From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

消えた死体

このごろ私は家にいることが多いのだが(週三日になって急激に家にいる時間が増えた気がする)、なんせ忙しい。
パソコンの前に住んでいる状態よ。
引きこもりの一歩手前かと云うほど、トイレとシャワー以外はパソコンの前にいる。
幸い、食事はフリーザーの中に作り置きがたんまりあるので、食事作りはサボっていた。
ラクあれば苦あり、苦あればラクあり
(なんか違う)

最近、旦那が私につきあって(くれんでいいのに)、夜更かしするので私の生活はさらにぼろぼろだ。
旦那が寝る前も、寝た後もパソコンをいじっているけれど、旦那が寝た後がなんとなく一番自分の時間の気がする私は、なんか損した気がする。
はよ寝ろや、おっさん。
(寝る前と後で特に変わったことはしていないが)

忙しいとか云いながら、実は遊んでいたのでギリギリになって焦り始めた私は、休みの日に集中してサボっていた分 (それが何かは後ほどぼちぼち)をやるしかなかった。
なかなかやる気にならないもので(やる気になっても眠くなったり)ホントに期限どおりにできるのかと疑ったが、 とりあえず一応目処はたったので良かった。

そんな引きこもり生活の最中のことだった。

いつものようにベッド(ていうか、マットレス床に直置きだから布団っぽい)でパソコンに向かっていたら、突然バーンと音がした。
窓に何か当たったみたい。
ボール?

ウチの裏の子供がたまにサッカーボールを蹴り入れてくることがあるが、にしてもここは二階だし、 そもそも子供が遊んでる気配はまったくなかった。
窓が割れたわけではないけれど、一応確認しておこう。

と珍しく立ち上がると、音がした窓側に何かがぶつかった後が確かにある。

バルコニー(か?)が見えるところから外をのぞいてみる。
そして謎は解けた!

鳩が死んでた……

げぇ~

日本では滅多にないことだったが、こっちにきて実は鳥が窓に体当たりしてきたことは何度かあった。
死んだのは見たことないが、旦那が一度鳥の死体をバルコニーで発見したことがあって(私が来る前のことだっけ?) そいつがまたなんか伝書鳩だったらしく、足にナンバーのリングをつけていたのをわざわざ見せてくれたのだが……
足の骨の節からその輪っかが外れなかったらしく、骨つきだった。
(きれいに浄化された状態だったので触れる。それはいまもこの家のどこかに……)

もう一件、印象的なのが翼を広げて窓に突撃した鳥の影を写真に写したもので、よっぽど元がくっきりしていたのだろう。
窓ガラスの写真なのだが、写真でもくっきりと鳥がぶつかってきた瞬間が分かった。
ちなみにその鳥も天国にお行きになったと思う。
(これまた幸い私は見てない。私が来るかなり前のことだから)

それはナニか?
オーストラリアの鳥がバカなのか。
それとも日本でもよく起こっていることなのか(私が見たことがないだけで)
どうでもいいけど、あんなところで死なれた日には誰かがどうにかしないと、そのうち異臭が漂ってくるのでは?
義母の家のどこかでポッサムが死んだときは、凄い匂いがしたそうだ。
鳩も多分それなりに臭いに違いない。

と云ってももちろん、そんなもの自分で触ろうとは思わない私は、帰ってきた旦那にその話をした。

旦那はオウムの死体から首だけもぎ取ってくるような輩である。(彼にとってはピースオブアートだから)
鳩の死体の一羽や二羽、大したことないのである。(決め付け)
でも素手では触るなよ、と云って聞かせると、分かった、となんかあんまり気乗りしない返事で旦那は外へ出て行った。

ああ、イヤだなあ。
とりあえず袋越しでも鳥の死体なんて触りたくないわ。
ちょっと温かかったりしたらもっとイヤ。(かなり時間が経っていたのでそんなことはないハズ)

などと考えていたら、旦那が戻ってきた。

いなかったヨ。

どうやら鳩は死んではなかったらしい。
私が見たときは、腹を上に向けて、普通ならありえない状態で転がっていたのだが、見に行ってみると確かにどこにもいない。
私は、鳩が気を取り戻して恥ずかしげに飛び去っていく風景を心に思い浮かべた。

見てみたかった……

しかし運がいい奴だ。

窓ガラスには、鳩の柔らかい羽と、なんか(なんかね)が思い切り付いていたのだが、出て行ったついでに旦那が洗い流してきていた。
凄い音したけど大丈夫だったんだな。

もちろん、大丈夫じゃなくてちょっと飛んだところで力尽きた場合もあろうが、もはやウチのテリトリーではない以上安心である。 とりあえず私たちの記憶の中では鳩は死ななかったことになった。
つうか、気絶した鳩を見たのは私だけだが……

ホント、死んでなくて良かった。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

suji
鳩にかぎらず、こちらの鳥さまたちはちょいとオツムが足りない気が・・・。たまたま、今日、Tafeに行く途中、朝の通勤ラッシュで車がガンガン走ってる道路に「歩いて」(飛べよ!とおもいましたけど)いく鳩をみかけました。何がしたいん?と問いかけたくなりました。。
オウムの首をもぎとったんですか・・そーですか・・・ピースオブアート・・この間、ポッサムの尻尾だけちぎれて落ちているのをみかけましたが、これもピースオブアートになるか、だんなさんに聞いてみてください。
2009/06/01(月) 21:38:15 | URL | [ 編集]
triple D
たしかにこの国、よく鳥が窓ガラスにぶつかると思います。
しかしそれより、オウムの首の話の方がひかかるのですが、それは複製かなんかにしてとってあるのでしょうか?
2009/06/02(火) 09:21:22 | URL | [ 編集]
triple D
先ほどのコメントで私「複製」って書きましたよね。「剥製」です。しばらくして、はっと気づきました。(恥)
だんだん漢語があやしくなってきた。オソロシー
2009/06/02(火) 13:23:08 | URL | [ 編集]
siorin
歩いてる鳥……
なぜ翼を使わないんだ?(っていうCMがありましたね)
見たことないけど、いたら私もそう思うでしょう。でも、何がしたいん? っておもろかった。
旦那のオウムの頭の話は、その後リンクをつけて見ましたので興味がありましたらどうぞ(本文から)。
羽根つきオウムの頭、嘴をカクカク動かしながらうれしそうでした。
何かを表現しているオウムの頭! は芸術だそうです。
以前、ポッサムの死体をメルボルンで見ましたが、あれにはあんまり反応してなかったな。

ちなみに以下が旦那の答えです。(即答せずになんか考えてた。気味悪い)

Probably not.
However, it might be a work of art, depending on the arrangement of the possum's tail, the nature of the ground on which it is lying, the condition of the light, and most importantly THE STATE OF MIND OF THE VIEWER. Of course if it is not signed it is worthless.
2009/06/03(水) 20:35:53 | URL | [ 編集]
siorin
オウムの首の話、過去の記事にあります。リンクを本文に作りましたのでよろしければそちらも。

幸いなことにオウムの首は、旦那が浄化のために外に放置していたすきに行方不明になりました。
羽根とか付いてたんで、あんなもん家の中に入れられたらいやだなあ、と思ってたので良かったです。
剥製なんてもっとイヤ。
なんか気持ち悪いです。家の中には欲しくない。
そう云えば、なんかブタかなんかの頭蓋骨もどっかで拾ってきてたけど、あれはどこかにあるらしい。
(でもどこか覚えてない旦那)
2009/06/03(水) 20:40:37 | URL | [ 編集]
triple D
オウムの話読みました。
私だったら気絶してるかも?
まあ「美」とか「アート」とかいうものは人それぞれですからねぇ。
でもうなされるのはイヤです。
2009/06/04(木) 12:23:35 | URL | [ 編集]
siorin
triple D さん。
ダメですか。私もあんまり気持ち良くはなかったけど、触れとか云われたわけじゃないので許しました。
でも家の中に持ち込まれたくないっ!
アレ読んだ周りの反応は、今どこにあるの? とかでした。
行方不明で良かった良かった。
ちなみにウチの旦那さん、アッテンバラー先生のDVDまで買うほど、そういうのが好きみたい。
よく海の生物パート見てますよ。あれ?
(実は海での拾い物コレクションが一番多い)
2009/06/04(木) 22:53:01 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット