From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

ブラックタイパーティー!?

先日、誕生日のことを書いたが、またしても誕生日の話である。

毎回、ボクシングディに招待してくれるとこの主が誕生日(節目の)をやるということで招待された。
がね、ブラックタイのパーティーだった。
ブラックタイのパーティーってナニ?

ブラックタイだから、黒いネクタイだということは分かるが、ブラックタイって日本で云う蝶ネクタイのことだった。(そこらへんがいい加減)
と云うことで、男子はボウタイ(分かりやすく云えば蝶ネクタイ)、女子はドレスで出席と云うことだよ。

と旦那が云う。

えっ?

よもやまさか、そんなものに出る日がこようとは思わなんだ。
いや、むしろ来てしまってどうしましょう?
てか、ドレスって一体?

甥っ子の洗礼のときに、ちゃんとした格好をしなくちゃいかんとか云われて、旦那の云うとおりにしたら、なんか場違いだったことがあり、 それ以来私は旦那を信用していない。
ホンマにドレスか?
てか、どの程度のドレスだ?
分からん! 旦那の云うことは当てにならん。

ホントにホントにフォーマルな感じのドレスなら、一枚ある。(あるんかい!)
昔々、イトコの結婚式のとき一回着た。
それが最初で最後だった。高かったのに。
評判は悪かった。
田舎の結婚式には派手すぎたらしい。
いや、黒だったのに。
なんか、あまりにも飛んでいたらしい。
ホントにドレスだったしな。
黒のベルベットで、袖なしで、ハイカラーで、首のところが少し開いており、薄いショールがついていた。
ドレスを着れ、と云われたら、もうそれを着るしかない。
新しく買う金も暇もない。ついでに気力もない。

しかし、直前まで呑気に構えていた私。
4、5日前になり、これでいいかと旦那にそのドレスを見せた。
ついでに着てみたところ、な、なんと!

ちょっときつい。(想像通りのオチ)

旦那の判断を信用してない私は、更に念押しで同じくそのパーティーに行く旦那の女友達に確認を頼んだ。
(そして、旦那は自分の服も確認していた。やっぱり当てにならん)
もうそれでOKだ。
それでGOだ。

てなわけで、当日、そのドレスを着た。
ショールが見つからん。とか云いながら、直前で見つけた。(積極的に探そうともしていなかった。やる気あるんか)
普段化粧をしないので、行く当日になって、化粧品がないことに気づいた。
しかたないので、眉だけ整え、口紅だけ塗った。(それも探さないとなかった)
髪の毛伸びすぎだからと前日、美容院に連れて行かれたのだが、こんなときに限っていつも切ってくれる姉ちゃんはホリデー中で3週間帰ってこず、 初めての人に切ってもらうしかなかった。
が、奇跡的に変な髪形にはならず(それは失礼過ぎ)、そのセットのままいじらなかった。
爪とか……

そんなもんはさすがになかったわ!(マニキュア)

まあええやろ。

と云うことで行って来たぜ、ブラックタイの誕生日パーティー!
アデレード、ワインナントカ某所へ。

いや~、ワイン一杯呑めました。
なんせワイン呑むところだから。
生でハープ弾いてくれました。
歌もありました。
素晴らしかったです。

料理は3コース。
前菜で白ワイン、メインで赤ワイン、デザートにはデザートワインが登場しました。
なくなればおかわりを運んできてくれました。
常に二種類。

結局パーティーは怯えていたほど堅苦しいもんでもなく、終始和やかだった。
男性陣はホントに全員ボウタイで、バースディボーイのご本人はカラーのボウタイに白のジャケットだった。
他は全員、黒のスーツにドレスシャツ。
旦那ももちろん、ボウタイしてたが、はっきり云って最初見たときは笑った。
最後に着たのは、兄貴の最初の結婚式だそうで、一体いつの話じゃっ!?
おまけに、ボウタイが結べなかったため、直前にすでに結んであるやつ(その先はゴム。子供か)を兄貴に仮に行っていた。
後で見せてもらったが、片方だけがリボン型なやつと、両端がリボン型になっているやつがあるそうで、 私はなにげに説明書だけでボウタイ結べたんで、着物の帯よりやさしいと思うが……
(しかしダブルエンドはどうなのか謎)
旦那はドレスシャツのカフスさえ止められなかったから、まあ無理だな。

女性陣はホント様々で、しかし一貫して化粧などは控えめな人が多かった。
よかった、浮かなくて。
マニキュアなんかも塗っている人は少なかった。
これまたほっとした。

ま~、次のときは新しくドレスを買ってもらうことにして……、って、次があるのか。
てかあって欲しいのかあって欲しくないのか、非常に微妙である。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

triple D
うちも、あの映画「オーストラリア」のボーエンプレミアの時、ジィがボウタイが必要っていうので、ええっ!思ったんだけど、町の店でゴム付きのを買いました。$13。何だそんなものかと思いましたよ。
この国って、雰囲気さえあってれば、なんでもオーケーみたいなところもありますが、お葬式なんかでもきちんとした格好なんかで行くと逆に浮くっていうのがありますよね。
2009/01/26(月) 07:20:20 | URL | [ 編集]
siorin
TripleDさん。
葬式はまだ行ったことないんですよ。きちんとしてなくてもOKなんですか?
旦那もボウタイ結べんからと、すでに出来てる奴を使ったときはクチではちょっと恥ずかしそうでした。
ま、見た目では全然分からないんですけどね。
結ぶ機会ないからなあ。
オーストラリアのプレミアかあ。そんな時ボーエンにいてみたかった。
いいですねえ。
2009/01/26(月) 20:44:02 | URL | [ 編集]
プリシラ
入ったからよかったですね!(って慰めになってない?)

いや入らなかったら本当にピンチですよ お財布にも精神的にも。暑さが過ぎたら一緒にダイエットしましょう!
2009/01/28(水) 19:26:32 | URL | [ 編集]
siorin
プリシラさん。
いや、ホント入ってよかったですよ。
入ると決め込んでましたからねえ。なんて傲慢な私。
ちっと痩せないといけませんね。あ、でもプリシラさん、痩せる必要がないと思うけど……
しかし夏に痩せないのに、秋に痩せられるだろうか……ワタシ
2009/01/28(水) 21:57:39 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット