From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
The White Tiger グローバリズム出づる処の殺人者より

Booker を取ったらしい、Aravind AdigaThe White Tiger を読んだ。


The White Tiger: A Novel
The White Tiger: A NovelAravind Adiga

Free Pr 2008-04-22
売り上げランキング : 13031

おすすめ平均 star
starどこがalternative indiaなの???

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

グローバリズム出づる処の殺人者より
グローバリズム出づる処の殺人者より

でもね~。
本が来たとき、なんなのか分からなかった。
一体何の本なんだ?
どうして読みたいと思ったんだ?
私が頼んだの?

しかたないので、ググってみたら、Booker受賞作で、 インドが舞台で、Class Struggle がテーマなんだと判明した。
うーん。分からんけど面白そうだ。
インドに興味あるし。
きっと私が頼んだのだろう。全然覚えてないけど。

まず、Booker だから、と構えて本を開いたら、結構白かった。
タイトルがThe White Tiger だからじゃないが、なんか余白が多い気が……
321ページある、と云っても、小難しいことはまったくなく、スラスラ読める。
Ian McEwan とか、Kazuo Ishigro とかは、忘れてクダサーイ。
しかし、最初はちょっとかったるかった。

主人公はシャンデリアのある部屋で、中国の首相に手紙を書いているのだが、最初は何のこっちゃら分からんかったので、なんじゃいこいつは! ? ってなってしまったのだ。
でもその後は一気に読み進んだ。
まあ、外出していてインターネットが使えなかったせいだが(ビクターハーバーに行ってた)。



最近、SBS(テレビ局)はインド祭りなのか、インド関係の番組をよくやっている。
フードサファリの後に始まった、Feast India とか、Reborn India とか。
ジョニーデップが出るという噂のShantaram (かなり長期間読みかけ。中だるみ続行中。小さい文字で全936ページ。The White Tiger メじゃない)もインドが舞台で、前からインド行ってみたい私にはいい勉強である。
まあ、知れば知るほど、怖いもの見たさ、なのかと思うけれども。

この小説は、Shantaram と違い、ダークである。
なんせ人殺しが主人公。
(Shantaram もフィクションだった!(今知った)でもって主人公はやっぱり犯罪者(オーストラリア人)なんだが。充分ダークか?)
しかも主人を殺したインド人である。
田舎から出てきて、金持ちのお抱え運転手になり、そのお金を奪うために主人を殺してしまうのだ。

貧乏人の子供に生まれて、名前すらまともに付けてもらえず、学校も騙されて途中から行かなくなり、 カーストがお菓子職人かなんかだからと喫茶店で働かされる主人公 Balram Halwai(学校の先生に適当に付けられた名前)。
稼いだお金は全部家族のモノ。
そこから抜け出すために、車の運転の仕方を覚えて、あるところのお抱え運転手に潜り込む。

Shantaram でも、主人公が最初に出会ったインド人が、タクシーの運転手になりたがっていて、 何でなんだろうと思ったら運転手の給料は他よりいいのね。これ読んで分かった。
そんなわけで、運転手の職もなかなかない。Balram もあちこち飛び込みで売り込んでいたけれど、Shantaram では、 タクシーの運転手が(普通の)事故のときに一人リンチで殺されて(こんなことが起こるインドって何や?) そこのタクシー会社にすかさず売り込みに行ってた。
ただ、ルピーの価値がよく分からん。
でも月給1500ルピーかなんかで、都会に出てから4000ルピーに上がってた。(しかし物価も高かった)
だけど、そこの主人が飲む外国の酒は最初の月給より高かった……

おまけに、運転だけするのかと思えば、暇なときは家事もやらなければならない。
インド中流家庭では、家政婦がいると聞いたけれど、安い値でこき使ってる(?)のかも……(安いからって云ってたもんなあ。 中国もそうなんだっけ?)

Balram の主人はアメリカ帰り。
親切だったかと思えば、Balram を見下した態度も取る、中途半端な奴で、Balram がイタリック体で何かを思うたび、ヤルのか、今度こそ。と身構えた。

Balram は田舎から出てきた貧乏人。
Shantaram に出てくるのは、シティのスラム(著者はそこで暮らしてた)だが、著者がインド人じゃないため、 貧乏から抜け出せないでいる絶望なんかは出てこない。
お金持ちは賄賂でかなりの無茶もOK、ってのはたまにニュースで見かけたが、ホントに金持ちはどこまでも優遇されるのか。
考えさせられる。

ちなみにアマゾンのレビューもチラッと読んだのだが、あいかわらず星1をついチェックしてしまった。
インド擁護っぽいものから、話ありきたり! などの攻撃。
Booker を取ったのはおかしい、などとも書かれていてお気の毒(しかも、普通のレビューでもそういうのあった)。

まあでも、私はインドのこういう話を読むの初めてなんで、結構面白かった。
話しありきたりっつうか、だって、最初に筋書き話してしまってるようなもので、後はどうやってそこに至ったか。
そういう意味では、これBooker 取ってホントによかったのか、確かに悩むところ。

次は、星イチでけなしてた人がお勧めしていた、Maximum City でも読むか。

スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

triple D
私が読んでるブログの中に今インド放浪中の人がいるんだけど、インドって東南アジアの国々よりか食べ物が格段に安いと知ってちょっとびっくり。
貧富の差がひどいのはわかってたけど、最近は経済アップ、中流台頭だしと思ってたので。たしか屋台の食べ物は円で一桁単位。

インドがはやってるのはやっぱり『スラム ドッグ ミリオネイヤー』のせいかな?

インドって貧富の差もすごいけどカーストがあるからねぇ。ひどいのは上の方が下を見下すだけじゃなく、下の方で一つ上が下に残虐にふるまうことと、一つ上の階級の女の子にラブレターを書いた男の子がリンチで殺されたとき思いました。警察だって被害者が貧乏人なら無視って感じだし。
だから家政婦は絶対安くこき使われてると思いますよ。

昔、インドって完全に時間が止まってて、旅行者は大好きになるか大嫌いになるかの二つに一つ、って聞いたけど、今でもやっぱり混沌としてるんだろうなあ。
2009/02/24(火) 08:17:23 | URL | [ 編集]
siorin
tripleDさん。
コメント一回書いたんですが、全部消えてしまいました。
そして頭もちょっと真っ白に……

カーストの話、私もそれ聞いたことある気がします。
昔、ネパールとかどっかで王子が王族抹殺したときも、彼がカースト下の女性を好きになって母親に反対されたことが一因にあったとか。
カーストをウィキで調べたら、グループみたいな意味で、日本の士農工商も当てはまるみたいですねえ。
しかしインドのカーストは凄い数らしい。誰が覚えてるんだか。こっちのインド人に聞いてもなんかよく分からない。よく分からないフリをしてるんでしょうか、もしかして。

Slumdog millionaire 色んな人から良かったと聞きますが、まだ見たことないんですよね。筋はつい見て知りましたが。(まんまじゃ……)
本読んでみようと思います。

インド行ってみたいんですよね。
知れば知るほど怖いもの見たさで行ってみたい。
行く前に色々情報を仕入れとくつもりでSBSの番組も見ときます。
あ~、でも絶対腹壊すんだろうなあ!
2009/02/25(水) 22:22:41 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。