From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

人生勝ち組、私は負け組

ついこの間ウチの部署に入った人が、もう辞めた。

もちろん新しい人が入った(そしてもう辞めていないのだが)と云うことは、入れ替わりに一人辞めていたということだ。
辞めると決まって、速攻募集の広告が出たのだが、ついでに社内公募のメールも回った。
そうなると、やっぱ一応アプライしておかないといかん、と思い私も一応手を上げた。
まあ、ダメだったから新しい人が入ってきたのだが、後で分かったことによれば、私を含めて5人の候補者がいたと云う。
その全てが、私より経験豊富だったらしい(いや、一人はそうでもなかったらしいが)。
最初から勝ち目ナシナシの面接であった。(それでも面接までいったのは、やっぱ私がそこで働いているから)

さて、この新しい人(と云っても、仕事は大ベテラン)が辞めていった理由。
あまりにも暇過ぎる。

なんとなく分かる。
だって、実際私が前任者の代わりに仕事をしたとき(全部ではないが)、仕事があまりなかったので(電話などは取っていた) 結局他の人の仕事も手伝っていた。
その間、別に実働時間が増えてもないから、なんで3人で回らないんだろうとちょっと不思議だった。
前任者はデータ入力がそれほど速くなかったのは分かっていたが……
(でもいい人だったので、いると心が安らかになった)

速攻辞めた新人(大ベテラン)にとっては週3日しか働いてなくても、仕事量が少なすぎた。
一日持たない。
他の人の手伝いをしてすら、一日持たなかったのだ。(おやつ前に仕事が終わってしまう

こりゃ今度こそ私はクビ?

と思っていた矢先、あちらのほうが辞めてしまった。
仕事量少ないし、三日から増えそうにないし、私他にもっといい仕事が見つかったからさよおなら

ホントにそんな感じ……ではないけど、そう云えば消える前、「ここ好き?」って聞かれたなあ。
「いや、それほどでも……」と素直に答える勇気はなかったので、好きと云ったけど、今振り返ってみるともしかして……? (理由はそれだけではないかも)

とりあえず、彼女が辞めても候補にはまだ3人いる。
んがしかし、彼女を雇った責任者はただいまホリデー中でなんともならない。
帰ってくるまで残りの3人(私含めて)で仕事を回していくしかないのである。
別に忙しいわけでもないから、大丈夫だと思うけど……
(他の二人の仕事だったら、私が逃げたい)

最初から週三日ない仕事、どうしてこんな大ベテランが出てきたのかしらん。
と私は最初から不思議だった。
やっぱ、不況だからなのかしら? と思ったが、もっといい仕事が見つかったってことはそうでもないのか。
(でも確実に、仕事の募集は減っていると思う)
てかやっぱりなぜ最初にこんな条件がいいとも思えない仕事にアプライしたのか分からない。
でも大ベテランはやっぱ勝ち組だ。
いい仕事が見つかって、とっとと辞めていったもの。

そして私は辞めたくても辞められない。
コレ辞めたら次の仕事を見つけられる気がしないのと、気力もない。
今のところは耐え続けていくしかない。

毎日、なんか仕事イヤだな、と思いながら仕事に行っていたのだが、それがなぜか考えるに、ある朝突然、「あなた、 大変なことをやらかしてくれたわね」といつか云われたらどうしよう、と恐れていたからだと気がついた途端、やらかした。
(口に出すと、言霊が宿るのだ)

私がやった(というか、やらなかった、のほうが正しい)ことのために、皆さん大迷惑をこうむったそうで、朝一番にそのことを云われた。
すみません、と云ったら、「すみませんではすみませんのよ」と云うようなことを云われたので、それ以降Sorry とすら云えなかった。
しかし、私そのこと、「とても重要だから、絶対やらなければいけないこと」とは一度も誰からも云われてないのですけれど……
それが証拠に、「もうそれぐらい知ってるべきでしょう」と云われた。
だから、云われてたらやってたんだけどね。

すみませんとは云ったものの、後々なんだか理不尽だなあ、と思い続けていた。
私は今の仕事になりゆきで今までいるので、誰からもあなたの仕事はこうこうだから、と教えられたことはない。
微妙な立場で、何をどこまで望まれているのかかなり曖昧でもある。
私がやらなかったことについても、「そういうときは、こうしてこうして……」と新事実がさらに出てきて、そりゃ絶対聞いてなきゃやらない、 と思ったものだった。
一言云ってくれていたら、私はやっていましたともさ。
絶対です、そんなこと忘れようがありません。

多分、あちらもそのことは分かっていたのだろう。
それ以上はグダグダ云われず、その日は大して仕事もなかったので、一人で倉庫のようなところでのんびりファイリングの仕事に励んだのだった。
ファイリング(これはペイロールの手伝い)、安らぐわあ(一人だし)。

ぶっちゃけ、ファイリングで同じ時給をもらえるなら、ずっとファイリングがいいなと思う私。
かなりつまらない仕事なんだけどね。その代わり、量が凄い。そして時間がやたらかかるので終わらない。
でも私、なんか必死でやってしまうので、評判は良い。
なんだろう? ゲーム感覚か?

って考えると、データ入力だけの仕事のほうがラクでいいなあ。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

みっちーM
ああ~、なんか、すごいわかります!!!
私の職場もそんなかんじです。
私が日本で働いてた時、職種は今と違いますが、新人教育みたいなのがちゃんとあって、ベテランだけど新人さん対しても、考慮されたトレーニングみたいなのがあった気がします。
でも、今の職場は、トレーニングという名のものはあったけど、やらなきゃいけないことの半分も教えられなくて、現場にぽ~んと投げられる、みたいな。

ほんと、siorinさんの言うとおり、向こうもちゃんとした体制がとれてなくって、なあなあ教育みたいな感じなのをわかっていたんでしょうね~。

なんか、すべての気持ちの部分に共感します!!
第2言語で生きている私たちは、転職はものすごいことですよね。同僚が辞めていく中、私も転職すればいいのに、と言われましたが、そんなことできるんならもうすでに同じとこで働いてないよ・・・と心の中で思いました。そこらへんの気持ち書きはじめると止まりません(笑)

でもでも、第2言語の社会で働いているんですから、それだけですごいことだと自分で自分を褒めてあげてください!! siorinさん、すごい!!頑張ってますよ~!!!!!!!!
2009/05/24(日) 17:34:47 | URL | [ 編集]
ぴっちー
移民に対する仕事の受け入れ、ないですよね。たまに広告見ても、レストランスタッフとか、通訳兼事務でも自給18ドルとかで安いですもんね。
私の学校も結構大変だけど、選べてるならそこまで遠くに行くもんか!さらに遠くまで頑張っていっても環境が良くないって…でも今は自分が大きくなれたとポジティブに受け止めておりますが。(あと数週だし)でも契約伸びる話が出たら複雑だなぁ…結局やるんだろうけど。
2009/05/24(日) 21:01:11 | URL | [ 編集]
通りすがり
すがりです。

そういう状況、痛いほどわかります。でも、お節介ながら一言。

ここは豪州、思ってることや自分の言い分、さらには感情は、きちっと意思表示しないと、また同じ状況に陥りますよ。

周りがsiorinさんのミスだと捉えていても、siorinさんにはsiorinさんの言い分がある訳で、それを毅然と伝えるべきです。

想像して下さい、オージーが同じ状況に直面したら...間違いなくキレて口論になるでしょう。(その後職場を投げ出してそのまま退職ってこともありがちですが。(笑))

そこまで感情的になる必要はありませんが、「この件は、"やるべきことをやらなかった私"ではなく、"私にやらせるべきことをきちんと指示していなかったあなた方"のミスである。」ってことをきちんと指摘すべきです。

一般的に日本人は、「思ってることをはっきり言う」という事が苦手な人種ですし、なんとなく怒られたら謝ってしまいがち(しかも英語だし)な所がありますが、豪州、しかもネイティブと同等の仕事をしている以上、こちらもそれに順応していかないと。

と、エラそうなことを書きましたが、単純にいうと、ブチッときたらキレてOKってことです。
日本だと「キレたりしたら、もう職場にいけない」なんて思いがちですが、こっちでは、職場で誰かがキレたり、口論なんかがあっても、翌日には何事もなかったかのようですから。(経験ありませんか?)

あと、こっちの人は、日本人はキレないとか思ってるみたいですから、一度キレてみると面白いですよ。翌日から物凄い気を使ってくれたり態度が豹変しますから。(特に日本人を舐めてる態度の人ほど)

って、私も同じような状況があった時、こちらで長く働いている日本人の方にアドバイスをもらいました。
その後実践してみて、その効果を実感...(笑)

ご健闘をお祈りします。
2009/05/25(月) 12:50:43 | URL | [ 編集]
北麟
今のところ米系外資と現地系しか経験していませんが、どちらもベンチャーなのでトレーニングなんてなかったんですけど、siorinさんがいるところは日系企業ですか?
Main taskてのは決まってないんですかね…あとから文句いってきて知ってなきゃいけないと教えていないのに相手に期待するのはそりゃ向こうの甘えでしょう。
Am I supposed to read your mind!?とか自分なら言うな…
大人しくしてるとほんとなめられますわ。
2009/05/25(月) 21:13:56 | URL | [ 編集]
siorin
カジュアルでなんとな~く入った私の仕事は、徐々に徐々に増えていくだけで(たまに減る)、誰も私の仕事の範囲なんて知らないでしょう。
(私にもよく分からん。場合によって、優先順位も変わる、ようです)
トレーニングすらなかったですね。
一回だけ、新システムに入る前に1時間ぐらいしょうもないトレーニングがあったかな。
細かいことは徐々に覚えていきました。
(たまには、横聞きとかで)
私は都合がいい女なんです、会社にとって。
と本気でたまに思いますが……

いや、悪いことだけでもないですからね。(というか、大体は普通です)
仕事ないよりマシだし。
転職はまあ、できたらしたいけど耐えられるかな。しかも家から近いしココ。
というわけでするのめんどいです。また面接とかするのかと思うと気が重いし、次どんなところかも分からないし……

