりには丈夫なようです。
もしそのスーツケースではどーーーーーーしてもいやだ!となったら その辺の鞄のアウトレットショップで50ドルくらいのでもそんな感じでいけますよ。

重いスーツケースですが あちこち旅してまわった割には壊れてません。
でも こちらは最近使ってないからかも。
2009/10/21(水) 12:52:33 | URL | [ 編集]
EveJohnnyママ
壊れました、というか壊れてました・・。前回使った時にフタが閉まらなくなって、だけどなんとか閉まるようになったので、ええい使ってしまえ~~、と無理矢理詰めて空港に行く途中、爆破しました(笑)。抑えながらなんとかチェックインカウンターまで行き、ガムテープを借りてぐるぐる巻きにし、なんとかなったものの、ドケチ根性で新しいのは買わずに、ガムテープを持ち歩いて使い通しましたですよ。でもでも家に帰ってきてから根本原因がわかり、完全復旧しました。しぶとい可愛いヤツです。
2009/10/22(木) 22:47:56 | URL | [ 編集]
siorin
プリシラさん。
タダ同然で直ってしまったため、見栄えなんかもうどうでもいいや、ってか、たぶん誰も気にしちゃいないので、ロープが切れるまでこれでいきますよ! 50ドルであったらそれもいいけど、多分旦那からNo がでますね。
スーツケースなんてどうでもいいやと思っていたけれど、持ち手のところは要チェックですね。
しかしスーツケースってどうしてあんなに重いんでしょう。
2009/10/22(木) 23:42:18 | URL | [ 編集]
siorin
EveJohnnyママさん。
直ってよかったです。買うのもったいないものねえ。
しかしスーツケースが爆破するとは、厳しい。(一杯入っていたんですか)
ガムテープで止めてあるということは、途中ちょっと開けるってのがめんどかったことないですか?
私なんて普通に開いても、東京の部屋は狭くって開けるのが億劫で億劫で。
そんなにしょっちゅう開けるものでもないのかな。
2009/10/22(木) 23:47:14 | URL | [ 編集]
momo
はじめまして。
仕事で旅する機会が多く、荷物に関するトラブルのオーソリティー(?)としては、どうしてもコメントしたくなりました。
バゲージが出てきた時に発見したダメージは、スーツケースであればすぐその場のカウンター(端っこの方に必ずあります)でクレームムすれば、ほぼ100パーセント無料で元通りに直してくれますよ!
ソフトケース(ボストンバッグやバックパック)の類のハンドルは適用外の場合もありますが、大体の場合は修理してくれます。
私も今まで何度修理してもらった事か・・・。
大体の場合、預けるときにすでに壊れている部分は向こうがチェックしているので、チェックされていなかった部分は直してくれます。
しかも、スーツケースは家まで取りに来てくれて、修理後は家まで届けてくれます。
たまに、最初から壊れていたのに、向こうがチェックを怠っていた場合、新たに壊れた部分と元からの部分も一緒に直ってきたりします。
今まで日系でも外資系でもほぼ同じサービスでした。
次回は是非!・・・といっても何もないのが一番ですけどね!!
2009/10/25(日) 19:42:50 | URL | [ 編集]
siorin
momoさん。
いえいえ、全然遅くなんてございません。それどころか大変役立つ情報をありがとうございます。
次からそうします。
しかし何ですねえ。大体、すぐに確認しとけばいいのに後から間違いに気づくとか、トラブルに気づくとか、よくあるんですよねえワタシ。つっても持ち手はすぐ気づいたはずなのに何故?
(ぼけっとしてたか)
そういえば、ありました。ソフトケースの場合もハンドル壊れてたことが。
次の場合、直してもらえるんでしょうか。アレを…… それは見てみたい気も。
2009/10/25(日) 23:17:57 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット