From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
そんなものまで弁護するのか

昨日の鳩の記事から思いついた、「こっちの鳥はもしかしてアホ」という話を旦那にしたところ、旦那は予想通り反論を始めた。

旦那の説によると、

ウチのガラスは大きいから、きちんとした判断ができないのだ。
実家の家の窓に鳥がぶつかってきたことなどないし、日本の家の窓だってこんなに大きくないハズ。
それにこんな高さないし。

かわいそうな旦那は、私があまりオーストラリアを非難するものだから、 そのたびにそれに代わって弁護をしなくてはならない気がしているらしい。
今回はオーストラリアの鳩に代わって、いや鳥に代わって、言い訳をしているのだった。
半分冗談のつもりだったのに、ちょっと旦那が哀れになった。

しかしナニですな。
旦那の説が正しいとしたら、日本の超高層ビルとかの窓にはよく鳥がぶつかって気絶、もしくは死亡していることになるけれど、どうなんでしょう?
私は日本でたかだか6階のオフィスで働いておりましたが、鳥がぶつかってきた覚えがないのですがっ。

それはさておき、オーストラリア、つうかここアデレードで一番文句を云っているのは、というか呆れているのは、交通マナー。
日本一交通マナーが悪い県と云われている徳島(今もそうなのかな? やっぱり)からやってきた私に、呆れられるってどうさ。

というぐらい、車の運転がなんか……

中央分離帯を乗り越えることは、おそらくよくあることであるらしく、よくタイヤのマークを見ることができる。
レクサスの4WDなどに乗っていれば、VIP待遇で中央分離帯越えて方向転換もOKだ(ココ参照)。
右折車線に入るために、分離帯に片方のタイヤ走らせるとかもよくあるらしい。(タイヤマークがあるからな)
方向指示なしに車線変更。これは日本でもあるけど、なんかちょい怖い。(車間とかが)
タクシーの運転手なんかひどくって、しょっちゅう文句を云っている。

てか私は単に、

This is Australia.

と云ってるだけなんだけれど。(かなり嫌味か?)

あれは移民の人たちだ(負け惜しみ)とか、日本でもいるじゃないか! などと何かと反撃していた旦那だが、 最近はその反撃も大分落ち着いてきた。
上記の鳥弁護も一応さりげなくやっていた。
(鳥だしなあ……)

でも、日本で中央分離帯越えて方向転換する奴とか私の周りで見たことはなかったんだが。
ついでにタイヤのマークも記憶にない。
無理な横入りとかはあるかもだが、あと伊予(それは徳島じゃなく愛媛だ)の早曲がり(なんか曲がり方が急なんだと)。

後はなんと云っても、ユーザーアンフレンドリーで、こちらは物を開けるたびに文句かうめき声を上げている。
何もかもが開けにくいわ!
鬼のように固く閉まった瓶の口には、義母でなくても殺意を覚える(でも義母はそんな人じゃないけど。 か弱いから絶対瓶は一人で開けられないと思う)。旦那がいないと料理もできんのか、と情けなくなる。
日本にいたとき、力がなくて一番困ったこと(そしてくやしかったので今でも覚えている)のは、 デスクトップパソコンの増設で内蔵ハードディスクを取り付けようとしたら、体重かけてもハードディスクが差込口に入らなかったことで、 あれはものすごく腹が立った。
何コレ? 女にはできないようになってんのかよ!?

かなり格闘した末、どうにか取り付けられたけど……

それとも私が老化の末、瓶のフタすら開けられないほどか弱くなってしまったのだろうか?

こうして益々、ああ日本はいい国だった(って過去系か、おい! いやいい国だ)と故郷を懐かしむことになる。
あ、でも、最近アジア系の店で、2ドルかぐらいで買ったゴム系の瓶開けツールがかなり使えるので旦那はいらなくなったかも(ウソ、この前一回、 なんか開けてもらったわ)

そんな嫁との生活の中、旦那は日本からウチの母が送ってくれたブラックブラック(チューインガムだ!)を開けながら、

「がーっ、日本のモンは開けやすい!」

と唸っていた。

洗脳成功!

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

ぴっちー
私この間結構大きめのラウンドアバウトでウインカー付け忘れて右折したり、Cross Roadで右折しながらウインカー付け忘れているのに気付いて途端につけたり。

ほら、いつも通る道でしょ?緊張感がないというか何というか気付いたら曲がってしまっていた。オーストラリアにいるとそういう感覚慣れてしまいますよね…

モノは確かに開けにくい。日本の商品なんて今プラスチック製品でも横にピリっと開くようになってますもんね(納豆のタレとか、だしスティックとかもうギザギザのところから開けなくてもいい)やっぱ日本いいなぁ
2009/06/04(木) 20:49:13 | URL | [ 編集]
siorin
だめじゃ~ん。オーストラリア慣れしちゃ。
でも旦那情報によると、大きいラウンドアバウトでは、二車線あって外側にいるときは出るときだから別にウインカーつけなくてもOKらしい。
(と云っていたような気がする)
同様に、矢印がついてたら、別にウインカーつけなくても右折も左折もOKなんだと。
いいんかい、ホンマ?
そんなあたしは、運転自体をしてないので、ラウンドアバウトとか入ること自体が怖い。
特に、ノーウッドのケンジントンロードあたりのあれは絶対使いたくないよ~
って車ないから心配するこたないんだけど。

私も納豆のタレとか見るといつも思うよ。
日本の製品は素晴らしい(云い過ぎ?)
ところで、suji さんが引っ越す前にまた皆でお茶しましょう。
ってこんなところで連絡かい!(自分)
2009/06/05(金) 11:44:46 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。