頑張るしかないですね。
まあ、ぼちぼち。クビにされない程度に頑張りますよ(後ろ向き、というかやる気があまりない)
2009/05/25(月) 23:09:31 | URL | [ 編集]
siorin
ぴっちー
たまに仕事場に一人ぐらい日本人いたらなあ、とか思うから、そこだけうらやましいけど、ぴっちーの職場は大変だよね。老けるぞ。
複雑な気持ち分かるわ~。私は仕事しだしてから、今も仕事あるとうれしいけれど、行きたくないなと云う気持ちもちょっとあり……
仕事に行くというだけど、気合を入れなきゃいかんのよね。
日本ではお金のためにとまあ、行くのがめんどい、ぐらいの気持ちはあったけど、その複雑な気持ちはなかったんだけどなあ。

移民の人は働いているんだけどね、私の周りに日本人はいない。
どっかにいるらしいが、絶対出会わないとこにいるのかも。
他国の人は見る。
(ただし子供のころにこっちに来た人とかいるので、判断難しい)
2009/05/25(月) 23:17:37 | URL | [ 編集]
siorin
うん、分かります。
あのときは云えなかったんですが、そのうち云っておかないとと思っております。
旦那にも云われたんですよね。
今後そのようなことがないように、今のうちに、知っておかないと大変なことになることが他にあったら云ってください、と云っといたほうがいいと。
ウチの旦那は平和主義で、そういうの得意だから、絶対うまく云うと思うけど、私がそのとき云ったら、きっとちょっと泣きそうになったかもしれないんで、その場では云えませんでしたが。
(後、そのときそこまですばやく頭が回らなかった)
英語ですしね。

ウチでかっとなって怒鳴ってるとなると一人いますが(他の人に)、正直怖いです。
(実はその前の人はもっと怖かった)
普通でも怒られたらビビるのに。
それがイヤなんですよね~。
確かに他の人はけろっとしてますが、ホントはどうなのか分かりません。
あんまり気持ちのいいものじゃないと思うんですが……
いやな職場環境だ……。
これがオーストラリアの普通の環境なんでしょうか。

あと、ウチの周り、皆さんベテランなので、それがまた意見しにくいですね。
とりあえず、上記のことはお願いしてみるつもり(下手に出てる)でいます。
アドバイスありがとうございました。
2009/05/25(月) 23:29:58 | URL | [ 編集]
siorin
ウチの会社は完全地元、そして回りはほぼオーストラリア人で固まってますね。
メインタスクなんてもんはございません。
どんどんどんどん、範囲が広がってる。元々短期だった仕事なもので、元々ただのデータ入力だったもので、こんなに続くと誰が思っただろうか? (イヤ誰も思わない)
今や支払い以外は経験してると思う。
ボランティアからカジュアルになったもので、特別契約みたいなものは、貴女の時給はコレコレ、って紙ぐらい。肩書きもよく分からん。(アシスタントぐらいなのか?)
座る席によって、やることの優先順位も変わってくるような、そこがまた謎。
今度一回聞こうと思うけど、会議かなんかのときに聞かないと、多分、人によって云うことバラバラだと思うな。
2009/05/25(月) 23:37:18 | URL | [ 編集]
プリシラ
がんばれー!
2009/05/26(火) 20:03:19 | URL | [ 編集]
siorin
プリシラさん。

ありがとう。
大丈夫ですよ~
2009/05/26(火) 22:28:36 | URL | [ 編集]
マフラー
こんにちは。

きちんと説明してくれなければ分らないし、次回は是非自分の主張にチャレンジしてください。応援しています。

私も仕事中にはとっさに自分の意見が出せなくて、相手に言われて終わりというのを続けてきてしまいました。(日本での日本語にも関わらず。。。。)

でも誤解されたり、やりたい仕事が回ってこなかったりしたことが続いたので今少しずつ、主張するように練習しています。
なかなか大変ですが、少し相手が態度を変えてきてくれたりすると努力して良かった~と思います。

同じ所で長く働けば疑問や問題出てくるのが当然でカジュアルだからなんて関係ないですよ。

かえって仕事に対して積極的だなと良い方向に向かえるかもしれませんよ。

お互い頑張りましょう。



2009/05/26(火) 22:31:09 | URL | [ 編集]
siorin
マフラーさん。

あ、そういえば私も日本語でもそうですよ。
まずその、すぐに言葉が出てきません。なんて云ったらいいのか分からないので、冷静になってから考えようと思うタイプです。
後で困ることは、後で忘れないように伝えるのですが、英語では億劫ですね。
ただ、ウチの部のトップ、現在ホリデー中なんで来週帰ってきてから、会議かなんかで持ち出したほうがいいかいなと思ってるところです。絶対、皆で話さないと、全員が全員、バラバラに考えてると思うから。(私の仕事の優先順位)
もう、億劫だけど仕方ないです。

頑張りましょうね!
2009/05/27(水) 18:56:17 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット